見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

便利機能:さらに大きな文字(テキストサイズの変更)

IT:視覚障害とiPhone/iPad

関連記事 視覚障害とiPhone/iPad 便利機能一覧

iPhone(iPad)に最初から入っているアプリの大部分や、その他Dynamic Type機能に対応しているアプリでのテキストサイズ(文字の大きさ)を変えることが出来ます。
ただ大きくするだけでなく、場面によって簡単に文字の大きさを変更できます。
もしこの機能が無かったら、ロービジョンの私はきっとiPhoneを使っていなかったでしょう。

以下、基本から応用編までをご紹介します。

もくじ
  • 「さらに大きな文字」の実際
  • 方法1:「設定」アプリ内から行う
  • 方法2:コントロールセンターから行う
  • 方法3:Siriに途中までやってもらう
  • 方法4:アイコンをタップするだけで変更できるようにする
  • 文字を大きくする弊害はあるか?
  • 「さらに大きな文字」の実際

    まずは「さらに大きな文字」機能を使うと、どのように変わるのかを見てみましょう。

    iPhone さらに大きな文字

    (1)は初期設定の大きさ。
    (2)は最小。
    (3)は少し大きくしたところ。
    (4)は最大。

    (2)の最小から(4)の最大まで、全部で12段階の大きさがあります。
    早速、さらに大きな文字」にする方法を見ていきましょう。

    方法1:「設定」アプリ内から行う

    手順が少し多いのですが、まずは基本の方法を紹介します。

    ・まずは設定アプリを開きます。
    (1)「アクセシビリティ」をタップします。
    (2)「画面表示とテキストサイズ」をタップします。
    (3)「さらに大きな文字」をタップします。
    (4)スイッチがオフになっている場合はオンにし、下のスライダーを左右にドラッグして好みの大きさにします。

    ヒント 上記の手順が「??」な場合はこちらを参考にしてください。
    基本の基本(視覚障害とiPhone/iPad 便利機能一覧)

    方法2:コントロールセンターから行う

    こちらは「さらに大きな文字」ではなく「テキストサイズ」という名称なのですが、結果は同じです。
    少ない手順で文字の大きさを変えられるのでオススメです。

    まずは設定

    [設定]アプリ内の項目から「コントロールセンター」を選びます。
    「含まれているコントロール」の中に、「テキストサイズ」があれば、そのままでOK。
    無かった場合は、「コントロールを追加」の中から「テキストサイズ」を探し、左端の「+」をタップします

    コントロールセンターの設定の仕方や、コントロールセンターを開く/閉じる方法などの説明は、下記のページをご覧ください

    コントロールセンターについて

    使ってみよう

    コントロールセンターの開き方/閉じ方は、上記リンク先をご覧ください。

    開いたコントロールセンターの中に[AA]というアイコンがありますが、これが「テキストサイズ」です。
    このアイコンをタップすると、テキストサイズを変更するメモリのようなものが現れるので、これを上下にスワイプして好みの大きさにします。

    方法3:Siriに途中までやってもらう

    Siriに
    「文字を大きくして」
    と言うと、
    「テキストサイズの設定を見てみましょう」
    との応答があり、設定アプリ内の「テキストサイズを変更」の画面(下画像)が表示されます。
    あとは自分で文字の大きさを調節します。

    iPhone さらに大きな文字

    方法4:アイコンをタップするだけで変更できるようにする

    アイコンタップでテキスト拡大

    Appleの「ショートカット」アプリを使って作る方法です。
    慣れないと作ること自体が少し大変かも知れませんが、作ってしまえばアイコンをタップするだけで文字の大きさを変更できます。
    ショートカットについては、以下の記事をご覧ください。

    ショートカットについて アプリ「ショートカット」を活用

    ざっくりと手順を書くと、
    ショートカットアプリを起動
    「+」→アクションを追加
    「App」を選択
    「設定」を選択
    「テキストサイズを設定」を選択
    テキストサイズを12段階の中から選ぶ
    ……という感じです。
    後日、詳しい手順を書いたらリンクを追記します。

    文字を大きくする弊害はあるか?

    アプリによっては、行間隔が変わらずに文字だけ大きくなることで、文字が重なって表示されてしまうことがあります。
    例えば下の画像は、愛用している「ボイスオブデイジー5」のアプリですが、字が思い切り重なっています。

    上記コントロールセンターは、このような時にこそ便利で、アプリを開いたままテキストのサイズを変更できます。

    また、大きく大きく表示することで「部分」は分かりやすくなっても「全体像」が掴みにくい場合もあるかと思います。
    特にスマートフォンの操作に慣れていない方は、まず全体像の把握をされると分かりやすくなるかも知れません。

    PR 社会福祉法人全国ろう盲者協会協力のもとで開発されたデジタルタイマー
    ページの先頭に戻る