見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

スタンドルーペの実際

読み書き:ルーペ

スタンドルーペは、その多くがアームがあり、土台を机などの上に置いて使います。
(クリップで挟んで固定する物もあります)
1番の特徴は、ルーペを手で持たなくて済むので両手を使って作業が出来ることでしょう。

ここでは目が見えにくい当事者視点でのスタンドルーペについてのあれこれや、いくつかの製品の紹介をします。

大型フレネルレンズをパソコン画面拡大用に使っていた

パソコン画面の半分をフレネルレンズで拡大した写真

目が悪くなり始めた頃、パソコンはノートブックを使っていたのですが、その画面を拡大するのにスタンドルーペ(フレネルレンズ)を使っていました。
上の画像は当時のもので、パソコン画面の半分をフレネルレンズで拡大した状態のものです。
当時はビッグアイという製品のフレネルレンズ+スタンド、という組み合わせを購入したのですが、現在は同製品は無く、アップデートしてLEDライト搭載になっています。
(下画像)

フレネルレンズは一般的なルーペに比べて視野が暗いというマイナス点があるのですが、それをライトを搭載することで補えるのかなぁと想像します。

同タイプに、スタンドでなくクランプタイプの物もあります。
また、フレネルレンズ以外に、非球面凸レンズのタイプのものもあります。
倍率と見やすさ重視ならば非球面凸レンズ、大きな面積が欲しいならばフレネルレンズが適しているでしょう。
下の画像は、非球面凸レンズ+クランプタイプの組み合わせです。

フレネルレンズは見え方があまり良くないので、弱視、視覚障害には向かないと思います。
(老眼や少し見えにくい程度ならば、問題なく使えると思います)

現在我が家にあるスタンドルーペ

Kenko フレキシブルスタンドルーペ

スタンドルーペの多くはレンズが高倍率ではありません。
なので弱視の私には倍率が足りず、私はほとんど使いません。
上の写真は、低価格&口コミがやたら良いので、親の趣味の手作業用にプレゼントしてみた Kenko フレキシブルスタンドルーペ

倍率:2.5倍、レンズ有効径:100mmで、レンズ材質はプラスチックとのことですが、たしかに口コミの良さが頷ける品質の良さ。
土台が重いので、アームをどんな角度に曲げてもドッシリ構えてくれます。
弱視には倍率2.5倍は厳しいですが、そうでない人が手作業などにスタンドルーペを使うには、なかなか良いかも知れません。

スタンドルーペと置き型ルーペ

スタンドルーペと置き型ルーペ。
どちらも置いて使うという共通点があります。
そして置き型ルーペのようでありつつ、スタンドルーペのようにルーペを覗きながら作業が出来るものもあります。

コイル製スタンドルーペ

イギリスのコイル社のスタンドルーペ。
同じ形状で、倍率は3倍のものから20倍のものまで豊富にあります。
スタンドルーペという名前ですが、置き型ルーペに分類される方かなと思います。
が、3倍と4倍の製品はレンズ部分の角度を変えることが出来、広くはありませんが、手をレンズの下に入れて筆記に使うことも出来るようです。
かなり気になっている製品の一つですが、私はまだ実物を見たことはありません。

エッシェンバッハ製 スクリボラックス

75mm*100mmの大きくクリアなレンズ(倍率2.8倍)と、LEDライトで明るく拡大してくれます。
レンズ下が約8センチ空いているので、ちょっとした手作業が出来ます。

期間限定で借りて使ったことがありますが、とにかくデザインがスタイリッシュでおしゃれ。
私には倍率が足りないので無理でしたが、見えたなら絶対に欲しかったルーペです。

最後に

高品質のルーペは一般的にそこそこの値段がします。
スタンドルーペは、土台やアーム、ライトなどが付くためか、さらにもう少し高額な場合が少なくないようです。
このページで紹介したスタンドルーペも、Kenkoの製品以外は少しお高めです。

そして、手で持つハンドルーペに比べ、スタンドルーペはその人の見え方、使い方などによって合う・合わないがあると思います。

なので、出来れば現品を実際に見て購入を決めるのがお勧めです。
とは言え、なかなかそういう機会がないのが実情ですが…
気になる製品があれば、それを扱っている実店舗がないか探してみるとか。
[製品名]と[貸し出し]とか[レンタル]や[展示会]などのキーワードで探してみるとか。
私は最初に書いた「ビッグアイ」を、実際に販売している店舗(ルーペハウス)に行って見て購入しました。
それでも実際に家で使ってみると、想像と違うものです。

個人的には、低価格でレンタルできる、充実したサービスがあると良いのになぁと思います。

角度調節自在のタブレットスタンド
Lomicall stand
ページの先頭に戻る