見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

iPhone全体を大きく表示する

iPhoneとiPadの視覚サポート

iPhone 標準表示 iPhone 拡大表示

標準表示と拡大表示

上の画像の違い、お分りいただけるでしょうか?
左側は標準の設定で、右側は拡大表示設定したものです。
アイコンのサイズが大きくなり、余白の面積が小さくなっているはずです。
このように画面上で見比べるよりも、iPhoneで実際に設定を変えた時の方が、その違いを強く実感します。
普段、拡大表示の設定をしている私は、今回の撮影のために標準設定に戻したら、各アイコンが小さ過ぎて戸惑いました。

少しでも見えにくさを感じている方は、ぜひ試して見てください。

iPhone:拡大表示の設定のしかた

[設定]アプリ
>「画面表示と明るさ」
>「拡大表示」
から行います。

「拡大」を選んで右上の「設定」をタップすると、画面下から
「画面表示を変更すると、iPhoneが再起動します」との文章が出ます。
「"拡大"を使用」をタップすると、ほんの数秒画面が暗くなり、設定が切り替わります。

ヒント 上記の手順が「??」な場合はこちらを参考にしてください。
基本の基本(視覚障害とiPhone/iPad 便利機能一覧)

"拡大"に設定すると、ホーム画面のアイコンだけではなく色々な場面で拡大表示されます。
下の画像はその一例で、左はカレンダー、右はSafariです。
他にも通知やメッセージ他Appleのアプリだけでなく、LINEなど他社製のアプリでも拡大される物もあります。

iPadの場合

iPadの場合はiPhoneと同じ機能ではないのですが、ホーム画面のアイコンの大きさを大きくすることができます。
設定方法は
[設定]アプリ
>ホーム画面とDock
>APPアイコン
で、「大きく」を選びます。

こちらも画面で見るよりも実際に設定した方が、見た感じの印象が大きく異なるのではないかと思います。

ページの先頭に戻る