装着型ルーペの実際

ラボクリップ ルーペ

メガネのように掛けたり、頭にセットしたり、首に付けたり…

自分の体のどこかに装着して使うルーペについて、見えにくい当事者として体験も交えながら書きたいと思います

装着型ルーペのメリット・デメリット

メリット

  • 両手が空くので手作業がしやすい
  • ピント合わせが楽

これらが装着タイプのルーペのメリットでしょう。

ピントに関しては、ルーペは[目からルーペ]と[ルーペから対象物]のそれぞれを適正な距離にして使う必要がありますが、装着タイプは装着した時点で前者の距離は最適になっているので、初心者さんでもピント合わせが容易です。

デメリット

  • 常に視界全体が拡大されているので不快・酔う場合あり
  • サイズが合わずにずり落ちる場合あり
  • 高倍率レンズにはあまり適さない

1つ目はネックルーペならば解決できます(見る対象物が限られますが)。

2つ目は男女兼用サイズだと大きすぎたり、海外製のために大きすぎたりなどの場合があります。

これもタイプを変えることなどで、ある程度解決します。

3つ目の倍率に関しては、7倍や10倍など高倍率レンズを装着できるものもありますが、見たい物の距離が少しでも変わるとピントがぼやけるので、長時間の手作業には不向きです。

装着型ルーペ 種類の紹介と私の体験

以下、何種類かタイプのある装着型ルーペを、体験談を交えて紹介します。

先に、私の見え方(見えにくさ)は両目とも中心視野の欠けがあり、その場合そもそも装着タイプのルーペは適さないようです。

なので体験談もなんだか後ろ向きになりがちですが、単なる一個人の感想としてお読みください。

ただの老眼である私の親は、どのタイプもそこそこ有効に使えているようでした。

ヘッドルーペ

上画像はエッシェンバッハのラボヘッドというヘッドタイプのルーペ。

本体とルーペを別々に揃えることが出来、レンズは1.7倍、2.0倍、2.5倍、3.0倍の4種類があります。

さらにこのレンズは、同じくラボシリーズの他のタイプに装着することが出来ます。

私も他のラボシリーズでこのレンズを持っていますが、品質と視界は間違いなく良い物です。

が、レンズの大きさは小さめなので、広い視野が欲しい場合には不向きかもしれません。

ラボヘッドを見てみる
・Amazon
・楽天
・Yahoo!ショッピング

私のヘッドルーペ体験と感想

親が東急ハンズのハンズメッセで安めのヘッドルーペを購入し、趣味の手作業に使っていました。

複数の倍率のレンズが付属しており、レンズサイズが大きく、広い視野を持てることは利点でした。

が、レンズの品質は、病気で見えにくくなった私の視力には足りず、あまり「見える!」という感じはしませんでした。

ただ親はかなり便利に使っていたようで、老眼や少し見えにくい人には便利なのかも知れません。

メガネ型ルーペ

メガネタイプのルーペは、それ自体がメガネ型をしている物と、手持ちのメガネに装着して使う物とがあります。

前者は女性の場合、男女兼用のものだと大きくてずり落ちてしまうかも。

後者なら自分のメガネに付けるのでサイズは関係ないですが、私のように鼻が極めて低い場合は、メガネが重くなったことでずり落ちる可能性もあります。

それらを除けば、メガネという馴染みのある形をした物なので、気軽に使えそうに思います。


上画像はエッシェンバッハのラボフレーム

軽合金フレームなので軽く、例えば2倍のレンズを装着した時の全体の重さは約22gです。軽い!

また、巷に溢れているメガネ型ルーペとは異なり、ルーペと目の間に距離があります。

かつてどこかで見た口コミで、この空間を利用してアイメイクをしている…という物もありました。

ラボフレームを見てみる
・Amazon
・楽天
・Yahoo!ショッピング

ラボシリーズよりもう一つ。

画像下は、ラボクリップです。

私が今も唯一持っている、装着タイプのルーペです。

こちらは自分の手持ちのメガネに装着して使います。

他のラボシリーズ同様、レンズ品質は完璧です。

ラボクリップについては、別ページに詳しく体験を書いているのでご覧ください。

エッシェンバッハ「ラボクリップ」のレビュー
エッシェンバッハの装着型ルーペ「ラボクリップ」を、実際に使ってみての感想などです。
ラボクリップを見てみる
・Amazon
・楽天
・Yahoo!ショッピング

私のメガネ型ルーペ 体験と感想

上で書いたラボクリップに関しては別のページでレポートしているので、ここでは省きます。

体験1 ハズキルーペっぽいルーペ

見えにくくなった初期の頃、ハズキルーペのような感じのメガネ型ルーペを購入しました。

上記エッシェンバッハのラボシリーズに比べてレンズがとても大きく、広い視界を保てたことは良点でした。

が、主に老眼や普通の人の細かい作業用製品だったため、レンズの明るさやクリアさ、倍率などが私には足りず、親にあげてしまいました。

老眼の親はそこそこ気に入ったようで、新聞を読むなどの時に使っていたようでした。

体験2 マックスディテール

スタイリッシュなこのメガネ型ルーペは、エッシェンバッハのマックスディテール。

私はルーペの貸し出しサービスで体験しました。

当時の私の用途はパソコン作業だったのですが、文字入力などではなくあちこち視点を動かすことが必要な作業でした。

マックスディテールを付け、視野全体が拡大された状態で視線や頭を動かし続けた結果…すぐに酔ってしまいました。

たぶん、裁縫や手作りなど、1点を見続ける作業ならば良かったのかもしれません。

デザインはドイツらしくスタイリッシュで無駄のない感じでとてもおしゃれでしたが、ドイツ製しかも男女兼用で、私には大きすぎ、常にずり落ちるストレスもありました。

ただ、自身のメガネに取り付けて使うタイプのマックスディテールもあるので、サイズに関しては解決できそうです。

このルーペの良いところは視度調整ダイヤルもついていて、±3.00までの調節ができることです。

ちなみに似たようなシリーズで、もっと遠くを見るためのマックスTVという物もあります。

マックスディテールを見てみる
・Amazon
・楽天
・Yahoo!ショッピング

ネックルーペ

さて、ここまで紹介したヘッドルーペとメガネ型ルーペは、付けている限り常に視界が拡大されます。

ですがこちらネックルーペは首に掛けるもので、下を向いた時だけにルーペ越しに物を見るかたちになります。

主に裁縫用かと思いますが、人によっては読書もいけるかもしれません。

上の画像はエッシェンバッハのネックルーペ。

140×100㎜、倍率2倍の大きなルーペに、倍率4倍の小さなレンズ付き。

大きなレンズの広い視野で作業しつつ、例えば糸通しなど特に細かい作業では小型4倍のレンズ越しに行う、などの使い方が出来ます。

ネックルーペは使用体験がないので感想は書けません。

最後に

以上、装着するタイプのルーペについてのあれこれでした。

素人の私の主観ですが、この手のタイプのルーペが合うのは

  • 中心視野がある人
  • 2倍程度の倍率でも見える人
  • あまり視線を動かさない作業
  • ネックルーペについては、首に問題のない人

などではないかなと思います。

ネックルーペは首の辺りにルーペを固定して必要な時だけ覗き込んで使う、という点が優れていると思いますが、私なんぞ首ヘルニアがあって下を向きっぱなしではいられないので、首に問題がない人向きでは…と思います。

両手が空くルーペは装着型のほかに、スタンドルーペもあります。

使用目的や見え方に適したものを選んでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました