見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

白黒反転プリンター

その他:最新機器・グッズ・情報

ついに出た!白黒反転印刷

上の画像は、黒い用紙に白いインク(白色トナー)で印刷された楽譜です。
五線はもちろん、音符の付点も連鉤(音符の「はた」を繋いだもの)も、そして弱視の私には特にコードネーム がくっきりはっきり見えるように感じます。

これ、2019年度 全国ロービジョンセミナー(at新宿区戸山)でのロービジョン機器等展示会で、三笠産業株式会社(山口県)さんに頂いた物なのです。
楽譜の他にも、文章や絵などを白黒反転印刷したものが、どれも白色が濃くてくっきりしていて、見やすく美しかったです。

見やすい白黒反転

視覚障害だけでなく、年とともにほとんどの人が罹患する白内障などでも、黒地に白文字というのは見やすいようです。
実際にある白黒反転製品としては、時計、カレンダー、ノート(メモ帳)&ペン、定規など。
また、黒いしゃもじ、黒い綿棒、黒いまな板などもありますね。
パソコンやタブレット、スマートフォンにも、白黒反転機能が備わっています。
さらに「目の不自由な方向けの客室(コントラストルーム)」があるホテル(高山グリーンホテル|岐阜県高山市)まであったりします。

私自身も白黒反転カレンダーや黒いまな板、黒い定規などを使ってきました。
パソコンのデスクトップピクチャも濃色一色にしています。

白くっきり、の大切さ

上記の白黒反転カレンダーや黒いノート、また黒地の色々な物(何かの容器や、家電の裏側など)に白いペンで書き込もうとして、かつては白ペンも色々試しました。
ペンの調子が良い時は良い感じなのですが、その調子が完璧な時の方が少ないのですよね。
掠れたり、水分が多いのか薄まったインクが出てきたり、滲んだり。
そうなるとど下地の真っ黒に負けて、逆に見えにくくなってしまう。
そのへんのストレスと、視力低下で手書きの読み書き自体が不可能になってきたので、「白描き」はすっかりご無沙汰になっていました。

そんな経験があったので、こんなにクッキリハッキリした白インク(トナー)印刷が出来るのかと、三笠産業さんの印字見本を見て驚いたのでした。
まさに真っ黒VS真っ白。
黒に一歩たりとも負けない白って、どうなっているのでしょうね。
不思議です。

勝手な妄想

この白トナーは主に視覚障害者(弱視)関係の施設など、福祉関係で開発された製品のようです。
が、それだけでなく、とてもオシャレだと思うのです。
どうやら推奨用紙があるようなので、他の紙への印字がどうなのか知りませんが…

例えば、深い赤や濃いグリーンの紙に、この白トナーで印刷したら、クリスマス用として素敵です。
クリスマスカードだけでなく、プレゼントのラッピングにも素敵そう。
飲食店のメニューにもどうでしょうか。
洒落た店ほど照明が暗く、メニューの文字が小さかったりしますが、黒地に白文字ならばオシャレさを損なわず、見易さを上げられそう。
濃いネイビーの地×白い文字の印刷なら、品の良い仕上がりになりそう。
プライベートの名刺で、ネイビー紙×白文字とか素敵そうです。

また、白内障世代・老眼世代が読む印刷物に使うと、見やすくて優しくて良いでしょうね。
それこそ眼科病棟での患者への配布物だとか、市や区からのお知らせだとか。

このプリンターでの印刷物が増えたら、見やすいし洒落ているしで良いだろうなぁと思います。

色々ひかる

今回このプリンターで知った三笠産業株式会社(山口県)さんのホームページを見てみたら、ブラックライトで光る「ひかるクレヨン」や、蓄光性の「ほたるクレヨン」、光る紙、ひかるねんど、ひかるちょうちんなどユニークな製品が色々ありました。
蓄光性のクレヨンなどは、子どものお絵かきだけでなく生活の中で便利に使えそうです。

ユニークな製品が色々とあるものですね。
視覚障害者の一人として、感謝と応援をしています!

三笠産業株式会社さんの白トナーについてのページ

関連

三笠産業さんは山口県の会社で、農業支援や食品加工などの事業もされているようで、調べてみたら東京中目黒に「vege MIKASA」というカフェバルを出店しているようです。
2019年7月現在は改装中で閉店中のようですが、オープンしたら行ってみます♪

mikasa みのるONLINEという公式ショップの他、Amazonでも一部の製品を購入できます。

Amazonで販売している製品
ブラックライトで光るグッズ
国産、産地限定の野菜パウダー

ページの先頭に戻る