見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

ラボクリップの使用感想

読み書き:ルーペ

ラボクリップのケース、レンズ3種、クリップを並べた写真
メニュー
  • 唯一の生き残り、私の装着型ルーペ
  • ラボシリーズ
  • 中心視野欠損・視覚障害のある私個人の感想
  • クリップ、フレーム、ヘッド…どれが良いのか?
  • 唯一の生き残り、私の装着型ルーペ

    これまで試した装着型ルーペが壊れて行った中、さすがドイツ製の頑丈なラボクリップはビクともせずに健在です。
    ラボシリーズのレンズは
    1.7倍、2倍、2.5倍、3倍、4倍(片眼用)、7倍(片眼用)
    の6種類がありますが、私は2.0倍と3.0倍と7.0倍を購入しました。
    (*4倍と7倍は、ラボクリップとラボフレームのみ)
    ただし、私の見え方(見えなさ)では、装着型のルーペはあまり相性が良くありません。
    両眼とも中心視野が大きく欠けている点や、視力自体がかなり弱いためです。

    なのでたまに取り出して装着してみる程度の使用頻度。
    その程度の知識と経験であることを、先にお断りしておきます。

    ラボクリップ

    クリップはこんな感じです。
    手前がメガネに挟む部分。
    写真は、3倍のレンズを付けています。

    クリップにルーペ を取り付けた写真

    メガネにつけると下の画像のような感じ。
    軽さも重要なポイントとなってきますが、
    レンズ+クリップ=約14〜22gという超軽量です。
    そしてこのクリップから先(ルーペ)部分は、 上に跳ね上げることができるので、メガネに装着しておいて必要な時だけ ルーペ部分を下ろして使う、という使い方ができます。

    メガネに装着した写真

    4倍と7倍は片眼用の丸いレンズで、眼鏡の左右どちらかの部分に固定して使います。

    エッシェンバッハのラボシリーズ

    ラボシリーズは

  • ラボクリップ(メガネに挟んで付ける)
  • ラボフレーム(メガネフレームタイプ)
  • ラボヘッド(ヘッドバンドタイプ)
  • の3種類があります。

    ラボクリップ
    ラボフレーム
    ラボヘッド

    そしてそれぞれに共通で付けられるレンズは、
    倍率1.7倍、2.0倍、2.5倍、3.0倍
    の4種類あります。
    また、ラボクリップとラボフレームには片眼用の
    4.0倍、7.0倍
    のレンズも付けることが出来ます。
    レンズも本体も単品購入ができます。

    レンズ倍率が異なると、ピントの合う距離が変わり、そのために作業距離も変わってきます。
    エッシェンバッハのラボシリーズの公式ページによると、

    倍率:1.7倍約40cm
    倍率:2倍約25cm
    倍率:2.5倍約18cm
    倍率:3倍約13cm
    倍率:4倍約5.5cm
    倍率:7倍約3.2cm

    と書かれています。

    中心視野欠損・視覚障害のある私個人の感想

    以下は完全に個人的見解で、間違っている可能性もあります。

    私は両眼とも中心視野が欠けています。
    さらに視野の周辺部でも、歪み、濁り、小さな穴あきのような視野の欠けがあります。
    そんな状態なので、中心以外の視野で探し当てて見る感じなのですが、視力が足りないせいか、無意識に推測や経験も併用して見ている感じです。
    様々なヒントを寄せ集め、合わせて、考えて、正解を導き出しているような感じでしょうか。

    さて。
    このように「中心視野以外の総合判断」で物を見ている私には、どうもこのラボシリーズのレンズの小ささが、相性が良くないように感じました。
    レンズ自体の質の高さには満足なのですが、無装着よりもずっと狭くなった視界だと前述の「ヒント」を寄せ集めることが出来ず、だから見るのが大変…そんな印象なのです。

    ただ、これには使用目的によって、合う・合わないは変わってくると思います。
    私の場合、2倍、3倍はパソコン作業用にと思い、7倍は読書が出来るかと期待を込めて購入してみました。
    結果、パソコン作業は視界の狭さから難しく、読書は焦点距離合わせの難しさで瞬時に疲れ、結局のところ当初の目的には使えずじまいでした。

    もし大きなフレームの眼鏡と同じくらいの視界があったならば、使ってみたいです。
    過去に安価な装着型ルーペで、レンズサイズの大きなものも試しましたが、レンズの質が悪くて見え方は悪かったですが、その視野の広さだけは快適でした。
    高倍率、高品質で視野の広い物があったら、視力低下が進んだ今でも試してみたいと思います。

    クリップ、フレーム、ヘッド…どれが良いのか?

    私の場合はメガネとセットで使うため、ラボクリップを選びました。
    収納がコンパクトなのもメリットだと思います。。
    メガネはたくさん持っていますが、メタルフレームでもせるフレームでも、分厚いレンズでも、どんなメガネでも普通に装着できます。

    ただ鼻が極端に低い者としては、鼻で支えなくて済むラボヘッドが楽なのかなとも思います。
    ヘッドルーペって外見がすごくカッコ悪いですが、それでも長い間たくさんの需要と供給があるということは、やはり使い心地が良いのかもと思います。

    また、ラボフレームは”メイクの時に使用している”という意見を見て以来、 その使い方に興味も抱いています。
    レンズと目の間に距離があるため、その間からメイクが出来るそうです。

    ラボクリップ以外は、使ったことも実物を見たこともないのでなんとも言えませんが、 サイズのことも気になります。
    ドイツ製だし男女兼用なので、小柄な日本女子には合わなそうな気もするのです。
    実際、マックスディテールは私には大きくてフィットせず(*)、 常に落ち着かない感じがありました。
    その点、ラボクリップならばメガネに付けるだけなので、体格差のサイズは関係ありません。

    * マックスディテールはクリップタイプもあるので、その場合はこの問題は解消します。

    左がマックスディテール、右がマックスディテール クリップ



    ページの先頭に戻る