見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

拡大鏡

IT:視覚障害とiPhone/iPad

関連記事 視覚障害とiPhone/iPad 便利機能一覧

少しでも「見えにくい」という場面がある人にオススメなのが、iPhoneやiPadの拡大鏡機能です。
まるで電子ルーペのように、あらゆるものを明るく拡大して見せてくれます。

もくじ
  • 拡大鏡の実際
  • 拡大鏡の設定をオンにする
  • 拡大鏡を起動するいくつかの方法
  • 拡大鏡の機能
  • 拡大鏡を終了する方法
  • おわりに
  • 拡大鏡の実際

    先に、拡大鏡を使った一例を見てみましょう。
    下の画像は、商品ボトルの一部を拡大鏡で映し、拡大(画像中央)、白黒反転(画像右)してみたものです。

    拡大鏡機能はこのように、見たいものを明るく拡大して見やすくしたり、色調を変えたりできます。

    拡大鏡の設定をオンにする

    拡大鏡を使う前に、まず拡大鏡をオンにしておく必要があります。

    [設定]アプリを開きます。
    「アクセシビリティ」をタップします。
    「拡大鏡」をタップし、オンにします。
    (上画像は「オン」の状態)

    これでいつでも拡大鏡を使える状態になりました。

    ヒント 上記の手順が「??」な場合はこちらを参考にしてください。
    基本の基本(視覚障害とiPhone/iPad 便利機能一覧)

    拡大鏡を起動するいくつかの方法

    実際に拡大鏡を起動するには、いくつかの方法があります。
    それぞれの設定の詳しい方法は、各リンク先の記事をご覧ください。

    (1)ボタンのトリプルクリック

    ホームボタンのある機種はホームボタンを、無い機種はサイドボタンを、素早く3回押す(=トリプルクリック)ことで起動するようにします。
    初期設定で既に有効になっているかも知れないので、まずはトリプルクリックをして確かめてください。
    3回押しても拡大鏡が起動しなかった場合は、
    [設定]アプリ>「アクセシビリティ」>「ショートカット」>「拡大鏡」をタップしてチェック「✔️」を付けます。

    詳しい設定方法はこちら アクセシビリティ ショートカットを活用する

    (2)コントロールセンター

    先に、コントロールセンターに既に拡大鏡が含まれているかどうかを確認してください。
    下の画像のように虫眼鏡のアイコンがあれば、それをタップすれば拡大鏡が起動します。

    無い場合は、コントロールセンターの項目に拡大鏡を含めます。

    [設定]アプリ>「コントロールセンター」>「拡大鏡」の「+」をタップします。

    詳しい設定方法はこちら コントロールセンターについて

    (3)アプリ

    「メッセージ」や「カメラ」、「写真」などのように、「拡大鏡」のアプリも標準装備されています。
    もし見あたらなければ、ホーム画面の最後のページ「Appライブラリ」の、「ユーティリティ」をタップして探してみてください。
    下画像のようなアイコンの、拡大鏡アプリがあると思います。

    常にホーム画面に置いておきたい場合は、ユーティリティ内の拡大鏡アプリを長押しし、プルプル揺れ始めたらそのまま手を離さず、アプリを画面のどこかに移動させます。

    (4)背面タップ

    背面ダブルタップ、もしくは背面トリプルタップで、拡大鏡を起動することも出来ます。

    詳しい設定方法はこちら 背面タップを使おう

    (5)Siri

    Siriが有効になっている場合は、Siriを起動して「拡大鏡」と言うと、拡大鏡を起動してくれます。

    詳しい設定方法はこちら Siriの設定と視覚に便利な使い方

    (6)ショートカットアプリで設定

    全く意味がないと思うのですが、設定できるので一応…
    ショートカットアプリで設定し、ウィジェットやホーム画面にアイコンを置いて、それをタップして拡大鏡を起動することも出来ます。
    下の画像は左がショートカットアプリで作った、拡大鏡のアイコン。
    右が元からある拡大鏡のアイコンです。
    そもそも正規のアイコンがあるので、本当に無意味に思います。
    「もっと見やすいアイコン、デザインに納得の行くアイコンが良い!」という場合は良いでしょうけど…

    ショートカットについてはこちら アプリ「ショートカット」を活用

    拡大鏡の機能

    さて、拡大鏡はただ大きく映し出すだけではなく、より見やすくするためのいくつかの機能があります。
    拡大鏡を起動すると、いくつかのアイコンが表示されます。
    *これらアイコンは、設定メニュー(*下記)で変えることも出来ます。。

    ①ズーム調整スライダ。これで拡大率を変更します。
    ②左から、「明るさ」「コントラスト」「フラッシュライト」「カラーフィルタ」
     (iPadはフラッシュライトが無いので、この行は3項目です)
    ③左から、設定、画面固定、複数の固定

    また、「グラバー」(赤で囲んだ部分)を上下にドラッグすることで、これらのメニューを表示したり隠したりできます。

    それでは、いくつかの機能について少し詳しく見てみましょう。

    カラーフィルタについて

    上段左から、
    フィルタなし/グレイスケール/黒地に赤/黒地に黄色/青地に黄色/青地に白
    下段左から、
    反転/反転グレイスケール/赤地に黒/黄色地に黒/黄色地に青/白地に青

    「○地に△」という表現が逆な気もするのですが、このように11種類のフィルタがあります。
    これら11種類をすべて表示するか、自分で選択したフィルタだけ表示するかを、設定(下記)メニューで決めることが出来ます。

    設定メニューについて

    設定メニューで、自分が使いやすいようにカスタマイズ出来ます。
    ひとつは、コントロールに何を表示するか。
    ひとつは、カラーフィルタの選択です。

    コントロール

    「主コントロール」「副コントロール」「その他」に、各機能を割り当てることが出来ます。
    「主コントロール」は、ズーム調整スライダと共に、常に表示されます。
    「福コントロール」は、「グラバー」(上記)で表示させたり隠したり出来ます。
    「その他」は、表示されなくなります。
    下の画像は、左側が元の設定。 右側が「主コントロール」にズーム調整スライダとコントラストを、「その他」にカラーフィルタを指定した様子です。

    フィルタ

    カラーフィルタのアイコンをタップした時に、どのフィルタを表示するかを指定できます。
    「フィルタなし」も含めて12種類も並んでいると、ややこしかったり選ぶのに手間取ったりするので、自分に必要なものだけを選んでおくと効率が良いです。

    画面固定について

    拡大鏡の画面は一見カメラの画面と似ていますが、カメラとは異なり「撮影→保存」にはなりません。
    シャッターボタンのような物は、画面を「固定」するためのものです。
    保存はされないものの、複数の「固定」を保つことが出来ます。

    複数固定した場合に、固定した画面を確認したい時は、右下の黄色い部分「表示(枚数)」をタップします。

    固定した画面を保存したい時

    画面固定した後に、通常の写真のように画像を保存することも出来ます。
    (1)画面固定後、右上のアイコン(赤丸部分)をタップします。
    (2)現れたメニューの中から「画像を保存」を選びます。

    拡大鏡を終了する方法

    ホームボタンのある機種は、ホームボタンを押します。
    ホームボタンのない機種は、画面下端から上に向かって一本指でスワイプします。

    つまりは通常のアプリ終了と同じことをします。

    おわりに

    けっこうな長文になってしまいましたが、拡大鏡機能について一通り書きました。
    小さな文字を見るのはもちろん、病院で問診票を記入する際に使ったり、指に刺さった棘を探したり、足の爪を切る時に見たり(←iPad)、棚に並んでいるものを探したりと、とても便利な拡大鏡です。

    そのままの色が見やすい人は、カラーフィルター機能は不要でしょうし、黒背景の方が見やすい人は、グレイスケール反転などが便利ではないかと思います。
    明るさやコントラストも調整して、iPhoneやiPadのカメラに「頼もしい目」になってもらいましょう!

    PR 約3.8倍〜16倍の拡大と白黒反転で見やすく!
    携帯できる3.5インチモニタのデジタルルーペ
    ページの先頭に戻る