見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

ボイス オブ デイジーにMacからデータを入れる方法

ロービジョンのMac活用術

もくじ
  • iTunesが無くなった
  • Macからボイスオブデージーアプリにファイルを転送する方法
  • おまけ(1)ダウンロードしたファイルが、フォルダになっている場合
  • おまけ(2)サイドバーにiPhone(など)が表示されない場合
  • 最後に
  • iTunesが無くなった

    2019年10月のアップデート、macOS Catalinaでは、iTunesアプリが無くなりました。
    いつものようにサピエからダウンロードしたデータを、ボイスオブデイジーに転送しようとして、iTunes(だと思ったが正しくは「ミュージック」)を開いたら、今までの「ファイル共有」という項目が無くなっていて固まった私です。

    これは別に機能が使えなくなった悲報ではなく、方法が変わっただけでした。
    以下にその新しい方法を書いておこうと思います。

    なお、この変更当初は私はボイスオブデイジー4を、その後にボイスオブデイジー5を使っていますが、どちらも同じ方法で出来ています。

    Macからボイスオブデージーアプリにファイルを転送する方法

    ー概要ー 1.MacにiPhone(など)を接続します。
    2.なんでも良いのでウィンドウを開く(フォルダをダブルクリックするなど)
    3.サイドバーからiPhone(など)を選ぶ
    4.「ファイル」の中にあるボイスオブデイジーに、データをドラッグ

    以下、くわしく説明します。

    1.MacにiPhone(など)を接続

    ケーブルを使って、MacとiPhone(など)を接続します。
    そしてiPhoneのロックを解除しておきます。

    2.なんでも良いのでウィンドウを開く

    フォルダでも、Macintosh HDでもなんでも良いので、ダブルクリックしてウィンドウを開きます。
    用があるのはサイドバーなので、なんでも良いのです。

    3.サイドバーからiPhone(など)を選ぶ

    サイドバー(ウィンドウの左側にあるリスト表示みたいなところ)の中に、接続しているiPhone(など)があるので、それを選択します。
    すると上画像のように、iPhone(など)のウィンドウになり、ここで管理などができるようになります。

    *もしサイドバーの中にiPhone(など)の表示が無い場合は、下記を参考にしてみてください。

    4.「ファイル」の中にあるボイスオブデイジーに、データをドラッグ

    早速ですが、「ファイルってどこやねん?」と思われるかも知れません。
    上画像のように、デバイス名(iPhoneなど)の下に、「一般」「ミュージック」「映画」…など、小さい字で色々な項目がありますが、この最後の方に「ファイル」という項目もあります。
    この「ファイル」が表示されていない場合は、右端の「>」をクリックするか

    もしくはこのウィンドウを横に広げると出てきます。

    「ファイル」をクリックすると、iPhone(など)内にある、ファイル共有機能のあるアプリがずらっと出てきます。
    目的のボイスオブデイジーもあるはずです。

    あとは、ダウンロードしたファイルを、この「ボイスオブデイジー」にドラッグするだけです!

    おまけ(1)ダウンロードしたファイルが、フォルダになっている場合

    サピエからダウンロードしたファイルは、たいがい「〇〇.exe」という圧縮ファイルになっていて、これを上記の方法でドラッグすれば良いのですが、たまに圧縮されていなくてフォルダになっている物があります。
    少し前まで私はこれは使えないのだろうと諦めていたのですが、そんなことはなく、これも普通に使えるのでした。

    フォルダ状になっているデータを、ボイスオブデイジーに転送する方法は、

    そのフォルダを圧縮する

    だけのことなのです! <
    何か特別なソフト(アプリ)が要るわけでもなく、簡単に出来ます。

    圧縮のしかた

    目的のフォルダを、 ・コントロールキーを押しながらクリック または
    ・右クリック
    します。
    するとメニューが色々出てくる(上画像)ので、その中から「〇〇(フォルダ名)を圧縮」を選びます。
    「〇〇(フォルダ名).zip」という圧縮されたファイルが出来るので、それを上記の方法でボイスオブデイジーに転送します。

    おまけ(2)サイドバーにiPhone(など)が表示されない場合

    可能性1

    サイドバーは「よく使う項目」「iCloud」「場所」「タグ」のそれぞれの項目ごとに仕切られています。
    iPhone(など)は、「場所」内に分類されているのですが、この「場所」が「非表示」になっているのかも知れません。

    上の画像は非表示になっている様子です。
    「場所」と書いてあるあたりにマウスカーソルを持っていくと、右の方に「表示」という文字が現れます。
    この「表示」をクリックすると、「場所」に分類されている物たちが現れます。

    可能性2

    サイドバーに表示する項目の選択肢に入っていないのかも知れません。 この設定は、
    Finder > 環境設定 > サイドバー
    で行います。

    1.Finderウィンドウ(何のアプリも選択していない画面)で、「Finder」→「環境設定」を選びます。

    2.Finder環境設定ウィンドウが開くので、上部の項目の中から「サイドバー」を選びます。
    ここで、サイドバーに表示する項目を指定できます。

    iPhone(など)は、「CD、DVD、およびiOSデバイス」という項目に含まれるので、ここにチェックを入れます。

    最後に

    かつて普通に文字が読める視力だった頃、私にとって本は欠かせない物でした。
    仕事帰りに遅くまで空いている書店で本を買い、休日には図書館で本を借り、移動時間や寝る前のひとときには必ず本を読んでいました。
    続きが気になって、睡魔に抵抗し頬をつねりながら読んだ本もありました。

    病気で視力低下が進み、本が読めなくなってからは、人生から色を奪われたような虚無感に襲われました。
    ベッドに入ってから眠りにつくまでの数十分が虚しく、悲しかったものです。

    そんな中、サピエの存在を知り、まさに人生に色を取り戻しました。
    私にとって読書は、体に食物が必要であるのと同じように、頭と心に必要で欠かせないものなのです。
    日本全国の音訳ボランティアの方々、サピエを運営しておられる方々、関わっている全ての方には、感謝の気持ちでいっぱいです。

    また、これら音声図書専用の再生機器の購入は、視覚障害2級以上でないと補助を受けられません。
    ですが「ボイスオブデイジー」アプリ(有料)を使えば、サピエ利用者であればほとんどの図書を聴くことが出来ます。
    私も3級なので、このアプリのおかげで読書(聴書)を楽しめています。
    ボイスオブデイジーの開発者関係者皆様にも、心から感謝しています!

    関連 ボイス オブ デイジー 5を迷って買って良かった話
    サピエとデイジーで私は読書を取り戻せた
    ページの先頭に戻る