見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

VoiceOverマスター(4)スクロールなど

IT:視覚障害とiPhone/iPad

VoiceOverをマスターする もくじ

このページではVoiceOverのスクロールについてまとめます。
VoiceOverを使ってのスクロールは、1ページ単位になります。

もくじ
  • 上下にスクロールする
  • 左右にスクロールする
  • スクロールの実際
  • 上下にスクロールする

    VoiceOver 上下のスクロール

    画面を下にスクロールする場合は、3本指で上方向にスワイプします。
    画面を上にスクロールする場合は、3本指で下方向にスワイプします。

    用語の意味 スワイプ:画面に指を乗せたまま滑らせる動作

    左右にスクロールする

    VoiceOver 左右のスクロール

    画面を右にスクロールする場合は、3本指で左方向にスワイプします。
    画面を左にスクロールする場合は、3本指で右方向にスワイプします。

    スクロールの実際

    上に書いたように、VoiceOver使用時のスクロールは3本指でのスワイプ操作で行います。
    上下のスクロール(3本指の上下スワイプ)は、例えば設定アプリやSafari、メッセージ、メールなど、行がたくさん連なっているアプリなどでよく使います。
    ただし、設定アプリの「見出し」や、Safariのアドレス欄やツールバー、メッセージアプリやメールアプリの画面上部や見出し、検索フィールドなどが選択されている時は、スクロールは無効になります。
    スクロールさせたいのに「コン」というような効果音がしてスクロールできない場合は、どこを選択しているか確認してください。

    VoiceOver スクロール例

    左右のスクロールは、ホーム画面で他のページに移動する時などに良く使います。
    こちらも、上部のステータスバーの項目や、下部のDockの項目が選択されている時はスクロール出来ません。

    VoiceOver ホーム画面のスクロール

    次のページでは、その他の基本的な操作について書きます。

    PR 社会福祉法人全国ろう盲者協会協力のもとで開発されたデジタルタイマー
    ページの先頭に戻る