見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

見やすくして書くいくつかの方法

読み書き:読む

老眼や目の病気、ロービジョン(弱視)など…
目が見えにくく、文字を書くのが大変な場合は、ルーペその他を使って手元を拡大して書くことが出来ます。
ここでは文字を書くのに適したアイテムを挙げていきます。

関連記事 「見る・読む」ための様々な方法
〈実践〉あらゆる手段で文字を見る・読む
本を読む色々な方法
もくじ
  • ルーペで拡大する
  • タブレットやスマホで拡大する
  • 電子ルーペ、拡大読書器で拡大する
  • ルーペで拡大する

    どのルーペでも手元を拡大して見ることが可能ですが、特に文字を書くのに適したルーペがあります。
    脚付きで、ルーペのレンズを覗き込みながら書けるタイプです。
    LEDなどのライト付きならば、より見やすいでしょう。

    スクリボラックス

    例えば、エッシェンバッハ(ドイツ)のスクリボラックス(上画像)。
    75mm×100mmの大きなレンズは、倍率2.8倍。
    レンズ下が約8cmあるため、書き込みなどに適しています。
    LEDライト付きなので、手元を明るく照らすことが出来ます。

    私も貸し出しサービスを利用して使ったことがありますが、とにかくデザインがスタイリッシュでおしゃれ!
    机の上にあるだけで、気分が上がる素敵なルーペでした。
    ただ私の視力には倍率が足りず、泣く泣く諦めた製品です。

    コイル製スタンドルーペ

    こちらはコイル(イギリス)のスタンドルーペ。
    コイル製の同様のスタンドルーペは様々な倍率がありますが、3倍と4倍は上画像のように首振り式になっていて、文字も書き込めるタイプです。
    (もっと高倍率のものは、単に置き型ルーペとなります)

    その他ルーペ

    装着タイプのルーペや、手持ちルーペも使えるでしょう。
    また、私はどうも苦手(低視力のせいか、上手く使えない)ですが、いわゆるスタンドルーペも見える人ならば使えると思います。
    下写真は親用に購入した、低価格だけど評価の高いKenko フレキシブルスタンドルーペ です。

    スタンドルーペ

    タブレットやスマホで拡大する

    中心視野の欠けで低視力な私はルーペでは厳しく、もっぱらこの方法を使っています。
    下の写真は、iPadを電子ルーペのように使っている様子です。

    iPadを使って用紙記入

    角度を自在に出来るタブレットスタンドLomicallにiPadを乗せて、机に平行になる感じで使います。

    タブレットスタンド

    外出先などで、どうしても頑張って記入をしないといけない場合は、iPhone(画面が大きいもの)の拡大鏡機能を利用して、片手にiPhoneを持って手元を映し、画面を見ながら書き込みます。

    電子ルーペ、拡大読書器で拡大する

    拡大読書器は視覚障害者向けの高価な機器ですが、電子ルーペは比較的購入しやすい価格帯です。
    どちらもカメラで捉えた像を画面に拡大して表示し、拡大率や色合いなども変えることができます。
    ルーペだと倍率を上げると視野が狭くなり、対象物とルーペの距離も数センチの距離でないとピントが合わないため、書き込みには適しません。
    が、電子ルーペなどは自分にベストな距離で、倍率を自在に変えられます。
    上記のiPadを使った方法と似ていますが、こちらは拡大表示のために作られているものなので、より適しています。

    電子ルーペの一例

    関連記事 「見る・読む」ための様々な方法
    〈実践〉あらゆる手段で文字を見る・読む
    本を読む色々な方法
    PR 社会福祉法人全国ろう盲者協会協力のもとで開発されたデジタルタイマー
    ページの先頭に戻る