見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

視差効果を減らす

IT:視覚障害とiPhone/iPad

関連記事 視覚障害とiPhone/iPad 便利機能一覧

iPhone/iPadの視覚アクセシビリティのひとつに「視差効果を減らす」というものがあります。
これをオンにすると何が変わるのか、見てみたいと思います。

もくじ
  • 「視差効果を減らす」をオンにして変わったこと
  • 「視差効果を減らす」はここにある
  • 「視差効果を減らす」をオンにして変わったこと

    ロック解除してホーム画面が表示される時の、効果的な動きが無くなった。
    アプリを開くときのズームインする感じ、アプリと閉じる時のズームアウトする感じが無くなった。
    Appスイッチャーでスライドさせた時の滑る感じが無くなった。

    他に何があるだろう…と公式サイトを見てみたら、
    ・デバイスを傾けた時に壁紙やApp、通知などが少し揺れ動く効果が無効になるとか。
    (揺れていたのか…)
    ・天気アプリのアニメーションなど、特定のAppのアニメーションやエフェクトが無効になるとか。
    (標準アプリの天気は見えにくいので削除してしまった…)

    などなど、とにかく「動き」を減らしているようです。

    クロスフェードを優先

    「視差効果を減らす」をオンにすると現れる、「クロスフェードを優先」のオン/オフ。
    これは

    スライドして画面に表示される、または画面から消えるインターフェース要素の動作を減らします。

    とのことで、読むと「なるほど」と思うのですが、実際にオンとオフとの違いを見極めようとしても分かりませんでした。
    分かったら追記したいと思います。

    「視差効果を減らす」はここにある

    [設定]アプリ>「アクセシビリティ」>「動作」
    の中にあります。

    ヒント 上記の手順が「??」な場合はこちらを参考にしてください。
    基本の基本(視覚障害とiPhone/iPad 便利機能一覧)
    PR 最短20センチから遠くまで見える、遠近マルチ単眼鏡。
    フィンガーリング付きで持ちやすい!
    ページの先頭に戻る