見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

眼科手術後のシャンプー対策

美容健康:病気・病院

目(目の内部)の感染症はとても怖く、失明の可能性もあると聞きます。
シャンプーや洗顔、シャワーや風呂に関しては、医師の言葉を守らねばなりません。
このページでは眼科手術を4回経験した私の編み出した工夫その他を書きます。

もくじ
  • 眼科手術後のシャンプーについて
  • 手術前に洗える場合
  • シャンプー出来ない期間の対策
  • 退院後のシャンプー
  • 眼科手術後のシャンプーについて

    眼科手術後の洗髪に関しては、

     1. シャンプー禁止
     2. シャンプー台で仰向け、看護師による十分に注意を払ったシャンプーのみ可
     3. 退院後、美容院などで十分に注意を払った仰向けシャンプーなら可
     4. 自己シャンプー解禁

    という経過を辿る場合が多いかと思います。
    3の期間は自分で自由に洗えないのが辛いし、4に突入してもおっかなびっくりです。

    また、3の期間の長さは、手術の内容や術後の経過その他によって一人一人異なると思うので、医師にしっかり確認してください。
    その際、自分から手術日か術後何日経ったかを数字で伝えて質問した方がが良いです。

    ちなみに私は、退院後の初めての外来でシャンプーOKをもらい、その次の外来でも「もうシャンプーもして良いよ」と言われた経験があります。
    「もうシャンプーしちゃってるんだけど?!」と思ったけど、「はい」としか言いませんでした…
    だからちゃんと術後の経過日数を伝えた上で、質問した方が良いのです…

    手術前に洗える場合

    計画通りの入院・手術の場合は、手術前日に自分でシャンプーが出来ることでしょう。
    その際は、しっかりシャンプーを泡だてて洗い、しつこいくらいに地肌を中心に濯ぎます。
    コンディショナーやトリートメントは、しなくても良いくらいだと思います。
    もしくは毛先だけにしておき、やはり十分すすぐか。
    これらが残っていると嫌な匂いの原因になります。

    ちなみに私は網膜剥離になったときに、救急外来→そのまま入院→翌朝手術、という流れでした。
    すぐに手術をしてもらえたことは本当にありがたいのですが、夜からの入院で、検査や手続きで消灯時間を過ぎてしまったので、シャワーもシャンプーも出来ずじまいに手術を迎えました。
    しかもその日は朝から外出していたので、髪にオイルやスプレーやら色々付けたまま、洗えずに手術に突入しました。
    体も洗えませんでした。

    結果、目の心配と同じくらいに頭や体の汚さと汚れが気になって不快で不快で不快でしょうがない術後の数日を過ごす羽目になりました。
    もう本当に、術前は可能な限りシャワーを浴びさせてもらいたいものです。

    シャンプー出来ない期間の対策

    汗をかかない、汗を拭く

    病室って温度が高めの設定ですよね。
    また、ベッドの位置によって暑かったり寒かったり。
    極力汚れないためには、極力汗をかかないようにしたいです。
    寒がりで汗もかかない人は別として、そうでなければ
    ・汗拭きシート(保湿成分はベタつくのでお勧めしません)
    ・扇子など、仰ぐもの
    ・涼しい服
    ・暑がりの人はアイスノンや保冷剤
    などが、熱った体を冷ますのに良いかと思います。

    製品1:水のいらないシャンプー

    昔からドライシャンプー(水のいらないシャンプー)ってありますが、あれってどうですか?
    私は全くサッパリもしないし、きれいにもならないし、匂いもベタつきも改善しないように思います。
    ただ様々な製品があるので、もしかしたら良い効果を感じられるものもあるかもしれませんが…

    製品2:頭皮用デオドラント

    シャンプーの代わりにはなりませんが「日本初 頭皮汗臭を防ぐ効果」とのことで、匂い対策に買ってみました。
    手術後ではなく日常で汗をかいたときに使っただけですが、たしかにデオドラント効果があるように感じました。
    これで解決するわけではありませんが、私の次回の入院持ち物リストには、これも入っています。
    香り付きと無香料の製品がありますが、入院時用なら無香料のほうが良さそう…

    製品3:完全自己責任ですが…

    眼科手術と関係ないですが、怪我をして洗髪ができなくなりました。
    私は皮脂はないのですが、頭皮に汗をかく体質。
    日を追うごとに匂うのではないかと気になってきました。
    そこでふと頭に浮かんだのが、手の消毒ジェル(コロナ禍です)。
    エタノール消毒タイプで、たぶん保湿剤も入ってる…
    ということで、髪へのダメージは諦めて、頭皮にこれを塗りました。
    匂いの測定をしたわけではないですが、私は気に入った方法です。
    今度眼科入院するならば(したくないけど)、匂い対策のためにアルコールハンドジェルを持っていこうかなと思っています。
    でも髪にはきっとダメージ大でしょうね…

    退院後のシャンプー

    さて、恐らくは最低でも"退院後の初の外来受診"までは、シャンプーは禁止かと思います。
    この間に洗いたい場合は、仰向けで洗ってくれる美容院にお願いすることになりますが、私は経験がありません。
    するのであれば、事前に電話でお店に確認したほうが良いでしょうね。

    私の慎重なシャンプー法

    自分でのシャンプーは、医師の許可が出てからにします。
    以下は、私が行った慎重はシャンプーの方法です。
    洗ってくれる人が必要です。

    まず、目周りは厳重にガードしました。
    眼球を圧迫しないことにも、十分に注意を払います。

    私の方法は

     1.アイパッチを貼る
     2.1の上から、医療用防水テープを貼る
     3.2で貼った医療用防水テープの4辺を塞ぐように、 さらに医療用防水テープを貼る
     4.その上からハンドタオルを手で押さえつつ(目は圧迫しないように)、慎重に洗ってもらう。自分はタオルを押さえることに集中する。
     5.シャワーの湯などが顔に流れて来た場合は、すぐに湯を止めてもらい、拭いてから再開

    こんな感じです。
    防水テープは、貼り方を誤って隙間が出来てしまった場合、「水が入り込んで溜まってしまう」という最悪の事態になる可能性があるので、十分に気をつけます。
    ハンドタオルは、小さく薄い物だと万が一湯が流れてきたときにすぐに濡れてしまうので、厚みや大きさに余裕があるものにします。

    そして速やかに全てを終わらせるため、

     ・泡ぎれの良いシャンプーを使う
     ・コンディショナー(リンス)は使わず、シャンプーだけで終わらせる
     ・もしくはリンスインシャンプーを使う

    というのもポイントでした。
    また、シャワーで流すのは必要最低限にし、他は大きな洗面器などに湯をためて行う方が、水がかかる率が下がります。

    実際に使った物たち

    (1)アイパッチ

    本来は斜視などの矯正用に使うようですが、もともとが目周囲に貼るものなので、接着の優しさなども安心です。使い捨て品です。

    (2)医療用防水テープ
    防水テープの写真

    私はマツキヨで購入しました。
    切り傷やすり傷が出来た時の入浴時などにも使っています。
    眼科手術のことは別としても、これがあると本当に便利。
    もう浴室で「ひいぃぃぃ!」という叫び声を上げる必要はありません。

    (3)シャンプー

    病院の移動販売では、リンスインシャンプーであるソフトインワンがありました。
    思ったほど悪く無かったです。
    また、好みが非常に分かれますが、LUSHの固形シャンプー(シャンプーバー) は非常に泡切れが良いので、短時間で洗髪を終えることが出来ました。

    PR 声でグラムを教えてっくれる音声キッチンスケール(秤)
    ページの先頭に戻る