見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

網膜に直接映像を投影って?!スマートグラスRETISSA Display

その他:イベント・見学レポート

網膜に直接ですと?!

2019年7月の全国ロービジョンセミナー(in新宿区戸山)の併設会場での、ロービジョン機器展示会。
色々なメーカーや団体の出展を見ることが出来ましたが、体験して一番驚愕したのがQDレーザーさんのRETISSA Displayというアイウェアでした。


QD LASER RETISSA Displayのページ
サイトのデザインがまた素敵です!
なんでも、微弱なレーザ光を網膜へ投影し、それによって網膜に映った映像が見えるみたいです。
って聞いても良くわかっていなかった私は、好奇心で見え方を体験させていただくことにしました。

体験

どうもキーは「網膜らしい」ということだけは悟りましたが、あいにく数十年に及ぶ炎症の繰り返しで、両目とも私の網膜は弱っています。
おまけに長年利き目だった右目は、網膜剥離になってシリコンオイルが入り、すっかり戦力外。
まだ左目で見ることにも慣れきっていないのですが、少しマシであろう左目で試すことにしました。
*このアイウェアは片目で見るもので、右目用と左目用がそれぞれあります。

早速装着(普通にメガネをかけるだけ)すると、数十センチ離れた場所に映像がありました。
担当の方が、そこに色々なものを映してくれ、私はそれを「あ、見えました!」と見る感じ。
この時点では、てっきりその数十センチ離れた場所に画面があり、それをメガネがピントを合わせたり拡大したりして、画面を見ているのだと勘違いしていたのです。
ところが実際には、画面など存在していなかったのです!!!

実際にはこのRETISSA DisplayのボックスにHDMIでスマホを接続し、そのスマホの映像がRETISSA Displayのアイウェアから直接私の網膜にレーザーで描かれていたのです!
だから例えばスマホのカメラアプリを起動して背後を移せば、背後の映像が網膜に描かれます。
わかったような、わからないような。
これは体感するのが一番だと思います。

実用は?

*あくまでも素人な個人の勝手な思いです*
網膜に視力(視能力)が無いと見えないと思うので、有効な人と有効で無い人がいるでしょう。
しかし網膜が完璧でないとダメ、というのではなく、残存視野・残存視力があれば、可能性がありそうにも思います。
例えば私は、中心視野がすっぽり欠けています。
このせいで、遠くを見ようとすると視野が広がり、中心の見えない穴も大きくなってしまいます。
逆に近ければ近いほど視野が狭まるので、中心の見えない穴も小さくなります。
とにかく離れれば離れるほど見えなくなります。ピントを適正距離に合わせても見えません。

そのような見え方なので、実際の視距離が影響しないこのアイウェアは、もしかしたら私の網膜(ダメージ大&変性大)でも、[私自身の視力]よりも良い視力をもたらしてくれるのではないかと期待します。
また、さらに新しいヴァージョンを製作中のようで、そちらはもっともっと期待が大きいです。

仕組みを素人なりに理解した今、改めてもう一度試してみたくて仕方ありません。

購入は?

上にも書いた
QD LASER RETISSA Displayのページ
より、文中の「取扱店」をクリックすると取扱店の一覧が分かります。
ちなみに楽天やAmazonでも取り扱っているようです。

もちろん購入前に必ず体験するべき製品です。
体験は上記の取扱店や、私が今回行ったような展示会などで出来るようです。

医療には限界があるし、治癒を求めるには限度があります。
失った機能をテクノロジーで補完する方が、難しくはあっても現実味があるように感じます。
失った視力を取り戻してくれる技術はまさに光です。
期待せずにいられません。

PR 最短20センチから遠くまで見える、遠近マルチ単眼鏡。
フィンガーリング付きで持ちやすい!
ページの先頭に戻る