見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

VoiceOverマスター(2)選択と実行

IT:視覚障害とiPhone/iPad

VoiceOverをマスターする もくじ

まずは基本中の基本をまとめます。
ちなみにこれら色々な操作について、「ジェスチャ」と呼ばれています。

もくじ
  • 先に…VoiceOverの読み上げ速度
  • 項目を選択する
  • 選択した項目を有効にする
  • 次の/前の項目を選択する
  • 画面上の最初の/最後の項目を選択する
  • おさらいと実習
  • 先に…VoiceOverの読み上げ速度

    基本のジェスチャの前に…
    もし読み上げ速度が速すぎる(または遅すぎる)場合は、速度を変更しておきましょう。
    [設定]アプリ>アクセシビリティ>VoiceOver>読み上げ速度
    のところで変更できます。

    項目を選択する

    基本中の基本の動作。
    タップ(タッチ)すると、その部分が選択されて読み上げされます。

    用語の意味 タップ:画面を指で軽く叩く
    タッチ:触れる

    選択した項目を有効にする

    選択したアプリを開いたり、選択したメニューを実行したりします。
    2種類の方法があります。

    方法 その1

    例えばアプリを開きたい場合は、アプリを選択し、さらに画面のどこでも良いのでダブルタップします。
    つまり、
    1 アプリをタップ
    2 トントン(=ダブルタップ)
    という動作になります。

    方法 その2(おすすめ)

    1本目の指で選択したまま指を離さずに、2本目の指で画面のどこかをタップします。
    (タップしたら両方の指は画面から離します)
    この方法をスプリットタップと言います。

    例えば、人差し指で画面上を探り、目当てのアプリ(や項目など)が読み上げられたら、人差し指はそのままに、中指でタップし、両方の指を画面から離します。
    慣れるととても効率よく出来るので、おすすめです。

    次の/前の項目を選択する

    ホーム画面でも、様々なアプリでも、Web閲覧でも、便利で必要な操作です。
    全てを読み上げていると効率が悪いですが、この方法は細かな頭出しのように次々と先に移動できるので、目的の項目や情報に素早くたどり着けます。

    次の項目→右にスワイプする
    前の項目→左にスワイプする

    用語の意味 スワイプ:画面に指を触れた状態で、指を滑らせる

    画面上の最初の/最後の項目を選択する

    最初の項目を選択する

    VoiceOver 最初の項目を選択する

    画面上にある一番最初の項目を選択するには、画面の上部近くを4本指でタップします。
    例えば上画像は[設定]アプリで「一般」メニューを開いた状態ですが、上部を4本指でタップするとこの画面の一番最初の項目である「設定」(左上端)が選択されます。

    最後の項目を選択する

    VoiceOver 最後の項目を選択する

    画面上にある一番最後の項目を選択するには、画面の下部近くを4本指でタップします。
    例えば上画像は[設定]アプリで「一般」メニューを開いた状態ですが、下部を4本指でタップするとこの画面の一番最後の項目である「シスタム終了」(最下部)が選択されます。

    おさらいと実習

    さて、このページでは

  • タップで選択
  • 選択した項目をダブルタップで有効にする(もしくはスプリットタップ)
  • 前後の項目を選択する、右・左スワイプ
  • 一番最初/最後の項目を選択する4本指タップ
  • というジェスチャについて学びました。

    最後に実際にやってみて確認しましょう。
    例に、時計アプリを使ってみます。

    (1)まず時計アプリを選択します。
    直接タップで選択しても良いし、現在いるアプリから右または左にスワイプして時計アプリまでたどり着きましょう。

    選択した時計アプリを、画面をダブルタップして開きます。
    もしくはスプリットタップで、時計アプリに触れたままもう一本の指で画面をタップして開きます。

    (2)時計アプリが開きます。
    最後に使った項目が表示されていると思いますが、ここで画面の下部を4本指タップしましょう。
    すると画面の最後の項目である「タイマー」が選択されます。

    (3)タイマーが選択されたら、左にスワイプして「世界時計」まで移動しましょう。

    (4)その状態でダブルタップすると、世界時計が表示されます。
    左スワイプで前の項目に移動すると、登録している都市名と時間が読み上げられます。

    以上、簡単なおさらいでした。
    次のページでは、画面の読み上げについて見ていきたいと思います。

    PR 見やすい&触っても分かる、シチズンのユニセックス腕時計
    ページの先頭に戻る