見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

便利機能:文字を太くする

IT:視覚障害とiPhone/iPad

関連記事 視覚障害とiPhone/iPad 便利機能一覧

目が見えにくいと、ひたすら大きな字なら良いというわけでもなく、その濃さや太さも重要な場合が多いです。
iPhoneやiPadも、表示の文字を太くすることが出来ます。

もくじ
  • 「文字を太くする」の実際
  • 「文字を太くする」方法
  • 文字を太くして変わること
  • 最後に
  • 「文字を太くする」の実際

    まずは「文字を太くする」機能を使うと、どのように変わるのかを見てみましょう。

    iPhone 文字を太くする

    上の画像は、「ミュージック」アプリの画面です。
    左側は通常の表示、右側は文字を太くしたものです。
    たぶんこの画像で見るよりも、実際にiPhoneやiPadで見た方が、その違いがはっきりしているのではないかと思います。
    私などは、文字を太くした方が何倍も見やすくなります。
    見えにくさを感じていて、まだこの機能を試していない人は、簡単なのでぜひ一度試して見てください。

    「文字を太くする」方法

    ・「設定」アプリを開きます。
    ・「アクセシビリティ」をタップします。
    ・「画面表示とテキストサイズ」をタップします。
    ・「文字を太くする」のスイッチをオンにします。

    iPhone 文字を太くする
    ヒント 上記の手順が「??」な場合はこちらを参考にしてください。
    基本の基本(視覚障害とiPhone/iPad 便利機能一覧)

    文字を太くして変わること

    iPhone 文字を太くする

    左上は「設定」アプリ、右上は「メッセージ」アプリ、左下は「時計」アプリ、右下はロック解除の番号入力画面。
    それぞれ左側が通常の太さ、右側が文字を太くしたものです。

    このように、アプリ内でもアプリ外でも、多くの部分での文字の太さが太くなります。
    通知やウィジェットの文字、画面ロック時の時刻の文字なども太くなります。

    最後に

    この「文字を太くする」は、目の病気での見えづらさや視覚障害だけでなく、老眼の人にも見やすくなる機能ではないでしょうか?
    文字を大きくするのとは異なり、行が重なってしまうこともないので、常にオンにしておいても何の弊害も無いように思います。
    上にも書きましたが、ただ大きくすれば見えるというわけでもない当事者として、この機能はありがたい存在です。

    ページの先頭に戻る