見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

あらゆる文字をピンポイントで超拡大する

ロービジョンのMac活用術

もくじ
  • すごい新機能、来たる
  • 設定しよう
  • 使ってみよう
  • 可能性が広がる予感
  • すごい新機能、来たる

    上の画像をご覧ください。
    Dock(このページで説明)に並んでいるアイコン中の、「ミュージックアイコン」をマウスポインタ で指したら、別枠が出て大きな文字で「ミュージック」と表示した様子です。
    小さな字がとにかく見えない者(私)にとって、すさまじく画期的で、総合1位、2位を争う勢いで便利に思う機能です。
    前はこんな機能はありませんでした。
    すごい新機能です。

    何がすごいかって、ありとあらゆる物を大きな文字で表示してくれるのです。
    ・フォルダやファイルの名前、作成日、容量ほか
    ・メニューバー(画面上端のバー)の各メニュー
    ・アップル製のあらゆるアプリケーション
    ・アップル以外のアプリケーション
    などのように、とにかくテキスト(文字)が割り当てられている物すべて(たぶん)を、大きな文字で教えてくれます。

    例えばSafariの画面。
    文章をマウスポインタで指したら、別枠で大きく表示してくれます。
    ちょっと分かりにくい画像だと思いますが、上の赤丸で囲んだ部分(ホームページの文章の一部)が、別枠に拡大表示されている様子です。


    また、こちらはシステム環境設定の画面で、マウスポインタの指した部分が拡大表示されたところ。
    これらのように「文章」だけでなく、各アプリケーション内のメニューなども、同様に拡大表示してくれます。

    この拡大の様子をスクリーンショットで撮ると、拡大テキスト部分の背景がなぜか半透明になってしまい、様子が変わってしまうので、パソコンの画面をスマホで撮影して載せています。

    設定しよう

    まず、パソコン画面左上のアップルマーク(リンゴの絵)をクリックして、「システム環境設定」を選びます。

    「システム環境設定」が開いたら、その中から「アクセシビリティ」をクリックします。
    (OSのヴァージョンなどにより、下の画像とは多少異なる場合があります。以下も同様)


    アクセシビリティを開いたら、左列に「ズーム機能」という項目があるのでクリックします。

    ズーム機能メニューの中に、「ポイントしたテキストの拡大を有効にする」という項目があるので、チェックを入れます。

    基本の設定は、これで完了です!

    使ってみよう

    基本の使い方

    実際に使うには、
    コマンドキー(⌘)を押しながら、マウスポインタで表示させたい部分を指す(クリック不要)
    という方法で行います。
    コマンドキー(⌘)→マウスを動かして指す
    という手順でないと表示されないので注意。

    もっと自分流にする

    上記「ポイントしたテキストの拡大を有効にする」の右にある、「オプション」をクリックします。
    すると、この別枠拡大表示の文字の、大きさと種類を自由に設定することが出来ます。

    基本の使い方で「コマンドキー(⌘)を押しながら、マウスポインタで表示させたい部分を指す(クリック不要)」と書きましたが、この「コマンドキー(⌘)」の代わりに「オプションキー」か「コントロールキー」を指定することも、この画面で出来ます。
    私はコマンドキー(⌘)を使う機会がとても多く、操作中にそれらと被ってしまうことがあるので、オプションキーを指定して使っています。

    キーを押さずに、マウスポインタを指すだけで拡大させたい場合

    上記で指定したキー(初期設定ではコマンドキー)を、素早く3回押します。
    すると、マウスポインタで指すだけで別枠に拡大文字が表示されるようになります。
    元に戻したい場合は、再び同じキーを3回素早く押します。

    可能性が広がる予感

    今まで、メモアプリやテキストエディットアプリ、Safariなど、本文部分はある程度拡大することが出来ていました。
    でも、それらのアプリのメニューやアイコンなどは、「大」の設定をしてもロービジョンの視力では見えず、いつもズーム機能を使って拡大するか「見えないから見ない!」もしくは「勘や感覚で、一か八か。」という感じで対処してきていました(私は)。
    ですがこの機能ならば、それらのメニューやアイコン、あらゆる物を拡大表示で見ることができるようになりました。

    コントラストや書体によっては、ズーム機能で巨大に拡大しても、見えにくい物がありました。
    でもこの機能ならば、元のデザインに関わらず、自分の設定したフォントと大きさで表示してくれるので見やすいです。
    また、キーとトラックパッドの併用で手動でズームしている私は、[見える大きさまでズーム → 元の大きさに戻す]という作業も、度重なると手に来る(腱鞘炎のせいもあるが)し、そのための時間ももどかしい場合もありました。せっかちなので。
    そんな、「すごく便利なズーム機能だったけど、あと一歩欲しかった」という部分を、この新機能は完璧に補ってくれました。

    見えずに有耶無耶にしてきたメニューや、諦めていた機能も使えるようになり、出来ることが広がりそうです。
    個人的には久しぶりに大興奮した新機能です!

    ページの先頭に戻る