見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

画面下に並んでいるアイコンを隠して広くする

ロービジョンのMac活用術

もくじ
  • それはDock
  • Dockを隠したり出したりする設定
  • 表示/非表示にすると、どうなる?
  • そのほか、Dockの便利な設定
  • それはDock

    よく使うアプリケーションやゴミ箱などに、簡単にアクセス出来るDock。
    Dockは初期設定では画面の下端に並んでいますが、右端や左端に移動させたり、大きさを変えたり、項目を入れ替えたりできます。 (後述)
    とても使い勝手の良いDockですが、画面を目一杯使いたい場合には、このスペースが邪魔に思えます。(私です)
    そんな時は、「普段は非表示、使うときだけ表示」という便利な設定にしてしまいましょう。

    Dockを隠したり出したりする設定

    まず、パソコン画面左上のアップルマーク(リンゴの絵)をクリックして、「システム環境設定」を選びます。

    「システム環境設定」が開いたら、その中から「Dock」をクリックします。
    (OSのヴァージョンなどにより、下の画像とは多少異なる場合があります。以下も同様)

    「Dockを自動的に表示/非表示」という項目があるので、チェックボックスにチェックを入れます。

    これで設定は完了です!

    表示/非表示にすると、どうなる?

    何の問題もありません。
    画面の下端(もしくは右端/左端)にマウスポインタを持っていくと、自動的にニョキッとDockが現れます。

    また、上記のDock設定画面内の「拡大」にチェックを入れると、マウスポインタの位置にあるアイコンが大きく表示されるので、見やすくなります。
    ロービジョン(弱視)の私は、この設定にしています。

    そのほか、Dockの便利な設定

    Dockの位置をデフォルトの下端ではなく、右端や左端にしたい場合は、上記で説明した
    システム環境設定 >Dock
    の中に、設定する場所があります。

    Dockのアイコンの大きさも、同じ場所で設定できます。

    それ以外に、Dockに何を表示するか、表示を止めるかも設定できます。

    Dockにアイコンを追加する場合

    よく使うアプリケーションをDockに入れておきたい場合に。
    ・そのアプリケーションを起動する
    ・Dockにそのアプリケーションのアイコンが表示されるので、Controlキーを押したままそのアイコンをクリックする。
    ・メニューが出てくるので、「オプション」→「Dockに追加」を選ぶ。

    Dockに追加

    Dockからアイコンを削除する場合

    削除したいアイコンを、Dockの外へドラッグして離します。
    (*Dockからアイコンを消すだけでは、アプリケーション自体は無くなりません)

    ページの先頭に戻る