見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

反転(スマート)と反転(クラシック)

IT:視覚障害とiPhone/iPad

関連記事 視覚障害とiPhone/iPad 便利機能一覧

iPhoneやiPadには、色を反転する機能もあります。
外観モードの「ダーク」も、白背景だったものが黒背景に変わるので反転のような印象がありますが、これはアプリによって対応が異なります。
ですが、アクセシビリティの「反転」は、アプリの種類に関係なく色を反転させます。
実際にどのように変化するのかを見てみましょう。

もくじ
  • 反転には「スマート」と「クラシック」がある
  • 反転」を設定する
  • 「反転」を簡単に切り替える方法
  • おわりに
  • 反転には「スマート」と「クラシック」がある

    まず最初の画像は、ホーム画面の比較です。
    もともと私は黒い無地の背景を使っているため、標準と反転(スマート)の違いがあまりありません。
    (Dockの背景色は反転しています)
    ですが、右の反転(クラシック)は、その違いが顕著かと思います。
    なにしろアプリのアイコンの色合いまで反転してしまうので、すごいことになっています。

    続いては私の愛用アプリ、ボイスオブデイジー5での比較です。
    こちらの方が「反転」が明らかで分かりやすいですね。
    そして「反転スマート」では、文字色は反転しているのに対して、アイコンの色が通常と同じ。
    ですが「反転クラシック」はアイコンの色まで反転しています。

    このように、「反転スマート」はアイコンや画像などの色はそのままに、それ以外の色を反転させます。
    「反転クラシック」は、すべての色を反転させます。
    なので料理の画像などが、なかなかすごいことになります。

    「反転」を設定する

    反転は、
    [設定]アプリ>「アクセシビリティ」>「画面表示とテキストサイズ」
    の中にあります。

    ヒント 上記の手順が「??」な場合はこちらを参考にしてください。
    基本の基本(視覚障害とiPhone/iPad 便利機能一覧)

    上で比較したように、反転には「スマート」と「クラシック」があり、「クラシック」はすべてを反転させ、「スマート」は

    画像、メディア、暗い色のスタイルを使用したAppなどは除外

    して反転させます。

    「反転」を簡単に切り替える方法

    さて、反転のオン/オフは、上記の[設定]アプリから切り替える以外にも方法があります。

    (1)ボタンのトリプルクリック

    ホームボタンのある機種はホームボタン、
    ホームボタンのない機種はサイドボタンをトリプルクリックすると、アクセシビリティのショートカットが呼び出されます。

    この時に「反転」を選択肢に入れるには、アクセシビリティショートカットに加えておく必要があります。
    [設定]アプリ>「アクセシビリティ」>「ショートカット」>反転(クラシック)または反転(スマート)または両方を選択

    アクセシビリティ ショートカットについて詳しくは、下記のページをご覧ください。

    アクセシビリティ ショートカットを活用する

    (2)コントロールセンターからアクセス

    手順(1)上記と同様に、アクセシビリティ ショートカットに「反転」を加えておく
    手順(2)コントロールセンターの設定に、「アクセシビリティのショートカット」を含めておく
    手順(3)コントロールセンターを開いて、アクセシビリティ ショートカットのアイコンをタップし、表示されたメニューから「反転」を選ぶ

    コントロールセンターについて、詳しくは下記のページをご覧ください。

    コントロールセンターについて

    (3)背面タップで切り替え

    iPhone8以降、iOS14以降で有効な機能です。

    [設定]アプリ>「アクセシビリティ」>「タッチ」>「背面タップ」
    で、ダブルタップかトリプルタップのどちらかに「反転」を指定します。

    上記2つの方法は、アクション(ボタンのトリプルクリックか、コントロールセンターでのアイコン選択)の後にメニューが出て、それを選択して起動…という感じでしたが、こちらは背面タップをするだけで反転に切り替わります。

    背面タップについて詳しくは、下記のページをご覧ください。

    背面タップを使おう

    (4)ホーム画面のアイコンをタップして切り替え

    「ショートカット」アプリ(前述の「アクセシビリティ ショートカット」とは別物)を利用して、反転に切り替えるショートカットを作成し、アイコンをホーム画面に追加します。
    それをタップすることで、反転のオンとオフを切り替えられます。

    [ショートカット]アプリ>「+」>「アクションを追加」>「App」>「設定」>「反転(クラシック/スマート)を設定」 >操作を「切り替える」に指定>「…」>「ホーム画面に追加」

    だいたいこのような手順です。
    他に比べて、設定し終えるまでが手間が掛かりますが、作ってしまえばホーム画面のアイコンをタップするだけで反転の切り替えが出来ます。

    ショートカットアプリについて詳しくは、下記のページをご覧ください。

    アプリ「ショートカット」を活用

    おわりに

    以上、反転モードの実際の比較と、設定方法について書きました。
    反転(クラシック)は画像やアイコンの色まで変わってしまうので、通常はなかなか使わないのではないかと思いますが、反転(スマート)は白い画面や白い背景が苦手な人には見やすいのではないでしょうか?

    ただ、なぜか分かりませんが、「反転(スマート)」をオンにしているにも関わらず、画像の色合いまで反転されてしまう時が(私は)あります。
    そのような時は、一度アプリを終了し、再びアプリを開くと直るようです。
    (アプリを「閉じる」のではなく「終了」するのです)
    アプリを終了する方法は、こちらをご覧ください

    ページの先頭に戻る