見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

オン/オフラベル

IT:視覚障害とiPhone/iPad

関連記事 視覚障害とiPhone/iPad 便利機能一覧

iPhoneの視覚サポート機能のひとつ、「オン/オフ」ラベルについて見てみたいと思います。

オン/オフラベルを「オン」にすると…?

「オン/オフラベル」をオンにすると、スイッチに「|」と「○」の表示が付きます。

色だけでなく、記号でも識別が出来るようになるのですね。

余談ですが、「|」と「○」のどちらがオンでどちらがオフなのか。
素人の私な「○=OK=オン!」かと思いましたが、そうではなくて「オン=|」なのですね。
それを知って以来、間違えないように「オフ丸くん、温泉(オン+線)に行く」と覚えるようにしました。
まあ、ロービジョンになってからはそもそも「|」だの「○」だの書いてあったとしてもわからないですけど!

オン/オフラベルの設定

初期設定では、「オン/オフラベル」はオフになっています。
この設定を変えるには、
[設定]アプリ>アクセシビリティ>画面表示とテキストサイズ
の中に「オン/オフラベル」のスイッチがあるので、オンにします。

ヒント 上記の手順が「??」な場合はこちらを参考にしてください。
基本の基本(視覚障害とiPhone/iPad 便利機能一覧)

以上、「オン/オフラベル」について書きました。

余談ですが、上に貼ったスイッチの画像の色が濃いのは、iPhoneの「コントラストを上げる」をオンにしているからです。
少しでも、より見やすくしたいと思っている方は、「コントラストを上げる」機能も試してみてください。

関連記事 コントラストを上げる
PR 見やすい&触っても分かる、シチズンのユニセックス腕時計
ページの先頭に戻る