見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

入院時の持ち物考〜顔・体・マウスケア編

美容健康:病気・病院

本当に必要なものだけを、最小限に…というスタンスで書いています。
省けるものは省きます。

関連ページ 入院時の持ち物考〜洗濯物編
入院時の持ち物リスト

ボディーソープを使いまわし

私は何でも平気なタチなので、ボディーソープで顔、手、体を洗ってしまいます。
これにより、ハンドソープと洗顔料を省けます。

シャンプーはコンディショナー不要なものを

網膜剥離での緊急入院では、術後シャンプーOKになった時に院内の移動販売で購入しました。
売っていたのは、ソフトインワンシャンプーでした。
こういう類は髪がバサバサに傷むのではないかと思っていましたが、実際に使ってみたら、 思ったよりも仕上がりの感じが良くて意外でした。

マウスケアは、しっかりしたい

どうしても普段家でするケアよりも疎かになりがちな気がします。
でももし可能ならば、時間もたっぷりあることだし、口内ケアはしっかりしたく思います。
私は全ての入院準備の中で、これだけは省力せず、フルコースを持参します。

歯ブラシ、歯磨き、マウスウォッシュ、歯間ブラシ、フロス。
全部やります。

ちなみに網膜剥離でうつ伏せを体験しましたが、首の変形(ストレートネック・頚椎症・複数箇所のヘルニア)があるせいか、唯一首が治まる姿勢は、ものすごく歯を食いしばってしまう角度でした。
もともと歯軋りでナイトガード(マウスピース)を使っているため、次回からはこれを持って行こうと決めています。

乾燥対策

空調バッチリなせいか、病棟ってすごく乾燥しています。
リップクリームはくれぐれも忘れずに。

眼科手術の場合は洗顔も不可になるので、私は化粧水は持っていきません。
保湿クリームのみで凌ぎます。

逆に、手術なしで点滴治療の場合は洗顔もOKなので、暇つぶしに顔パックなどをしたこともありました。
でもなぜか、そういう最中に限って、医師や看護師が来たりするのはなぜだろう…

ページの先頭に戻る