見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

見やすいペン

読み書き:読む

私は視野の中心が欠けているため、狙いを定めて命中させるということが出来ません。
「字を書く」という作業も、そのひとつ。
なので極力手書きを回避していますが、逃げきれない時もあります。
そこで使うのが、太字のペンです。
自分が書く時に使うだけでなく、家族など親しい人が自分宛のメモを書く時にも、太字のペンでお願いしています。
大きい文字で書いてくれても、その線が細いと見えないので、太字ペンは必須なのです。

もくじ
  • とにかく太く大きく
  • 大きさや太さに制限がある場合
  • それでも見えない・書けない場合
  • (余談)プロッキーのユニバーサルに感動
  • とにかく太く大きく

    提出書類などではなく、自由な筆記がOKな場合は、とにかく太く大きく書きます。
    そこで便利なのが、プロッキーの<細字丸芯+太字角芯>(上画像)。
    便利なのは書き心地や太さ・濃さはもちろんですが、スーパーでも文具店でもインターネットでも、どこでも入手しやすいという点もあります。
    色の種類を載せるために、セット商品の画像を上に載せましたが、普通に単品で必要な色だけを購入出来ます。

    両端にペン先があり、それぞれ「細字丸」と「太字角」になっています。
    「細字」とは言っても、他のペンに比べたら十分に太いです。

    電話中のメモや、伝言など、自由に大きく書いて良い場面はすべてこれです。

    紙に横書きで「うふうふふ」と書いてあり、左の「う」が一番太いペンで書かれ、
		右に向かって徐々に細くなっていっている。字の下にはそれを書いたペンが置いてある

    上の画像で、左端の2文字はこのペンで書きました。

    PR 日本最大級!オーディオブックなら - audiobook.jp

    大きさや太さに制限がある場合

    サインペン

    しかし、いつも無制限に大きく書けるわけではありません。
    そんな時は止むを得ず、プロッキーの<極細+細字丸芯>を使います。(上画像)
    (極細の方は、細いので私は使いません)
    上で書いた太い方のプロッキーと同様、単品で必要な色だけを購入できます。スーパーや文具店でも売られています。

    先ほどと同じ画像になりますが、左から3番目と4番目の文字が、このプロッキーで書いた文字です。

    紙に横書きで「うふうふふ」と書いてあり、左の「う」が一番太いペンで書かれ、
		右に向かって徐々に細くなっていっている。字の下にはそれを書いたペンが置いてある

    ボールペン(1)

    ボールペンでなくてはいけない場合は、1.6ミリ径のボールペンを使います。
    ただしこちらは油性ボールペンなので、色々制約のある契約書類などでもOKかは、私にはちょっと分かりません。
    私は目が悪くなって以来、そういうきちんとした場面に出くわしていないので、すべての書類はこのボールペンで乗り切ってきました。
    上の画像の右端は、この1.6ミリボールペンで書きました。

    ボールペン(2)

    「筆ボール」というボールペンがあります。
    ボールペンなのに筆ペンのような文字が書ける製品のようで、「1.5mmのデカボール」というキャッチフレーズ。
    上記1.6mmの油性ボールペンよりも0.1mm小さいですが、「筆」のためか紙に描かれた文字は太そうに見えます。
    私自身知ったばかりなので、使ったことがありません。
    入手したらレポートを追記したいと思います。

    それでも見えない・書けない場合

    ペンを太くすれば万事解決!
    ・・・というわけにいかないのが、ロービジョン、視覚障害。
    ペンだけでは解決できない場合は、他の方法も併用します。
    それら方法については、別ページで書いています。

    「書く」に関連のページ
  • 見えなくてもまっすぐ書く方法
  • 見やすくして書く方法
  • iPadを使って、ハガキの手書きにチャレンジ
  • プロッキーのユニバーサルに感動

    今回改めてプロッキー(三菱uni)の公式サイトを見てみたら、 新色ソフトピンクが色弱者の見え方にも配慮した色であることが分かり、感動しました。

    色弱者の方の見え方に配慮したユニバーサルデザインのソフトピンク。水色との識別性を高めました。
    https://www.mpuni.co.jp/products/felt_tip_pens/water_based/sign_pen/prockey.html

    とのことです。
    ますますプロッキーのファンになりました。

    PR
    5パーセントの奇跡 ~嘘から始まる素敵な人生~
    病気で95%の資格を失った青年が、やりたいことを諦めずに挑戦するストーリー。
    実話に基づいたお話ですが、とっても楽しくてハッピーで「何でも出来る!」という元気が湧いてくる映画です。
    未見の方はぜひ!
    ページの先頭に戻る