見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

ダークモードとライトモード

ロービジョンのMac活用術

もくじ
  • ダークモード登場
  • 設定は簡単
  • アプリ(ソフト)ごとの個別設定も
  • 個人的な感想
  • ダークモード登場

    iPhoneではiOS13より「ダークモード」が登場しました。
    これと同じ機能がMacにもあります。
    MacではmacOS Mojave(バージョンナンバー10.14)以降で、ダークモードを使う事が出来ます。
    全体を一括で設定出来るだけでなく、アプリ(ソフト)によってはそれぞれ個別に設定も出来るので、より見やすくするために試してみると良いのではないでしょうか。

    設定は簡単

    ダークモード/ライトモードの変更は、「システム環境設定」から設定します。
    「システム環境設定」を開くには、パソコン画面左上のアップルマーク(リンゴの絵)をクリックします。
    するとメニューが現れるので、その中から「システム環境設定」を選びます。

    「システム環境設定」が開いたら、その中から「一般」をクリックします。
    (OSのヴァージョンなどにより、下の画像とは多少異なる場合があります。以下も同様)


    一番上に、「外観モード」というのがあり、ここでダーク/ライトの変更が出来ます。
    「ライト」は今までと同様の明るい外観。
    「ダーク」は黒を基調とした、新しい外観。
    「自動」はMacOS Catalina以降で利用可能の機能で、日中と夜間で自動的に切り替わります。


    下の画像はライトモードの画面。
    長年慣れ親しんできた、白と薄いグレーを基調とした色合いです。
    (背景の黒色は、私のデスクトップ壁紙の色です)

    そして下の画像が、ダークモード。
    黒い…黒いです!

    アプリ(ソフト)ごとの個別設定も

    ダークモード中は、Appleの標準アプリ(Apple提供のアプリ)のいくつかで個別に明暗を設定できます。

    例1:メモ

    メモ>環境設定
    を選択すると、その中に
    「メモの背景を暗くする」というチェックボックスがあります。
    (*このチェックボックスは、ダークモード時のみ現れます)

    チェックを入れると、メモの背景が黒に、文字が白になります。

    下の画像は、左がチェック無し、右がチェックを入れた様子です。

    例2:メール

    メール>環境設定>表示
    内に、 「メッセージの背景を暗くする」
    というチェックボックスがあります。
    (ダークモード時のみ、このチェックボックスは現れます)

    チェックを入れると各部分が黒背景&白文字に変わります。

    ただし、メールの本文はテキストメールでは黒背景&白文字になりますが、HTMLメールは変わりません。
    (テキストメールは、メールマガジンや個人間でのやりとりに多く使われる、文字入力だけされたシンプルなメール。
    HTMLメールは、お店や企業などからのメールに多く使われる、ホームページのように文字の大小や色が様々で、画像なども含んでいるメール)

    Safari

    ホームページはそれぞれ背景色・文字色などを指定して作られているので、ダークモードは反映しませんが、リーダー表示が使えるサイトでは、そのリーダーは黒背景・白文字になります。

    下の画像は、左は通常(ライトモード)、右はダークモード時のリーダー表示の様子です。

    *リーダーとは、Webページの広告などを取り除き、文章をメインにしてその大きさも整えて表示される機能です。
    リーダーが使えるWebページでは、Safariのアドレスバー(ホームページアドレスが表示されている細長い枠)内の左端に、4本の横線が表示されます。
    その印をクリックすると、リーダー表示に切り替わります。
    ロービジョンの私はとても多用している機能です。
    (このサイトもリーダーに対応しています)

    個人的な感想

    目が悪くなり始めた頃、たしかWindowsには白黒反転できる機能があるようでしたが、アップル製品で同様のことをしようとすると、本当に全ての色が反転して、文字は良いけれど写真や画像がすごいことになってしまっていました。
    それがこのダークモードの登場で、文章と背景のみ色が変わるという、実用的な白黒反転(正確には白黒反転じゃないけど)が実現しました。

    目の病気や障害がある人は、[白背景×黒文字]よりも[黒背景×白文字]の方が見やすいという人が、けっこう多いように思います。
    そういう人たちには便利な機能なのではないでしょうか。

    私個人は、太陽光には羞明がありますが、パソコン画面の光は全く平気。
    私に必要なのは、拡大と色の強さ、文字の太さであり、通常のライトモードで差し障りありません。
    もしダークモードが「真っ黒背景に真っ白文字」だったならば、ライトモードよりも文字などが見やすかったかもしれませんが、 実際は真っ黒じゃないし、(たぶん)真っ白じゃない。
    私にとってダークモードはむしろ「暗くて見えない」惜しい存在です。
    (そもそもこの機能は、視覚障害関係ない機能ですし)
    なので、今まで通りのライトモードで使っています。

    でも、このように見え方に選択肢が持てるというのは、すごく嬉しい進化です。
    通常背景の色と、通常文字の色とを自分で選択出来るようになれば最高なんだけどなぁ…と思います。

    余談ですが、このダークモード以外にカラー反転機能があります。
    文字とテキストだけならば、カラー反転機能の方が「真っ白と真っ黒」で、コントラストがくっきりします。
    ただアイコンなども色が反転してしまい、そこがネックです。

    PR ワンプッシュでひと皿分(約3cc)出せる、しょうゆ差し
    ページの先頭に戻る