見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

ダークモード

IT:視覚障害とiPhone/iPad

関連記事 視覚障害とiPhone/iPad 便利機能一覧

見え方・見えなさによっては、[白背景×黒文字]よりも[黒背景×白文字]の方が見やすいようですね。
背景を黒く、文字を白くするには、アクセシビリティの反転(スマート)を使う方法がありますが、もっと手軽なのがダークモードです。
このページでは、ダークモードについて書きたいと思います。

関連記事 反転(スマート)と反転(クラシック)
もくじ
  • 外観モード
  • コントロールセンターでダークモードに切り替える
  • ダークモードの難点
  • 外観モード

    上の画像は、左の二つが通常の画面、右の二つがダークモードの画面です。
    これらは「外観モード」という項目で設定することが出来ます。

    外観モードは、
    [設定]アプリ>「画面表示と明るさ」>「外観モード」
    で、「ライト」か「ダーク」かを選びます。
    また、「自動」という項目をオンにすると、「日の入から日の出まで」か「カスタムスケジュール」で自分で時刻を設定することが出来ます。

    コントロールセンターでダークモードに切り替える

    上記のとおり[設定]アプリ内で切り替えたり、自動に切り替わるように設定したりできるのですが、コントロールセンターを使えば、もっと簡単にライトモードとダークモードを切り替えることが出来ます。

    ダークモードアイコンで切り替える方法

    上画像の赤い丸で囲んだアイコンが、ダークモードのアイコンです。
    これをタップするたびに、ダークモードとライトモードが切り替わります。

    コントロールセンターを開いてみて、このアイコンが無いようならば、
    [設定]アプリ>「コントロールセンター」で、「ダークモード」を含めます。

    詳しくはこちら コントロールセンターについて

    「明るさ」から切り替える方法

    コントロールセンターの「明るさ」バー(上画像 左)を長押しすると、上画像 右のような画面になります。
    この左下にあるアイコンをタップすると、ダークモードのオン/オフを切り替えることが出来ます。

    ダークモードの難点

    ダークモード自体の見やすさ・見えにくさは、個人個人で異なると思うので、それには触れません。
    ただ、ダークモードへの対応はアプリによって異なり、
    「iPhone自体をダークモードにしても、アプリはライトモードのまま」
    という物が少なくありません。
    その場合、黒い画面に慣れた目に、真っ白い明るい画面が飛び込んできて辛い人が少なくないのではないかと思います。

    この点を解決するには、ダークモードではなくアクセシビリティの反転(スマート)の方が、白っぽい明るい物を黒っぽい暗いものに変換してくれるので、良いかも知れません。
    ただ、色が変に反転してしまうものもあり(他社製天気アプリの「晴れ」のオレンジ色が青になってしまうとか)、一長一短に思います。

    PR
    5パーセントの奇跡 ~嘘から始まる素敵な人生~
    病気で95%の資格を失った青年が、やりたいことを諦めずに挑戦するストーリー。
    実話に基づいたお話ですが、とっても楽しくてハッピーで「何でも出来る!」という元気が湧いてくる映画です。
    未見の方はぜひ!
    ページの先頭に戻る