見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

最先端技術「オーカムマイアイ2.0」が凄い

読み書き:読む

イーサイトマイグラス

上の写真は(株)システムギアビジョンの説明会で頂いたパンフレットです。
眼鏡のツルの部分に、ライターくらいの大きさ・重さの物が付いていますが、これが「オーカムマイアイ2.0」です。
最先端の画像解析技術を搭載したAI機器で、あらゆる場面で見えなさを補うサポートをしてくれそうなのです。

オーカムマイアイ(OrCam MyEye)とは?

ライターくらいの大きさ・重さの本体に小型カメラが搭載されていて、そのカメラで映した情報をスピーカーで音声で教えてくれる、という画期的な機器で、メガネに装着して使えます。

私は視覚障害者のイベント「サイトワールド2018」で、(株)システムギアビジョン(旧:タイムズコーポレーション) と、(株)ケージーエスの、それぞれ別の製品発表会で、初めてこのオーカムマイアイを知りました。
イスラエル発の製品です。イスラエルすごい!!

関連 サイトワールド(Sight World)2018に行って来ました

オーカムマイアイ(OrCam MyEye)2.0のスペック

上写真のように、とても小さくスマートな外観。
重量も軽く、実際に装着したメガネを掛けさせてもらいましたが、自分が持っている重いメガネより 軽いのでは?と思うくらいの軽さでした。
鼻が低い人間にとって、メガネの軽さというのはとても重要なのです。

さて、そのスペックは…

・サイズ:約76*21*14.9mm
・重さ:約22.5g
・連続使用時間:約1.5時間
・充電時間:約40分
・顔認識登録:100名まで
・物認識登録:150個まで

この素晴らしいスペックの中で気になるのは連続使用時間の1.5時間ですが、説明会での記憶では、 たしか

・充電開始から割と早い時間で、かなりの部分まで充電できる
・スマホなどのように、携帯用充電器でも充電できる
・電池節約のため、スリープモードにこまめに入る(←記憶違いアリかも)

など、聞いていて「それなら大丈夫だな」と思えるものでした。

オーカムマイアイ(OrCam MyEye)2.0の文字認識と読み上げ

これがもう、惚れちゃいそうにカッコ良いのです。
見たい文字、読んで欲しい文章などを指差すだけで音声読み上げをするのです。
止めたい場合は、たしか手をパー(指を広げた状態)にすればストップする…のだったと思います。
また、少し前に戻ってもう一度読み上げてもらう、なんてことも出来るそう。
読み上げの際の音量も、簡単に調整できます。

紙幣も読み上げるそう。あとたしかバーコードも読み取って情報を教えてくれる、と言っていた気が します。
紙幣はOKだけど、硬貨は反射などもあり難しいそうです。

きっと、飲食店のメニューも読み取ってくれるのでしょうね。
離れていても、大きな文字なら読んでくれると、たしか聞いた気がします。
外出先で渡された印刷物や、郵便ポストに入っていた手紙やハガキ。それらの文字を、指差しするだけで 耳元で読み上げてくれるなんて、私には夢のように感じます。

顔も認識して、誰なのか教えてくれる!

文字の読み上げだけではないのです!
友人知人の顔を登録すれば、その人の顔を認識したら教えてくれます。
登録は100人まで。
この際の顔写真がオーカムマイアイから他の場所に移ることはないので、プライバシーの面でも安心です。

登録していない人でも、人を認識すると、男性か女性かなど教えてくれるそうです。
相手の声を聞く前に、相手が誰なのか分かってしまうなんて、どれだけ嬉しいでしょうか。
本当にすごいことだと思うのです。

PR ワンプッシュでひと皿分(約3cc)出せる、しょうゆ差し

エア時計で日時をお知らせ

これまたユニークなのですが、腕時計を見る仕草をすると、時刻や日にちを教えてくれるそう。
遊び心があるじゃあないですか。
会話のネタにもなりそうです。

「物認識登録:150個まで」

説明動画によると、クレジットカードからシリアルの箱の大きさまでの製品や物を、オーカムマイアイに学習させて登録出来るようです。
動画の中では袋に入っているお菓子を認識させているようです。
よく購入する製品を登録しておけば、買い物をする時の力強い味方になってくれそうです。
(頻繁にパッケージデザインがリニューアルされる製品だと面倒そう…。日本製品リニューアル多過ぎな気が…)
使い方次第で、生活の様々な場面が快適になりそうです。

2018年秋より販売開始

とても気になる価格は、2018年にいただいたパンフレットでは648000円と書いてありました。。
決して安くはありませんが、メガネに付けるだけで自分の目の代わりにこれだけのことをしてくれるのだから、 高くはないと思います。
保証期間が2年間とのことで、2年で日割りすると1日あたり888円。
充電を別として、日給888円で24時間体制で目の代わりの働きをしてくれるのだから、やっぱり安いのでは ないかと思います。
だいいち、2年以上もちろん使えるはずですし。

さらに、視覚障害の程度と居住地域の自治体によっては、日常生活用具の給付対象となる場合もあるようです。
高額なものなのでハードルは高そうな気がしますが、これによって仕事に復帰出来たり、ガイドさんの利用を減らせたりすれば、税金問題的にもむしろ良いのではないかとも思います。

とにかく、毎日見えにくさであらゆる不自由を背負っている私にとっては、夢のような機器であることは 確かだと感じています。

オーカムマイアイのサイト https://www.orcam.com/ja
ページの先頭に戻る