見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

片目を閉じたほうが見やすい場合

読み書き:読む

まず私の話ですが…
重度の網膜剥離になりました。
それまでの病気で傷んでいた網膜は、右下端から始まった(地元医師の診断済み)にも関わらず、丸一日で一部を残してほぼ剥がれてしまいました。
大学病院での手術の際には網膜の穴が見つからず、私の「左上端から始まったのですが」という声は全く取り合われず、しまいには看護師に「じっとしてて」と体を押さえつけられ、たぶん全員が嫌な気持ちの中、穴を塞げないままに手術は終了。(まあ、術中に患者に口出しされたら不快だわな)
術後数ヶ月で、最初に見えなくなった部分が再び見えなくなりましたが、訴えても相手にされず。
それから1年以上経ち、何度目かの見え方の訴えでようやく「もしかしたら小さな網膜剥離が起きているのかも」と言われましたが、それが最初に剥離が始まった場所であることも、そして現在は「剥離が起きているのかも」ということも、全く把握されていません。

頼りにしていた方の目の視界が酷いことになってしまい、不自由だらけなのはもう受け入れたけれど、最近になって剥離した方の視界の歪みが凄まじくなってきています。
縦が圧縮され、横長になった視界。
もう片方の目に比べて、視界の位置がだいぶ下になってしまいました。

そしてこれが、もう片方の目が良いならば無視できたと思うのですが、視野の欠けが大きいために、欠けている部分に剥離の方の視界が重なり、しかも剥離の方はもうかなり見えないため、ひどい有様なのです。

目を瞑ったほうがマシなのですが、瞑り続けるのは不可能だし。
剥離の方は酷いあり様とは言え、せっかく失明を免れたのだから、完全無使用にはしたくない。

それで思い出したのが、過去にフト聞いた特殊なメガネの話なのでした。

遮蔽レンズの存在

ずっと前、ある眼鏡店のロービジョン相談に行った時に対応してくれた人が、何らかの原因で複視だか何かで、メガネの片方のレンズをすりガラス状にしたものを使っている、と教えてくれました。
当時すでにロービジョン受診するレベルの視力で見させてもらった限りでは、全く違和感がなくて自然な外見でした。

その後、何人か「片目を閉じたほうが見やすい」という人に出会い、この話をしたのですが、外見を気にしてなのか不明ですが興味を持たれることはなく。

年月が経ち、予想外にも自分自身が「片目を閉じたほうが見やすい」という状況になりました。
そこで再びあのメガネのことを思い出し調べてみたら、「遮蔽レンズ」というらしいということを知ったのでした。

PR 見やすい&触っても分かる、シチズンのユニセックス腕時計

遮蔽レンズ、遮蔽フィルム

遮光眼鏡でおなじみの東海光学に、新オクルーダーレンズ「オクルア」という遮蔽レンズがあります。

十分な遮蔽機能を保ちつつ、透明度を高める加工を施すことで、自然に見られることを目指したレンズ

とのこと。
クリアはもちろん、複数のカラーレンズもあります。

東海光学のホームページから、取扱店の検索や展示会のお知らせなども見れるので、相談してみてはどうかと思います。

また、もっと気軽に手ごろに試せそうな「遮蔽膜(オクルージョン)」という製品があるようです。
レンズの透明度を落とすためのフィルムで、これを眼鏡に貼って使います。
眼鏡店のホームページの説明によると、1枚2000円程度のようで、着脱も可能な様子。
どこかで通販をしているというわけではなく、自分で近隣の眼鏡屋さんに取り扱いを問い合わせて入手するようです。

先にこのフィルムで試し、快適だったら遮蔽レンズに移行するというのも良いかもしれません。


さて、遮蔽膜の存在を知った私は
「窓用とかスマホ画面用のフィルムを貼ってみては?」
と思いつきました。
もちろんイケナイ行為ですが、自己責任で試したらレポート追記しようと思います。

ページの先頭に戻る