見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

調理道具と見やすい食器

屋内:家事:料理

ここでは目が見えにくくても安全・便利に使える調理道具や食器を紹介します。
調味料などを測る便利グッズについては、下記で書いています。

調味料の計測ほか 計量いろいろ(料理)
もくじ
  • 見やすいまな板
  • ピーラー
  • 電子レンジを使う調理
  • 老眼や視覚障害にも優しい電子レンジ
  • 老眼や視覚障害にも優しい炊飯器
  • 見やすい食器
  • 見やすいまな板

    まな板は何色が見やすいか?
    総合的に判断すると、「黒」だと思います。
    総合的にと書いたのは、見やすさだけでなく、各メーカーから様々な大きさ、厚さ、品質の黒いまな板がたくさん出ているので、選択の余地が広く入手もしやすい、という点も含んでのことです。

    昆布、わかめ、ナス、ズッキーニやきゅうり、しいたけなど、黒いまな板だと見えにくい食材もありますが、それらにも対応したいのであれば、薄手のカッティングボードで白もしくは薄い色の物を持っていると良いかと思います。

    ちなみに使ったことはありませんが、百均でもカラフルなまな板(薄いカッティングボード)が売られています。

    PR    

    余談:私とまな板

    目が悪くなり始めた頃、うちのまな板は薄緑色でした。
    新芽や新緑を思わせる明るく柔らかい素敵な色でしたが、玉ねぎやキャベツ、白菜、大根など多くの野菜が見えにくいったらありゃしない、という状態でした。

    その後はJosephJosephの折りたためるまな板の濃いピンクを使い、これはニンジンや柿以外は、けっこう見やすかったです。
    (肉はきっと見えにくいと思います)

    PR

    しかし、折りたたまれる部分が酷使の末に切れてしまい、寿命を迎えました。
    また、いわゆるまな板とは違ってかなり薄かったので、なんとなく頼りない感じもありました。

    以後は、黒いまな板を使っています。
    上で書いたように、黒っぽい色、濃い色の食材だと見えにくいですが、それよりも細かく切ることが多い玉ねぎや長ネギ、にんにく、しょうがなどが見やすいことが本当に利点だと感じます。

    ピーラー

    ピーラーってけっこう危なくないですか?
    私はいまだに包丁で手を切ったことはないのですが、ピーラーでは何度も爪や指を切りました。
    安全に使える形は、たぶん人によって異なるので、必ずしもこれが安全というわけではないですが、下画像のような形状のピーラーもあることを知らなかったので、他にも知らない人がいるかもと思い、一応紹介です。

    PR

    電子レンジを使う調理

    視覚障害者向けの料理教室では、火を使わずに電子レンジを使って調理する方法なども紹介されるようです。
    幸い、電子レンジ調理用の容器はとてもたくさんあります。
    例えば…

  • レンジで簡単ごはん炊き
  • レンジでパスタ
  • 電子レンジ 即席 ラーメンメーカー
  • ルクエ スチームケース(あらゆる蒸し料理に)
  • レンジでゆでたまご
  • 電子レンジで焼き魚
  • などなど。
    気になる料理名や食材と「電子レンジ」をキーワードにして検索してみると、出てくるかも知れません。

    老眼や視覚障害にも優しい電子レンジ

    三菱電機の「ZITANG(ジタング)」RG-HS1は、
    デカ文字・凸記号・光・音声ガイダンス・報知音・点字シール配布・音声らく楽クイックガイド
    などのユニバーサルな機能が搭載されたレンジグリルです。

    私はサイトワールド(視覚障害のイベント)実際に見せていただきましたが、音声ナビで操作や残り時間を知らせてくれる便利さはもちろん、文字も大きくて黒背景に白文字で見やすく、使いやすそうな印象でした。
    嬉しいのは、単に「ユニバーサルです」というだけでなく、美味しさを極めるための最先端の技術も使われていること。
    目が悪い人だけでなく、機械操作に不安な高齢の方にも優しいのではないかと思います。
    ただ、私がこの製品を知ったのが2018年。
    以後、同様の新しいシリーズが出ているのかどうなのか、調べたけれどちょっと分かりませんでした。
    情報を得たら更新したいと思います。

    老眼や視覚障害にも優しい炊飯器

    三菱の「らく楽アシスト」シリーズの炊飯器には、
    デカ文字、光、報知音、音声アシスト、音声らく楽クイックガイド、凸記号、点字、点字シール配布
    などの機能を搭載した製品があります。
    (*クイックガイドと点字シール配布は、お客様センターへの問い合わせが必要)
    見えにくい人にも、見えない人にも配慮されている素敵な製品です。
    (*「らく楽アシスト」でも、製品によって搭載している機能が異なるので、購入の前はよく確認してください)

    見やすい食器

    お茶碗

    PR    

    お茶碗は、内側が濃い色の方が断然見やすいです。
    私はもともと色付きのお茶碗を使っていたのですが、たまに外食で白いお茶碗で出てくると、茶碗の中のご飯粒が見え無さすぎて愕然とします。
    黒っぽい色が嫌ならば、桜色やよもぎ色などの淡い色合いでも、白よりは見やすいでしょう。

    PR    

    お皿もお茶碗同様、色の違いで見え安さ・見えにくさが大きく変わります。
    うちなんぞ、立て続けに色付きの皿が割れてしまい、今は白と透明(ガラス)ばかり。
    もやし、豆腐、キャベツ、白和え、グラタン、そうめん……ありとあらゆるものを見落として、完食したはずが皿に少量残っている今日この頃です。

    新しい色付きの皿を買うか、もしくは陶芸教室に参加して理想の皿を作る(作れるのか?)か、どちらかする予定です。
    障害者手帳を持っている人は、障害者対象の陶芸教室がけっこうあると思うので、参加してみるのもアリかも?

    お箸

    ISSOU 一双 箸

    上画像はプレゼントで頂いた、ISSOU(一双)のお箸。
    美しい赤が際立つのはもちろん、表面が波のような凹凸のデザインになっているので、触っての判別もしやすく、滑りにくい仕様になっています。

    一人暮らしでない場合、箸は他の人の箸との見分けがつきにくい、という問題があります。
    また、万が一転がっていってしまった場合、目が悪いと見つけるのも一苦労。
    なので、家族の箸と区別しやすい色、転がりにくいデザイン、出来れば触ることでも判別が付くものを選ぶと探す苦労も軽減することでしょう。

    ちなみに私は良い年なので大きな声で言えませんが、端の先端(「先」でない方)にキャラクターが付いた箸を使っています。
    これに変えてから、自分の箸を見分けるのが本当に楽になりました。
    子供用なのですけどね!

    マグカップ

    PR

    コップなどのフチにセットして液体を注ぐと、センサーで察知して音と振動で深さを教えてくれる「液体どこまでE-1」という便利グッズがあります。
    直接リンクが貼れないので、「液体どこまでE-1」のキーワードで検索してみてください。

    また、日本点字図書館の「ロービジョンマグカップ&プレート」は、内側のラインなど見えにくい人に配慮したアイディア商品です。

    上画像の「みまもりマグ」は、マグカップの外側からも中身の飲料の量が分かります。
    上のグリーンの他に、ピンクとオレンジもあります。
    本来は介護者が被介護者の飲用量を簡単に確認できるための物のようですが、もしかしたら目が少し見えにくい人にも便利かもと想像します。

    注ぐ面での解決にはなりませんが、「倒してもこぼれにくい」という点ではタンブラーもおすすめです。
    私はスタバ(スターバックス コーヒー )のタンブラーを複数愛用して来ましたが、「倒した!キャー!でもそんなにこぼれなくて良かった!」という経験を何度もしました。

    ちなみに私は液体の計測は「秒」と「重さ」で凌いでいます(ズボラとも言う)。
    家族にお茶を淹れる時は「秒」でだいたいの量を把握します。
    いつもと違う容器を使うとこれが通用せず、こぼしちゃうんですけどね。

    しゃもじ

    PR

    白いご飯とのコントラストが鮮やかな、黒いしゃもじが見やすいです。
    黒いしゃもじはたくさんのメーカーが出しているので、入手しやすいです。

    そのほか

    なにか便利な物・良い情報を見つけたら、追記していく予定です。

    PR ワンプッシュでひと皿分(約3cc)出せる、しょうゆ差し
    ページの先頭に戻る