見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

iPhoneやiPadのキーボードを大文字キーにして見やすく

iPhoneとiPadの視覚サポート

私がiPadを使い始めた頃は、キーボードに振ってあるローマ字は、確か大文字だった気がします。
それが、いつかのアップデートの際に小文字になり、
「うわ、見えにくくなった。参ったなぁ」
と思った記憶があります。

このキーボードは、小文字でも大文字でも、好きな方に設定できます。
目の病気や老眼などで少しでも見えにくさを感じている人は、大文字キーを一度試してみてください。

iPhoneで「大文字キー」にする

[設定]アプリ
>「アクセシビリティ」
>「キーボード」(身体機能および操作のグループ内にあります)
>「ソフトウェアキーボード」で「小文字キーを表示」をオフにする

以上の操作で大文字キーに出来ます。

ヒント 上記の手順が「??」な場合はこちらを参考にしてください。
基本の基本(視覚障害とiPhone/iPad 便利機能一覧)

ちなみに「一般」の中にも「キーボード」という項目がありますが、そちらからは設定出来ないので注意してください。

iPadで「大文字キー」にする

iPadの設定方法も同様です。

[設定]アプリ
>「アクセシビリティ」
>「キーボード」(身体機能および操作のグループ内にあります)
>「ソフトウェアキーボード」で「小文字キーを表示」をオフにする

PR 約3.8倍〜16倍の拡大と白黒反転で見やすく!
携帯できる3.5インチモニタのデジタルルーペ
ページの先頭に戻る