見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

文字入力時の変換候補の表示を大きくする

ロービジョンのMac活用術

Macの文字入力時の変換候補を大きく表示させる方法

キーボードなどで文字入力をする時、日本語では常に[ひらがな、カタカナ、漢字]を決定することになりますね。
特に漢字は、複数の候補から選択することになりますが、この候補の表示が小さいと、見えにくくて大変。
このページではその変換候補の表示を大きくする方法を紹介します。

もくじ
  • それは「キーボード」メニュー内で設定する
  • フォントの種類とサイズを指定する
  • もっと簡単にアクセス
  • それは「キーボード」メニュー内で設定する

    では早速設定しましょう。
    まずアップルメニュー(画面の左上端)から、「システム環境設定」を開きます。

    システム環境設定の場所

    システム環境設定のメニューの中に、「キーボード」という項目があるので、それを選択します。

    「キーボード」メニューの中には、たくさんの項目があります。
    まず上部の項目の中から「入力ソース」を選び、次に左側から「日本語」を選びます。
    すると、日本語入力に関する設定事項が色々と出てきます。
    変換候補の設定は、中盤あたりにあるので、少し下に送ります(オレンジの矢印)

    「候補表示」という項目が出てきます。
    ここが設定する場所です。

    フォントの種類とサイズを指定する

    さて、この「候補表示」項目で、「フォント」と「フォントサイズ」を自分が見やすいように設定します。
    現在はフォントサイズは最大で36。
    前はもっと大きなサイズに出来たような気がするのですが、記憶違いか…?
    この辺はたぶんOSのアップデートで変わると思います。

    個人的には、線の太さが均一なゴシック体が見やすいと思います。
    ヒラギノ角ゴシックなどでは、線の太さがW1〜W9の9種類から選べます。
    他の書体でも、線が太い(ボールド)方が見やすいかも知れないので、試してみてください。

    もっと大きなサイズ指定も出来ると良いのですが、それでもサイズ36は、変更前よりはずっと大きく見えるはずです。

    もっと簡単にアクセス

    先ほどの設定画面で、下の方に
    □メニューバーに入力メニューを表示
    という項目があります。

    メニューバーに入力メニューを表示

    ここにチェックを入れると、メニューバー(画面の上端にあるバー)に[あ]または[A]など、入力メニューにアクセスできるアイコンが追加されます。

    ここをクリックするとメニューが現れるので、その中から「”日本語”環境設定を開く…」という項目を選びます。

    日本語”環境設定を開く…

    すると、上記と同じ設定画面を開くことができます。
    こちらの方が、少ない手間でアクセスできます。

    PR 約3.8倍〜16倍の拡大と白黒反転で見やすく!
    携帯できる3.5インチモニタのデジタルルーペ
    ページの先頭に戻る