見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

耳を塞がない耳掛けイヤフォンで、歩行を安全に

外出

視力が弱いため、聴覚はものすごく大事です。
車の音はもちろん、自転車、歩行者の足音や衣ずれの音なども聞きながら歩いています。
スマホ歩きの人なんぞ、点字ブロックの上でも正面からぶつかって来ますから、白杖ユーザーのこちらが避けないと衝突します。
(そしてスマホ歩きの人に舌打ちされるというオマケ付き!)

目が悪くなってから、自然と耳が良くなったので、普通のイヤホンでも十分に外の音は聞こえるのですが。
それでも「より安全に万全に」ということで、耳を塞がないヘッドフォン(ヘッドホン)に変えました。

なぜ装着するのか?

「目が悪いならイヤホン(ヘッドホン)なんか付けるな!」
という意見もあるでしょう。
心配しての意見も、非難する意味での意見も。
でも、屋外だと太陽光などでより一層画面が見えません。
ですが、グーグルマップのナビに頼りながら歩いたり、時間の確認をしたりなど、他者に頼らず迷惑を掛けず、一人で安全に外出するためにスマホの音声機能が必要なのです。

イヤフォン(イヤホン)の種類

イヤホンの形状には大きく分けて

・カナル型(画像の左上)…耳栓のように耳の中に押し込むタイプ
・インナーイヤー型(画像の右上)…耳の入り口に嵌めるタイプ
・耳掛け型(画像の下)…耳の外側に軽く触れるタイプ

の3種類があるかと思います。

雑音を遮ったり、音漏れを防いだりする効果で人気なのか、カナル型が圧倒的に多いように感じます。
私も家の中や電車の中では、カナル型を使います。

インナーイヤー型は、昔ながらのイヤホンや、アップルのiPhoneに付属してくるイヤフォンのように耳の入り口に嵌めるようにして装着するタイプ。
カナル型に比べて音漏れの可能性がある反面、耳に栓をしないので周りの音も良く聞こえます。

そして耳掛けタイプ。
こちらはフックのような部分を耳に掛けて固定するタイプ。
密着しないので音がダダ漏れですが、そのため外界の音も未装着時と同じように耳に届きます。

屋外では今までインナーイヤー型を使っていて、外音の聞こえ方には(私個人は)全く問題はなかったのですが、壊れて買い換えようとしたらカナル型ばかり。
インナーイヤー型の選択肢がほとんど無くて、どうしようかと思った時に耳掛けタイプの存在を思い出しました。
しかも、すごく安い(笑)
というわけで、耳掛けタイプを使い始めたのでした。

耳掛けタイプ、聞こえの点ではとても良い

実は耳掛けタイプは初めてではなく、以前にも購入したことがありました。
でも当時は外歩き用ではなく、普通に音楽などを聴くために購入したので、「両手で押さえないと音が漏れすぎで使えやしない」という印象で、とっとと捨ててしまったのでした。

というわけで、2度目の耳掛けタイプ。
私が購入したのは、Panasonic クリップヘッドホン RP-HZ47です。(Amazonで689円で購入)

上の画像の左側のように、開閉するフックが付いていて、ここを耳に掛けて使います。
フックの閉じる力はとてもソフトなので、耳が挟まれて痛いということは全くありません。
むしろ閉じる力が弱すぎて、メガネ併用の私だとずれてしまうのが唯一の欠点です。

聞こえ方は、まさに外歩きに適しています。
なにしろ耳から浮いているので、外の音は変わらずに聞こえ、イヤホンの音は耳元で別に聞こえるような感じ。
音は思い切り漏れていると思いますが、家の中で朗読を聞いたり、屋外で歩いたりする分には全く問題ありません。
目的にピッタリな製品を見つけたと、自画自賛しています。

iPhoneとの接続

ところでiPhoneは、iPhone7以降ではイヤホンジャック(イヤホンを差す丸い穴)が無くなりました。
穴らしき物は、充電時などにケーブルを差す「Lightningコネクタ」しかありません。
iPhoneを購入すると付属してくるイヤホンは、先端がこのコネクタに合う形になっている「EarPods with Lightning Connector」です。

一般的なイヤホンをiPhoneで使うには

・変換アダプタを使う
・レシーバーに無線(Bluetoothなど)接続する

のどちらかになるかと思います。

上の画像は、左側の赤いのがBluetooth接続のオーディオレシーバー(GH-BHRC-RD)。
イヤホンを挿す穴があるので、そこにイヤホンを挿して使います。

右側は変換アダプタです。
変換アダプタはもちろん市販で色々ありますが、私のこれは何年か前にiPhoneだかiPadだかを購入した時に付いて来ました。
(現在の製品には付属しません)

Bluetooth接続タイプのメリットは、iPhone本体をバッグの中に入れたままだとか、部屋に置いたままで、音を受信出来る事です。
デメリットは、iPhoneとは別に充電が必要なこと、接続が悪い場合があること、音の遅延があること、などでしょうか。

変換アダプタは、これを繋げば通常のイヤホン接続と同じように使えるので、iPhoneが充電切れにならない限り使い続けられます。
デメリットは耳とiPhoneが、常にケーブルで結ばれていることでしょうか。
私は両方とも使っています。

Bluetooth接続タイプは、私の使用頻度が高いせいか寿命が長くはありません。
画像のようなレシーバータイプや、イヤホンが一体になったものなど使って来て、現在は5代目です。

使い分ける

上にも書きましたが、イヤフォンの形状によってそれぞれメリット・デメリットがあります。
インナーイヤー型は[塞ぎすぎず、開きすぎず]という感じでずっと気に入って使っていたのですが、製品数が少ない。
というわけで私は

カナル型(密閉性が高い):電車の中や、家で音楽を聴く時
耳掛け型(密閉性が無い):外で歩く時や、家で音声図書などを聴く時
インナーイヤー型 :どの場面でも適応(電車内では音量を小さくする)

と使い分けています。

また、このページの本題とは関係ありませんが、イヤホンに抵抗がある人にも耳掛けタイプは良いのではないかと思います。
「聴力の落ちた高齢者が大音量でテレビやラジオを聴いている」という光景は、ともすれば家族喧嘩に繋がりかねませんが、高齢の方はイヤホンを嫌がる方も少なく無いのではないでしょうか。
それは煩わしいからという理由だけでなく、自身が聴力の衰えを気にしていて「イヤホンをしたら、よけいに耳が悪くなってしまいそう」という恐怖心もあるのではないかと思うのです。
そんな時、耳掛けイヤホンならばもしかしたら妥協点となるのではないかと思います。
なにしろ閉塞感はゼロなので。
聴力を遮らないので、付けたまま会話も出来ますし。

ページの先頭に戻る