見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

iPad+クランプ式スタンド

ITを味方に

現在2つのiPadスタンドを利用しています。
一つはこのページで紹介する、クランプ式スタンド。
もう一つは、下記のページで紹介しているLomicallのスタンド。

iPad用スタンドはLomicallがピッタリ

目の病気により、中心視野欠損その他で
近づくほど見える/離れるほど見えない
という見え方なのですが、そのため
クランプ式スタンド→目の高さにiPadを設置して使いたい時
Lomicallスタンド→電子ルーペや拡大読書器風に、覗き込んで拡大して使いたい時
のような使い分けをすることが多いです。
また、もっと視力があった頃は、iPadで楽譜を拡大表示して、クランプ式スタンドで目の前にiPadを設置して使う…ということもしていました。
クランプ式でアームを動かせるので、ある時は机の方に、ある時は楽器の方に、移動できるのも良点だと思います。

前置きが長くなりましたが、以下に私の持っているクランプ式のスタンドを載せます。

愛用のクランプ式スタンド

スタンドの全体像

だいぶ前に、このようなスタンドを購入しました。
机の天板などを挟んで固定する、クランプ式です。
2つのL字型アームとホルダーが、それぞれ自由な角度に固定できます。

スタンドを机に取り付け、iPadをセットした様子

後ろから見るとこんな感じ。

後ろから

たしか「本やタブレットを、病気などで寝たままでも楽しめる」というような謳い文句でしたが、 私は当初はパソコンのデュアルディスプレイ用にiPadを使うために購入しました。
例えばこんな感じに。

パソコンとiPad

画像左側のiPadを、このスタンドに固定しています。

このスタンドは購入からかなり年月が経っているので、今は全く同じ品はありませんが、 今は同シリーズでライト付きも出ているようです。
エジソンの読書用品で検索すると出てきます。
下の画像は、そのシリーズの中のひとつです。


ちなみに今気になっているのは、下画像(Amazonリンク)のアームスタンドです。
実際にどのくらい自由に動かせるのか、(書いてあるけど私には)よくわかりませんが、価格も形状もお手軽な感じです。

PR
5パーセントの奇跡 ~嘘から始まる素敵な人生~
病気で95%の資格を失った青年が、やりたいことを諦めずに挑戦するストーリー。
実話に基づいたお話ですが、とっても楽しくてハッピーで「何でも出来る!」という元気が湧いてくる映画です。
未見の方はぜひ!
ページの先頭に戻る