見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

老眼の母の買い物時の見えにくさに、グレンツェン・エイトを購入してみた

外出

目の病気で徐々に視力が落ちていった中、買い物も不自由になってきました。
メガネでも見えない値札はルーペを使って見ることになりましたが、色々試した末に一番都合が良いのは、ルーペを首から下げることでした。
その頃から気になっていた「グレンツェン・エイト」ですが、視覚障害の私のは倍率3倍では足りなくて、購入までには至りませんでした。
が、母(老眼)が「買い物をする時に使える、首から下げられるオシャレなルーペが欲しい」と言い出し、ついに「グレンツェン・エイト」を購入することになりました。

もくじ
  • 老眼での買い物の際の見えにくさ・問題
  • 老眼の母に選んだ、エッシェンバッハのルーペ
  • グレンツェン・エイト(glaenzen 8)の実際
  • 老眼での買い物の際の見えにくさ・問題

    ピント調整能力が弱まった老眼にとって、売り場を探す等「遠く」を見る 動作と、商品説明や価格など「近く」を見る動作を頻繁に繰り返す買い物は、なかなか厄介です。

    商品を見るたびに老眼鏡を掛けるのでは効率が悪すぎるし、ガサゴソやっていてはこのご時世「怪しい人」と誤解を招きかねません。
    そこで最適なのが、首から下げられるネックレスのようなタイプのルーペ 。
    私は弱視のため、「theルーペ!」という感じの物をしっかり下げて使っていましたが、老眼や目の病気などでの軽い 見えにくさの人には、一見ルーペとは分からないオシャレな物があるのでオススメです。

    老眼の母に選んだ、エッシェンバッハのルーペ

    エッシェンバッハのペンダントルーペ

    ドイツの光学機器メーカー、エッシェンバッハ。
    高い品質と、購入のしやすさ(Amazonや楽天でも購入できる)などで、私はここの製品を数多く 持っています。

    そして注文して届いたペンダントルーペは、インターネットの商品ページで見たよりもずっと素敵なものでした。

    グレンツェン・エイト

    「グレンツェン(glaenzen)」とは、「輝く」などの意味だそうで、その名の通り8つのスワロフスキー がレンズを囲んで輝いています。
    このペンダントルーペは3種類あって、スワロフスキーの色がそれぞれ異なり、クリスタル/ローズ/ ターコイズがあるのですが、クリスタルを選択。
    これが、予想以上に上品で美しく、大正解でした。
    安っぽい石が付いていると、大人が身に付ける物としては「無い方が良い!!!」となってしまいがち ですが、このペンダントルーペに限っては当たりでした。
    たぶん知らない人にはルーペとは分からず、オシャレのために着けている素敵なネックレスにしか 見えないと思います。

    エッシェンバッハのペンダントルーペ

    普段使いなため普段着にはもちろんですが、スーツや華やかなワンピースにも合いそう。
    男性の場合、チェーンネックレスに抵抗があるならば革紐に変えても良いのではないでしょうか。
    公式サイトにも、バチカン部分が大きいので他のチェーンに交換することも可能と書いてあります。
    (ただし、紐が短いとルーペとして使いづらいので、長さは注意です)
    さらに、裏返してスワロフスキーの見えない状態で使うことも出来ます。

    グレンツェン・エイト(glaenzen 8)の実際

    レンズサイズは25mmΦ。
    レンズ倍率は3倍。
    チェーンの長さは59~67.5cm。
    レンズ材質は光学ガラス。
    重さ18g。
    ・8つのスワロフスキー・クリスタル
    ・バチカンをつまんで見ることができ、レンズに触れることなく使える
    ・バチカン部分が大きいため、他のチェーンに交換も可能

    デザインも機能もとにかく良いようで、母はすごく気に入って毎日使っています。
    プレゼントではなく出資者は母本人なので、遠慮や社交辞令でなく本音のはずです(笑)

    ペンダント・ネックレスタイプのルーペはたくさん売られていますが、品質はピンキリです。
    安価な物はレンズの質が悪いだけでなく、デザイン面も安っぽくて飽きが来るのではないでしょうか。
    必要な人にとっては、毎日のように使う物。
    高品質なものを選んだ方が絶対に良いと思います。