老眼鏡と裏技ほか

メガネ

世間では50才前後で老眼鏡を使い始める人が多いようですが、私は30代前半から使い始めました。

というのも、病気と治療の作用で高校生の時には白内障を発症し、30歳過ぎで両眼とも手術済み。

人工眼内レンズになったのでピント調整能力はゼロになり、おまけに両目とも遠視状態。

なので眼鏡のレンズは、近用も遠用もプラス度数つまり老眼鏡と同じになりました。

少しでも見え方を良くしたくて老眼鏡を色々と試す中で、見つけたアイディアや経験などを書いていきます。

百均の老眼鏡はメタルフレームが良いかも(特に女性)

百均には色々な老眼鏡がありますね。

私もたくさん試したのですが、一番気になったのがフレームの歪みと大き過ぎることでした。

それらをある程度解消してくれたのが、小さめのメタルフレームの老眼鏡でした。

(女性や小顔の人は、小さめのメタルフレームが良いかと思います)

セリアの老眼鏡(メタルフレーム)

なにしろ100円(+税)なので、惜しげなく力技をかけることが出来ます。

どういうことかは、以下に書きます。

百均老眼鏡の裏技

フィットさせる(メタルフレーム)

メタルフレームだと、金属部分を曲げることができます。

私はノーズパッド部分をグイッと立ち上げたり、ツルのカーブを強めたりしていました。

特に鼻が低いと、ノーズパッド部分が大事です。

セルフレームだと物によってはいくら専用シールなどで嵩上げしても全然だめだったりするので、やっぱりメタルフレームが良いのです。

偽ルーペ

短時間・ピンポイント的に使う場合は、敢えて度数を高いものを使う手もあります。

当然ピントの合う距離は短くなりますが、大きく見えるようになるので、例えば刺抜きやボタン付けなど、小さいものを一時的に見る場合に使える技です。(そこそこ視力がある人に限りますが)

重ねる

老眼鏡のレンズを重ねると、度数が上がります。

たとえば自身の視力に合った老眼鏡をつけ、さらに+1.00などの度数の老眼鏡を重ね付けすると、ピンポイントの細かい作業に見やすくなったりします。(見た目はもちろん変です)

クリップタイプの老眼鏡を使うと、[通常の老眼鏡]+[クリップ式老眼鏡]となり、必要に応じてクリップ式の方を上げたり降ろしたりして使えます。見た目も多少マシになります。

クリップタイプは、数千円のものもあれば、百均にもある場合もあります。

ただし鼻が低い(私)などの理由でメガネがずり落ちやすい人の場合は、クリップを装着することでメガネの重さが増し、さらにずり落ちやすくなるというデメリットはあります。

[PR]クリップタイプの老眼鏡(Amazon)

自己責任の、私の裏技

眼科手術直後で屈折率が変わったがまだメガネを作る時期ではなく、でもメガネが無いと何も見えないので自分でどうにかした時の話です。

危険を伴う方法なのでおすすめはしませんが。

同じタイプの度数違いの老眼鏡を買い、片方のレンズを外して嵌め変えて、左右の度数に合うようにしていました。

ですが、まずレンズをフレームから外すのが難しく、危険です。

無事に外せて嵌め込んでも、しっかり固定されずに仕方なくテープで留める…といった感じでした。

また網膜剥離後は凄まじい遠視になってしまったので、片眼だけレンズを2枚重ねづけしたりもしてみました。(テープで外周をぐるっと貼る)

見た目が変すぎるし、レンズもすぐに落ちてしまうので、もちろん家の中限定で使用していました。

眼科での検眼と処方箋

病院によって違うかも知れませんが、私がメガネの検眼をお願いした時は、封筒にも入っていない処方箋の紙をもらえました。

視力的に眼鏡屋さんでフレームを選ぶのは難しいと思ったので、その処方箋を元に、自分でZoffやJINSでオンライン注文しました。

(もちろんそれはそれで大変ではありましたが)

私が見えにくいこと、自分なりの見方があることを尊重して検眼してくれたので、処方箋の度数はピッタリ。

最初はそのまま注文し、その後は自分なりに目的ごとにすこし度をプラスマイナスしたりして注文したものでした。

オンラインで注文

老眼鏡(プラス度数のメガネ)ももちろんオンラインショップで購入することができます。

ひとつは既に決まった度数がセットされている既製品。もう一つは自分で度数などを指定して購入する品です。

既製品は楽チン

百均の老眼鏡も百円のわりにはかなり上等だと思いますが、やはりメガネ屋さんで購入したものは、レンズのクリアさ、見やすさ、フレームの安定感や作りの丈夫さなど、すべての質が良いです。

だいぶ前に購入し、後に親にあげてしまった老眼鏡(Zoff)は、今も親が使っていますが、相変わらず形も歪まずきれいで活躍しています。

自由に選んでカスタマイズ

既製品ではレンズの度数が合わない場合や、好きなデザインで作りたい場合はこちらです。

私も既製品では度数が合わないので、フレームを選んでレンズの度数を設定して注文しています。

老眼だけの場合は大丈夫かも知れませんが、強い遠視だと対応しないフレームがたくさんあります。

下画像の上は、私が持っている中で一番度数の強いもの。

右目のレンズが+10.00の度数で、これは当時オンラインストアで選択出来る中での一番強い度数でした。

下はセルフレームですが、たしかジュニア用を選んだので幅が小さく、顔を両側から押さえてくれるのでずり落ちないお気に入りです(遠く用なので度数も低く、レンズも軽め)。

オンライン注文で作った老眼鏡(プラス度数)

レンズ交換(有料)

よく「レンズ交換可能」などと書いてありますが、私も実際にzoffでレンズ交換をしてもらいました。

もともと(もう少し視力が良かった頃)zoffの店舗で選んで購入した眼鏡で、その後手術で屈折率が変わった時などに、計3回交換しました。

(ちょっと良いフレームだったので、度数が変わっても使いたかった)

一番安いレンズでお願いして、片眼分で当時1500円(+税)。

低価格なのが有難いです。

応対する人によって親切感がかなり違いましたが、親切な方は「元のレンズにまた戻すことも出来るのでいつでも仰ってください」というようなことを言ってくれました。

上画像はレンズ交換をしつつ使っている眼鏡。

同じメーカーでも、やはり価格が上位に変わると使用感も格段に異なります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました