見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

ボタンの形

IT:視覚障害とiPhone/iPad

関連記事 視覚障害とiPhone/iPad 便利機能一覧

iPhone、iPadの視覚サポート機能のひとつ「ボタンの形」。
これをオンにすると、一体何が変わるのでしょうか?

ボタンの形をオンにする

ボタンの形は、初期設定ではオフになっています。
オンにするには、
[設定]アプリ>「アクセシビリティ」>画面表示とテキストサイズ
の中にある、「ボタンの形」のスイッチをオンにします。

ヒント 上記の手順が「??」な場合はこちらを参考にしてください。
基本の基本(視覚障害とiPhone/iPad 便利機能一覧)

「ボタンの形」オンとオフの違い

下の画像は「ボタンの形 オン」と「オフ」を比べたものですが、違いが分かるでしょうか?

iPhone ボタンの形

「オン」の方は、画面内のいくつかの部分に下線が付いていますね。
「ボタン」という感じはしないのですが…

なぜ「ボタン」の形?

この項に関しては、私の勝手な考察です。
なぜ、あれが「ボタン」なのか?

かなり前のOSでは、画面の上端や下端にある「完了」とか「戻る」とかって、下画像のような外観だったんですよね。

こういう形なら、「ボタン」というのも何となく納得。

それから、アプリを作る側から見てみると、「タップして何かのアクションを起こす」というのは、主にボタンが担う機能なのですよね。
タップすると前の画面に戻る、とか。
そんなわけで、「ボタンの形」という名称になっているのかなぁと勝手に解釈しています。

PR
5パーセントの奇跡 ~嘘から始まる素敵な人生~
病気で95%の資格を失った青年が、やりたいことを諦めずに挑戦するストーリー。
実話に基づいたお話ですが、とっても楽しくてハッピーで「何でも出来る!」という元気が湧いてくる映画です。
未見の方はぜひ!
ページの先頭に戻る