見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

夜間の目印となる灯りに、キャンドルソーラーライトを購入

屋内:灯り

夜間の目印となる灯り
のページでも書いていますが、夜中にトイレなどで目覚めたとき、 何も見えなくて部屋の出口を見つけられない状態になってしまいました。
そのため、夜間にも点けておけるライトを探していたのですが、今回はこのキャンドル ソーラーライトを購入したのでレポートします。

関連のページ 持ち歩けるライトで見たい場所を照らす
夜間の目印となる灯り
〈レポート〉ソーラーランタン「CARRY THE SUN」が良い感じ
もくじ
  • 実は2度目の購入
  • 常夜灯としては明るい
  • MPOWERD(エムパワード)キャンドルソーラーライトの実際
  • おおむね満足。後は耐久性
  • 実は2度目の購入

    このキャンドルソーラーライト、実は2度目の購入なのです。
    最初に買ったときは、夜の室内での「明かりの強化として」の購入でした。
    しかし、ロービジョンの私の目には明るさが全く足りず、あまり有効な使い方ができないまま、ある日突然パキっと音がして壊れてしまい、捨てたのでした。

    しかし、視力のさらなる低下と部屋の模様替えとの結果、夜間もずっと点けておける明かりが必要になりました。
    何しろ、部屋の出口がわからず、トイレに行かれないのです。
    そのため、百均で200円で購入したソーラーライトや、ブルートゥース オーディオレシーバーの小さな明かりを使っていたのですが、ある時このキャンドルソーラーライトの存在を思い出したのでした。

    常夜灯としては明るい

    再購入して使ってみた結果、結論から言うと、常夜灯としてそのまま置いておくにはちょっと明るすぎるかもしれません。
    ですが、私には予想通りのちょうど良い明るさだったのです。
    というのも、下画像のように私の頭からは棚で光が遮られる位置(★印)に置く予定だったからです。

    ちなみにこのライトの側に、本格的に明るいライト(消灯中)と、お茶などを置いています。
    直接の光は届かず、それでいてドアノブの位置を教えてくれる、ちょうど良い灯りでした。

    MPOWERD(エムパワード)キャンドルソーラーライトの実際

    キャンドル風のライトはたくさん販売されていますが、私が購入したのは
    MPOWERD(エムパワード)キャンドルソーラーライト
    です。
    太陽光で充電ができることや、夜間にくつろげる暖かなオレンジの光などが選んだポイントです。

    このような小さな紙箱に入っていました。

    箱の後ろ側に書いてあったことを、超拡大して見て抜粋してみると、

  • 3つの点灯モード ゆらぎ点灯 弱点灯・強点灯
  • 琥珀色LED1個 最大25ルーメン
  • 弱点灯モードで最長18時間点灯
  • 直射日光8時間で満充電
  • 防水性能IP67
  • などの記載がありました。
    (見間違いがあるかもしれないので、購入する場合はご自身でご確認くださいね)

    箱の内側にもこのような記載があります。(下画像)
    私は思い切り見落としていたのですが、ご購入後は充電してからお使いくださいと書いてありました。
    充電する前に使っちゃったよ。

    キャンドル ソーラーライト

    そして本体。
    この商品は自分で膨らませて使うので、最初はぺちゃんこな状態で届きます(下画像 左)。
    適切な空気入れがなかったので、自力で入れました(下画像 右)。

    MPOWERD

    そしてそして、明かりをつけたところです。
    左側は明るい室内での点灯。
    右側が暗い室内での点灯の様子です。
    ただし、スマホのカメラが自動で明るさを調節してしまうので、特に暗い室内での明かりの様子は、実際とはかなり異なってしまっています。

    MPOWERD(エムパワード)のキャンドル ソーラーライト

    おおむね満足。後は耐久性

    本来、このキャンドルソーラーライトは、雰囲気作りやヨガなどで使うのが目的のようです。
    私も、出来ることなら窓辺に置いて、机に向かってこの明かりで癒されながら夜のひとときを楽しみたいです。家具の配置的に無理だけど。

    ロービジョンで夜盲もある私には、物を見るためや部屋の照度アップには明るさが足りませんでしたが、上記のような置き方で夜間の常夜灯として使うには、かなり良い感じです。

    寝る1時間位前から「ゆらぎモード」で点灯しておけば、部屋の雰囲気的にも良いし。
    「ただひたすら目印の明かりがあれば良い」というそっけないものではなく、温かな光を灯し続けてくれているので、夜間に目が覚めた時もなんとなく良い感じなのです。

    後は、いつまで持つだろうかという事だけが問題です。
    前に一度購入した時は、自分の感覚では割と早く壊れてしまったような気がしますが、実際には何ヶ月保ったのかは分かりません。
    早かったような気がするだけで、実際は1年以上保っていたのかもしれません。

    箱を見ると一年間の保証はあるようです。
    しかしそれは正しい使い方をした場合に限るのでしょう。
    ご購入後は充電してからお使いください
    というのを見落として守っていなかった私は、すでにアウトだと思います。

    というわけで、毎晩使い続けて実際にいつまで保ったかを、(忘れなければ)このページにいつか追記するつもりです。

    追記:1年半経過

    2つめ(この記事で紹介している物)を購入してから1年半が経ちました。
    今も灯りは健在で、毎晩灯しています。
    が、明かりを生み出す部分か、シェード部分か、どちらかの歪みが起きているのか?最初はピッタリくっついていたこの[本体+シェード]が、離れ始めています。
    なのでスイッチのON/OFFの時に、本体をシェードに押し付けながらボタンを押さないと押せない感じになっています。
    まあでも灯りは保たれているし、18ヶ月で月割したら1ヶ月100円未満です。
    変わらず気に入っているし、寿命が訪れた場合は同じものを再び購入するつもりでいます。

    本記事の製品はこちら MPOWERD エムパワード キャンドル 空気で膨らむ ソーラーライト こはく色のゆらぎの灯り(Amazon)
    ページの先頭に戻る