見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

Assistive Touchも活用

IT:視覚障害とiPhone/iPad

関連記事 視覚障害とiPhone/iPad 便利機能一覧

Assistive Touchは、視覚障害関連ではなく「身体機能および操作」の中にあるアクセシビリティ機能の一つです。
これを有効にすると画面上にボタンが現れるのですが、このボタンにさまざまな機能を割り当てられることが出来ます。
本来の用途とは少し異なるかも知れませんが、便利なので紹介しておきます。

もくじ
  • Assistive Touchで出来ること
  • Assistive Touchに「画面の読み上げ」を設定する
  • 他の機能と組み合わせても
  • Assistive Touchで出来ること

    このボタンが見える視力があること、というのが前提になりますが…
    視覚サポートに直接または間接に関係のありそうな機能は、
    ・Siri
    ・アクセシビリティショートカット
    ・コントロールセンター
    ・画面の読み上げ
    ・ショートカット(ショートカットアプリで作ったショートカット)
    などだと思います。

    例として、画面の読み上げ機能を設定してみましょう。

    Assistive Touchに「画面の読み上げ」を設定する

    [設定]アプリを開きます。
    「アクセシビリティ」>「タッチ」>「Assistive Touch」
    と選択していきます。
    すると、下画像のような画面が表示されます。

    ここで、一番上の「Assistive Touch」をオンにします。
    そして「カスタムアクション」の「シングルタップ/ダブルタップ/長押し」のどれかを選びます。

    すると、下画像のような画面が表示されます。
    少し下に行くと、「画面の読み上げ」という項目があるので、タップします。
    「画面の読み上げ」にチェック(✔)が入ったのを確認し、左上の「<戻る」をタップします。

    設定は完了です。
    例えば「シングルタップ」を選んだのなら、画面上のボタンをタップするだけで画面の読み上げが始まります。

    他の機能と組み合わせても

    なにしろ視覚とは関係のない機能なので、このボタン自体が見えにくいのが難点なのですが。
    もしボタンを探したり、画面上に常に置いておいたりすることが支障ないならば、ボタンのトリプルクリックや背面タップなどと併用して、さまざまなショートカットが出来ると思います。

    Assistive Touchだけでも3種類の動作、背面タップは2種類の動作、それとトリプルクリック。
    全部使えば、合計6種類ものショートカットを割り当てておけます。

    また、視覚サポートとは関係ないですが、スクリーンショットやSiri、音量の上げ下げや消音など、本体のボタンを押さずにこのAssistive Touchボタンタップで実行することも出来るので、ボタン操作が苦手な方や、手が痛い時などにも便利だと思います。

    PR ワンプッシュでひと皿分(約3cc)出せる、しょうゆ差し
    ページの先頭に戻る