見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

超近視な私のパソコンと周辺機器の配置法

ITを味方に

タイトルに「超近視な私」と書きましたが、正確に表記すると「超近距離にしないと見えない私」です。
中心視野の欠損や、その他の関係で、目の前十数センチにしないと見えません。

ここでは、そんな見え方の私のパソコンモニタ(ディスプレイ)、キーボードなどの配置法をご紹介します。

工夫その1:机に穴を開けてアーム取り付け

まず、モニタ(ディスプレイ)は、そのままだと脚が付いていて置くスタイルのため、 顔の前にモニタを持って来たい私には不都合。
そのため、アームを購入しました。

そこそこ動かせて、できれば安価で…という条件で選んだのが、4軸のクランプ式モニターアーム。
デスクの奥側に挟んで取り付けるのが基本形ですが、私の愛用デスク(無印良品製品)には 背板があって挟めない!
というわけで、デスクの背板に電動ノコギリで穴をあけてもらい、アームを取り付けました。

モニターアームGH-AMC03

画像の赤丸で囲んだ部分が、その取り付け位置です。
この部分の背板に穴を開けて、クランプで固定出来るようにしました。

取り付ける際に高さとモニタの角度を決め、あとはモニタの前後(手前〜奥)の動きは、自由にその都度動かして調節しています。

ただ、今になって思うことは、設置後にも高さと傾きを調節できる物にすれば良かったなぁということです。
モニターの高さに合わせて椅子の高さを変えるのは、やはり体勢的にちょっと無理があるような。
これは、私が首痛と腰痛持ちなので、余計に感じるのかも知れませんが…

次回新たに購入する際は、多少値が張ってもとことん自由に動かせるものを選びたいと思っています。

工夫その2:ガラス製の机上台で、下が見えるように

工夫その1により、モニタを目の前十数センチの位置に配置できるようになりました。
この配置だと、キーボードやマウス(私はトラックパッド使用)は、モニタよりも奥にしないと 体勢的に無理です。

デスクスペースが広々としている場合は、ただ奥に配置するだけで良いでしょうが、私はスペースの有効活用がしたい!
というわけで、机上台を置きました。

いくつか試したのですが、最終的に落ち着いたのはこれ。
ガラス製なので、透けています。

モニターアームGH-AMC03 モニターアームGH-AMC03

キーボードに印字してある[A]だの[Shift]だのは見えないので、私は必然的に タッチタイピング(ブラインドタッチ)なのですが、それでも机上台が透明か不透明かで 快適さが異なります。
透明なので閉塞感ゼロ。開放感100%で快適です。

この配置にして1年強。
視力と予算とスペース的に最適だと思うので、満足しています。

上記アイテムについて

ガラスの机上台

Fitueyes 机上台 幅600mm 高さ調整可能 DT106006GC
といういのをAmazonで購入して使っていますが、現在は同じ製品は無いようです。
同じくFitueyesの机上台(モニター台)で検索すると、色々な製品が出てきます。
幅も色々なので、サイズに注意です。
脚もいくつか種類があるようですが、私はこの4本脚タイプが一番邪魔にならずに良いように思います。

下画像は同品ではないですが、近いタイプかなと思います。

クランプ式アーム

グリーンハウス 液晶 モニターアーム 4軸 クランプ式 GH-AMC03を使っています。
現在も販売していますが、購入したのは2015年なので、より良いものがあるかも。

上にも書きましたが、出来れば設置後も高さや傾きも自由に変えられるものの方が、姿勢に負担なく使えます。
(このアームだと、奥行きと左右の角度しか変えられません)

ページの先頭に戻る