見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

ボタンやチェックボックスなどの色を見やすく変える

ロービジョンのMac活用術

もくじ
  • アクセントカラー
  • アクセントカラーはここにある
  • アクセントカラーを設定してみよう
  • アクセントカラーが作用する場所は?
  • どういう基準で選ぶか?
  • アクセントカラー

    Macには見え方をカスタマイズする様々なメニューがありますが、その中の「アクセントカラー」では、ボタンやチェックボックス、ポップアップメニュー、プルダウンメニューほかの様々な部分の色を指定することが出来ます。
    自分が一番見やすい色にすることで、より快適にスムーズに作業出来るようになると思います。

    「アクセントカラー」はここにある

    アクセントカラーの変更は、「システム環境設定」から設定します。
    「システム環境設定」を開くには、パソコン画面左上のアップルマーク(リンゴの絵)をクリックします。
    するとメニューが現れるので、その中から「システム環境設定」を選びます。

    「システム環境設定」が開いたら、その中から「一般」をクリックします。
    (OSのヴァージョンなどにより、下の画像とは多少異なる場合があります。以下も同様)


    「一般」の中に「アクセントカラー」の選択メニューがあります。

    アクセントカラーを設定してみよう

    Macのアクセントカラーのラインナップ

    この記事を書いている時点では、アクセントカラーは上画像のように8色の中から選択するようになっています。
    左から、
    ブルー
    パープル
    ピンク
    レッド
    オレンジ
    イエロー
    グリーン
    グラファイト(グレーっぽい色)
    の順に選択肢があります。
    ちなみに筆者は目が悪いので、万全を期してVoiceOver(音声読み上げ機能)を使ってこの色名を確認したので、間違いありません。

    試してみましょう。
    下画像は、左からピンク、イエロー、ブルーをそれぞれ選択した様子です。
    この「設定」画面だけでも、かなり違いが分かりやすいかと思います。

    アクセントカラーが作用する場所は?

    直上の画像では、ボタンやチェックボックス、プルダウンメニューの色が変化していることが分かります。
    そのほかにはポップアップメニューの中で選択している場所や、検索キーワードを入力する箇所などにも適応されます。

    アクセントカラー

    どういう基準で選ぶか?

    アクセントカラーで、チェックボックスやボタンを目立たせることが出来ます。
    でもロービジョンの私にとって色選択の決め手になるのは、ポップアップメニューなどでの見やすさです。

    アクセントカラー ポップアップ

    選択している部分の文字の見やすさ(アクセントカラーが背景色で、文字色が白)や、選択部分が他の部分とハッキリ異なって目立って見えるか、などを重視しています。

    例えば私の視力では、選択部分の文字が見やすくなるのは、主に上の段の4色。
    さらにこの着色部分が、他の背景部分に比べて際立って目立って見えるのは、ブルーとピンクです。

    そしてボタンやチェックボックスが目立って感じるのはピンク。
    …というわけで総合1位のピンクを使っているか…というと、パソコンを使う時間がべらぼうに長いため、なんとなく「ずっとピンク」は疲れるような落ち着かないような感じになってくるので、ブルーを常用しています。
    (デフォルトがブルーなので、ブルーに慣れ親しんでいるから…というのも大きいかも知れません)

    このようにある程度自由な選択肢があるのは、ロービジョンの利用者としては嬉しいです。
    さらにロービジョンの立場で考えると、ポップアップメニューなどの選択箇所が[真っ黒背景 × 真っ白文字]となる選択肢もあれば良いかも…とも思います。
    まあこの機能はそもそもアクセしびりチューメニューでは無いので、贅沢な希望です。

    PR 1台3役!手持ちルーペ、置き型ルーペ、スタンドルーペに変身するユニバーサルルーペ(倍率2.5倍)
    ページの先頭に戻る