見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

iPhoneがまるで電子ルーペのようにようになるアプリ「明るく大きく」

便利なアプリ

iPhoneの標準アプリである「拡大鏡」も、なかなか便利に使えますが、
「明るく大きく」というアプリは、もっと大きく見やすく、操作も簡単です。
とっても便利なのに、無料でしかも広告もなし。
有難い限りです。

アプリについての正確な説明は、開発者さんのウェブサイトやアプリ内にあるので、正しくはそちらをご覧になってください。
このページでは、単なる1ユーザである私自身の言葉で勝手に紹介します。
単語や理解に間違いがある可能性もあることを、ご了承下さい。

機能一覧

上の画像のそれぞれのボタンにつけた単語は、私が勝手に書いたものです。
正しい説明は製作者様のサイトなどをご覧ください。
ここでは実際の見え方を見比べてみます。
以下の画像は、対象物とiPhoneの位置を変えずに撮影したものです。

大きく(拡大)

画面の下に拡大率を変えるダイヤルがあります。
上の画像は左から拡大なしの等倍、10倍、20倍を同じ条件で映したものです。
たぶん最初の設定では、最大倍率は10倍だと思います。
最大倍率を20倍にするには、画面左上にある設定メニューの中に「ズーム最大倍率を20倍」と言う項目があるのでそれをオンにします。

iPhoneの標準アプリである「拡大鏡」では、こんなに大きなズームはできません。

明るく

明るさの調整は、画面左下にあるダイヤルでおこないます。
上画像の左側は、明るさを最大限にした様子。
右側は明るさを1番暗くした様子です。

くっきり

画面右下にあるダイヤルで、コントラストの調節もすることができます。
上の画像はコントラストを最大限にしたものです。
色がくっきりし、文字の輪郭もはっきりしたと思います。

ライト

左上の上から3つ目のボタンをタップすると、ライトが点灯して、対象物を明るく照らしてくれます。
この撮影は日中の明るい環境で行ったので、ライトの良さが表せていませんが、薄暗い所ではとても便利な機能でしょう。

白黒反転

画面右上の上から2番目のボタンをタップすると、白黒が反転します。
白背景だと見えにくい人に、特に便利な機能なのではないでしょうか。
白黒が反転した状態でも、コントラストや明るさを調整することができます。

斜め上からボタン

画面左上の1番下のボタンです。 例えば机の上に書類を置いて、椅子に座った状態で手前から撮影するとします。
するとどうしても傾きが出ますよね。
奥の方が小さくなって、手前が大きくなってしまいます。
しかしこの「斜め上からボタン」を押すことで、その傾きを補正することができるのです。
補正の強さは、設定のメニューの中で調節することもできます。

これ、凄い機能だと思うんです。
ぜひともその様子を画像でお見せしたいのですが、現在著者は肩腕を骨折中(汗)
片手生活の真っ最中です。
その状況では思うような撮影ができなかったので、これについては後日追記したいと思います。

その他

「静止」は、画像を一時的に静止画像にできます。
カメラのボタンは保存ボタン。これをタップすると、写っている画像を写真として保存することができます。

その他、設定メニューでもう少し細かい設定ができます。
iPhoneだけでなく、アンドロイドでもアプリがあるようです。
またiPadで使うと、よりいろいろな使い道があるのではないでしょうか。

本当に便利なアプリだと思うので、見えにくさを感じている人は試してみると良いのではないかと思います。

PR 約3.8倍〜16倍の拡大と白黒反転で見やすく!
携帯できる3.5インチモニタのデジタルルーペ
ページの先頭に戻る