見やすい定規

文房具
みやすい定規

老眼や目の病気、弱視(ロービジョン)などで見えにくい目に便利な、見やすい定規を集めてみました。

見やすい&触っても分かる定規

黒白ロービジョン定規

上の写真は以前「大活字」というところで購入した黒白定規と、よくあるタイプの定規を比べたところです。

この黒白定規は見えにくい人に親切な作りになっていて、文字がくっきり大きめで、メモリの反対側は1センチ単位の刻みが付いていて、この刻みは立体なため、触って分かるようになっています。

購入から年月が経ち、だいぶ見えなくなってしまった私ですが、触って分かるおかげで今でもセンチを測るのに重宝しています。

とても良い製品ですが、もう同品は販売されていません。

ですが似ているもので、触読用ものさしという製品があるようで、日本点字図書館のわくわく用具ショップや、京都ライトハウスその他、視覚障害関連施設の通信販売などで入手出来るようです。

23&78定規(ニイサン・ナナハチ)

23&78

かつてない新しい発想のメモリがユニークな、23&78定規(ニイサン・ナナハチ)。

パッと見は複雑に見えるかも知れませんが、この独自のメモリで全ての「ミリ」が判別しやすくなっています。

詳しいレポートは以下のページで書いているので、ぜひご覧ください。

23&78定規(ニイサン・ナナハチ) ミリが一目で分かる!

ちなみにネットでは

Yahoo!ショッピング内のこちらのページ

で購入出来ます。

ウェーブ(波)メモリ定規

様々なユニバーサルデザイン文具を開発しているコクヨさんの、画期的なアイディアの定規。

1ミリ単位のメモリの長さが異なっていて、そのことにより「何ミリなのか?」が分かりやすくなっています。

視覚障害レベルだと厳しそうですが、老眼や少し見えにくい人には便利なのではないでしょうか。

初めてこれを知った時、そのアイディアに驚きましたが、当時よりも商品の種類が少なくなっています。

もっと知れ渡ったら人気を集めた商品ではないかと思うのですけどね。

黒白定規

レイメイ藤井の製品で、黒地に白文字・白メモリの定規がいくつかあります。

コントラストくっきりで見やすい、5センチごとの数字が目立つようになっているなど、見やすさの工夫がされています。

ふうつの定規の他、三角定規や分度器もあります。

また、黒白が逆のタイプもあります。

色々な色の定規

色によって見やすさ・見えにくさの差がある人もいることでしょう。

こちらの定規は様々な色があり、両面タイプで、表面と裏面の色が異なります。

表面は普通のメモリ、裏面は高さや深さを測るのに適した縦方向のメモリのようです。

おわり

以上、見やすい定規、触ってわかる定規の紹介でした。

良さそうなものを見つけたら、追記していきたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました