見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

眩しさ対策 まとめ

外出

「快晴の日は眩しくて見えにくい」
「普通の灯りのはずなのに眩しい」
「車の対向車の普通のヘッドライトが眩しくて、他の物が見えなくなって危険を感じる」

などなど、まぶしさの異常はけっこうあるかと思います。
その原因は白内障をはじめ色々あるので、まずは眼科で検査と診察を受けることが先決。
原因と治療の方針をはっきりさせた上で、眩しさ対策をしましょう!

もくじ
  • 眩しさだけをカット、遮光眼鏡
  • 私が遮光眼鏡にたどり着くまでに試したレンズ
  • そのほか
  • 眩しさだけをカット、遮光眼鏡

    東海光学 ビューナル Viewnal

    私自身、眩しいと見えなくなってしまうため、サングラスはいくつか試してきました。
    最終的に落ち着いたのが、眼鏡レンズ専門メーカー東海光学の遮光眼鏡「ビューナル(Viewnal)」です。

    遮光レンズとは、パンフレットによると

    まぶしさの要因となる500nm以下の短波長光(紫外線+青色光線)を効果的にカットし、それ以外の光を出来るだけ多く通すよう作られた特殊カラーフィルターレンズ

    とのこと。

    レンズは一種類でなく、たくさんのカラーがあり、見え方が異なります。

    私はまずパープルを(ほぼデザイン重視で)購入したのですが、眼科の散瞳点眼(ミドリン:眩しくなる目薬)をした後外に出て、「明るいのに眩しくない」という驚きの体験をしました。
    やはり専門に研究して作られているレンズは違います。
    詳しくはレポートのページに書いています。

    体験レポートと関連ページ 眩しさ対策に、東海光学のビューナル(Viewnal)を購入した話
    東海光学の遮光眼鏡ビューナル(Viewnal)が入る眼鏡ケース

    私が遮光眼鏡にたどり着くまでに試したレンズ

    小さな遮光眼鏡

    屋外スポーツ用途で必要となり、急いで作ったのが
    「普通のメガネのフレームに、遮光レンズを入れたメガネ」
    でした。

    眼鏡店で相談して作ったのですが…
    太陽の下で行うスポーツ用途としては、上や横からの光の入り込みが多くて、結局使えませんでした。
    ただしレンズの質の良さはわかりました。
    明るさを損なわずにまぶしさをカットするというのは確かかも、と実感できました。

    レンズ越しの視界はサングラスよりも良かったのですが、そもそも普通のメガネフレーム(オーバル型で大きくない)に遮光レンズをセットするのって、どうなのでしょう。
    一応ロービジョン相談対応の眼鏡屋さんに行ったのですが、ロービジョン担当の方が不在のようでした。
    担当の人に相談していたなら、フレームの大きさも考えてもらえたのかもしれません。
    というわけで、フレーム選びに失敗したために全体的に失敗に終わってしまった、15000円の遮光眼鏡だったのでした。
    上記「ビューナル」が1万円程度なことを考えると、けっこうな無駄遣いでした⤵︎⤵︎

    スポーツサングラス

    zoff スポーツ

    遮光眼鏡ほど見やすくはないように思いますが、フレームの形の点で良かったのがスポーツサングラスでした。
    顔に沿うようにカーブしているので、隙間から入り込む光をけっこう遮ることが出来るのですね。
    上写真は、数年前にzoffで購入したスポーツサングラス。
    黄色いレンズをはめていますが、[黄・青・黒]の3色がセットになっていて、環境や用途によってレンズをはめ変えて使えるものでした。

    今はもう母にあげてしまいましたが、自転車に乗る時の西日の眩しさ対策に活躍しているそうです。

    そのほか

    最初に紹介した東海光学の遮光眼鏡は、度入りの物も作れるようです。
    また、見え方によっては室内でも遮光眼鏡が必要な場合もありますが、「太陽光で自動に発色する」という効果により室内も屋内も一つのメガネで対応できるCCP ATというものもあるようです。
    私が購入したのはメガネの上から掛けられるオーバーグラスタイプでしたが、様々な「眩しさ」対策のための眼鏡があるようなので、東海光学のホームページをご覧になると参考になると思います。

    ページの先頭に戻る