見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

商品やお店を見つけるのが難しい場合

外出

目の病気などで見えにくくなると、買い物が大変ですよね。
商品が見つからない、お店が見つからない。
時には泣きたくなることも。
私は通い慣れた百均が店内の配置を全リニューアルしてしまい、どこに何があるのか一向に分からず困っています。

少しでも買い物を成功させるためのアイディアなどを紹介します。

もくじ
  • 商品を見つけたい
  • お店を見つけたい
  • やっぱりネットショッピングが楽
  • 近未来への大きな期待
  • 商品を見つけたい

    私は弱視(ロービジョン)なため、買い物はネットを利用することが多いのですが、近所のスーパーで買うこともあります。
    いつも購入しているものなら良いのですが、初めての商品だと探すのも困難。
    なので、そんな時は事前に商品の画像を検索して、大きさや形、色などを予習します。
    例えば…

    上画像の商品が目的ならば、
    四角い・斜め半分が青っぽい・斜め半分が黄色っぽい・商品名は黒・側面はたぶん青
    のような感じで覚えて行きます。
    もっと未知の製品の場合は、大きさも把握しておくと探しやすいです。

    この商品予習法は、家族などに買ってきてもらう場合も「こういうデザインの」と見せると、探す手間が多少楽になると思います。

    お店を見つけたい

    フロアマップ、フロアガイドで予習

    駅ビルやデパート、ショッピングモールなどでは公式ページの「フロアガイド」などにフロアマップが載っていることが多いです。
    これを見ること自体が大変なのですが、
    「出かけたのに、とうとうお店を見つけられなかった。無念。」
    というよりはマシです。
    なので行きたいお店がどこにあるのかを、頑張って探して覚えます。
    エスカレーターのすぐ横だとか、端の方だとか。
    同時に周囲のお店も知っておくと、より見つけやすくなります。

    お店や売り場の外見を知っておく

    例えばユニクロは赤、眼鏡のzoffは水色、無印良品はあずき色、のようにブランドの色やデザインがありますね。
    初めて行くお店がどういうカラーで、どういう店構えなのかを知っておくと、見つけやすさがアップします。
    ショッピングモールのホームページなどでは、各店舗の正面写真のような物も掲載しているところもあるので、(大変ではありますが)事前にチェックしておくと、当日無事に到着できる確率が上がります。

    一件で建っているお店の場合

    ビル内のお店ではなく、多くのコンビニなどのように一件で構えているお店の場合です。
    これに関しては、グーグルマップのストリートビューを使うと、映像で確認することが出来ます。
    目的のお店がド派手ならば見つけやすいですが、その確率は低いので、両隣などもチェックしておきます。
    例えば「黒壁のビルの隣」だとか、「ローソンとロッテリアの間」などのように。

    やっぱりネットショッピングが楽

    ここまで書いてきたことは、すべて”目が悪いがためにやらざるを得ない余分なこと”です。
    自分のためなのだから仕方ないとは言え、やはりしんどい時もあります。
    だからやっぱり、ネットショッピングが楽チンです。

    ネットショッピングは、「見えなくて商品を見つけられなかった」「見えなくてお店を見つけられなかった」という悲劇がありいません。
    それだけでなく、弱視の私にとっては、色や価格、商品説明などが言葉で確認できるということも、大いなる助けなのです。

    今まで買い物で、値段を一桁見落としたり、ピンクのつもりが茶色、グレーのつもりがカーキなど色の間違いをしたり、そもそも商品自体を間違えて購入してしまったりと、膨大な「あちゃー(がっくり)」を経験してきました。
    でもオンラインショッピングのサイトならば、価格もじっくり確認できるし、色名も言葉で書いてあるし、商品名も説明文も、見える多きさに拡大すれば確認できます。
    音声読み上げ機能でテキストを読ませることもできます。

    ただ、慣れていないサイトは見えにくくて、どこに何が書いてあるのかわからないことも。
    私の場合はそれがけっこう辛いので、ほとんどAmazonと楽天とマルイで済ませてしまっています。

    余談ですが、お店のレイアウトも、ネットのサイトのレイアウトも、リニューアルしちゃうと見つけるのが大変なんですよね…(涙)

    近未来への大きな期待

    ITが凄まじい速さで発展していますが、スマホを利用したサービスに希望が持てるかもしれません。

    スマホのカメラ機能は、私たちの目の代わりをしてくれます。
    カメラで読み取った画像や文字が、スマホで認識され、それが何なのか分かります。
    スマホの位置情報機能で、今どこにいるのかが分かり、そこに何があるのかをネットワークや情報で知ることができます。

    今現在でも、ナビ機能などを持つアプリが色々ありますが、とても大きな規模でのプロジェクトが実現に向けて動いているようです。

    ある説明会で聞いてきた話で、内容を書いて良いのか分からないので伏せますが、夢のような話でした。
    そしてその夢の実現にむけて、企業や専門家が共同でプロジェクトを進めているのです。
    まさに暗闇の中の希望の光です。
    これを見届けるまでは生きていたいな、と、視覚障害になって初めて「生」への欲望が生まれました。
    現在高齢の方にも間に合うように(…って失礼かもしれませんが、本当に!)、どうか早く実現しますように。

    PR 見やすい&触っても分かる、シチズンのユニセックス腕時計
    ページの先頭に戻る