家で出来る運動グッズ3選

美容・健康

目が見えにくくなってくると運動をするのも難しくなりがち。

さらに、見えないものを見ようとして無理な姿勢を続け、体に負担を掛けてしまいがちです。

そこで今回は、家で気軽に出来る運動とグッズを紹介したいと思います。

ストレッチポール…背中のコリに最高(私感)

リセットポール(私物)

「ストレッチポール」という名称は株式会社LPNの登録商標で、同様の物に「リセットポール」「エクササイズポール」「ヨガポール」などがあります。

公式サイトによると、その効果は

筋肉がゆるむ・背骨が整う・呼吸が深くなる・副交感神経が優位になる

など。

私は予算の都合上、リセットポール(上画像)を使っていますが、少なくとも上記の前半二つは強く実感します。

視力低下が緩慢に進んだ上、首にも腰にも難があり、常に背中が辛いのですが、これを使うとかなり楽になります。というか使っている間が快感です。

まずは基本の「ベーシックセブン」がおすすめです。(下動画)

個人的におすすめなのは、以下の画像のように手を頭の上から太ももの脇まで、床に触れた状態で動かす動作。

凝り固まっている私は、初めてこれをやった時に感激したものでした。

ストレッチポールでのお気に入り運動

最初に書いたように、本家以外に同様の製品が色々あります。

重要なのは形と大きさだけでなく、硬さもだと思っています。

私のリセットポールも私にとっては100点ですが、ベストな効果を求めたい方はやはり本家本元のストレッチポールが良いのかもしれません。

ジムボール(ミニボール)…小さいのにすごいヤツ

ジムボール(私物)

「バランスボール」は多くの人が知っていると思いますが、あれ、良いけど大きくて邪魔なんですよね(持ってるけど邪魔で空気を抜いてしまいました)。

そこでお勧めなのが、ジムボール。

直径23cmくらいの小さなボールなのですが、体幹を鍛えたり、筋トレ的な運動をしたり、ストレッチも出来たりするという有能さ。

バランスボールと同様、空気の入れ具合を調節して、多くの用途に使えます。

私はスポーツ施設にもあった「ギムニク(GYMNIC)」(上画像)を愛用しています。

このギムニク公式サイトに使い方の例が載っているので、参考にしてみてください。

SOFTGYMを使う行うエクササイズ20

これ以外にも、挙げきれないほどたくさんの使い方があります。

他にも同じくらいの大きさで、ヨガボールミニ、ピラティスボールミニ、ジムボールミニなど色々な製品があります。

ただ、私はギムニクより前に安価なボールを買ったら、空気を入れてみたら球にならず歪んでいました。

安価すぎる物には注意が必要かも知れません。

セラバンド、セラチューブ

「セラバンド」「セラチューブ」は、(恐らく)D&M株式会社が販売している商品で、他のメーカーの類似品では「トレーニングチューブ」「ゴムバンド」などがあります。

私は「色が可愛い」というだけの安易な理由で他社製を選んで購入してしまったのですが(下画像)、セラチューブとは使用感が全く異なり、自分の筋力には合わず、押し入れの肥やしに。

トレーニングチューブ

「セラバンド」「セラチューブ」は高齢者のリハビリからアスリートのトレーニングまで幅広く使われています。

強度が8種類あり、下画像のように色分けされています。

ちなみに筋力なしの私は、黄色と赤がちょうど良かったです。

セラバンドとセラチューブ、どちらを選べば良いの?と迷いそうですが、

・セラバンド=握りやすい、体に食い込みにくい

・セラチューブ=耐久性に優れている

というそれぞれの特長があるので、どのようにどの程度使うのか、自身の目的や好みで選ぶのが良いと思います。

ちなみに私が今度買うならば、セラバンドにするつもりです。

まとめ

以上、目が見えにくくなっても安全に家の中で運動ができるグッズ3選の紹介でした。

どれもスポーツ施設で出会った物で、使ってみて良かったので家でも使おうと思ったグッズ達です。

スキマ時間にちょこっと使うだけで、体はもちろん、心のリフレッシュにもなります♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました