見えにくさの対処法 まめちら

老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

ソーラーランタン「CARRY THE SUN」

持ち歩けるライトで見たい場所を照らす
のページでは、家の中の暗さ対策についてまとめました。
今回新しく「CARRY THE SUN」というソーラーライト(ランタン)を購入し、良い感じなのでレポートします。

もくじ
  • 選んだ理由
  • CARRY THE SUN SMALL(キャリー・ザ・サン スモール)
  • 思った以上に明るい
  • 充電も操作もシンプル
  • 日常に、お出掛けに、災害時に
  • 選んだ理由

    「ソーラー」「ランタン」などのキーワードで検索すると、たくさんのライトが出てきます。
    が、多いのはアウトドア用の実用的な物か、ガーデン用のソーラーライト。
    アウトドア用は確かに明るく頑丈そうですが、いかにも実用的な感じ。
    ガーデン用は装飾が華美な感じだし…(百均200円のガーデン用を部屋で使っていますが…)

    そんな中パッと目を引いたのが、今回購入した「キャリーザサン」。
    柔らかそうな灯り、柔らかそうな素材、口コミもなかなか良かったことが決め手でした。

    CARRY THE SUN SMALL(キャリー・ザ・サン スモール)

    キャリー・ザ・サンには、

  • スモール(ウォームライトとクールブライトの2種)
  • ミディアム(ウォームライトとクールブライトの2種)
  • レインボー
  • の5種類があるようです。
    (スモールとミディアムは、ベルト部分の色が3色の中から選べます)

    スモールはLEDが6灯で、(弱)が約15ルーメン(15時間)、(強)が約30ルーメン(10時間)。
    ミディアムはLEDが10灯で、(弱)が約10ルーメン(72時間)、(中)が約20ルーメン(42時間)、(強)が約100ルーメン10時間とのこと。

    ミディアムのパワーがなかなか凄そうですが、私はそこまで強い光は求めていなかったので、スモールを選びました。
    そして温かい灯りが好きなので、ウォームライトを迷わず選択。
    ベルトは一番スタイリッシュに感じたホワイトを選びました。
    それが下の画像。

    CARRY THE SUN

    外側の素材がPET・PVCとのことですが、とても軽く柔らかく、このほどほどの透明度(不透明度?)のおかげで、優しい柔らかい温かい灯りになっています。

    折り畳み ソーラー ランタン

    空気穴が空いていることで、たたむのも膨らませるのも一瞬で出来ます。
    上下にあるベルトをそっと引っ張れば立方体に。
    器具や口で膨らませる必要がないのも良点なのです。
    上から軽く押さえて空気を抜けば、平になって収納や携帯に最適になります。

    思った以上に明るい

    「〇〇ルーメン」と書いてあっても、無知な私にはさっぱり分からず。
    ただ口コミにも「明るい」という言葉が多かったので、明るさも期待していました。
    何を目的にするかで、明るいと言うか暗いと言うかは変わってきそうですが…

    スマホ撮影なので、勝手に明るさ調整されてしまっていると思いますが、下画像のように棚の上に置いて使っています。

    キャリーザサン

    夜間はほぼずっとパソコンに向かって作業をしているので、明るい光は不要なのです。
    くつろげる夜時間にしたい私には、ピッタリな光でした。
    軽い(57g)ので、持ち運んだり動かしたりするのも、本当に簡単。

    キャリー ザ サン

    充電も操作もシンプル

    充電はソーラーです。
    底面にソーラーパネルがあり、そこに太陽光を当てます。
    底面にもベルトがあるので、私はそこにヒモを通し、ぶら下げて太陽光を当てています。

    直射日光約7~9時間でフル充電とのこと。

    操作は、底面の角にあるスイッチひとつのみで行います。
    私が購入したスモールタイプは、このスイッチで
    [弱モード][強モード][点滅][消灯]
    という順で切り替わります。
    ミディアムタイプでは、さらにインジケータランプが点灯して充電残量が分かるようです。

    日常に、お出掛けに、災害時に

    購入して充電して以降、毎晩私はこのキャリーザサンを灯して使っています。
    基本的には棚の上に置いて、時には手元に置いて。

    ですが、たたんでペタンコになるこの特性を活かして、弱視としては持ち歩くのもアリだと思いました。
    さすがに夜盲の夜歩きを照らすには光量が足りませんが、泊まり旅行でホテルの部屋が薄暗い時など、雰囲気を損なわずに自分の側に灯りをプラスできそうです。

    また、太陽光で充電出来るので、災害時・非常時にも大活躍してくれそうです。
    卓上に置いても、高い位置に吊るしても良いのではないでしょうか。

    公式サイトの説明によると、充電は約500回繰り返し出来るそう。
    私は毎日日中に外に出して充電していますが、果たしていつまで使えるか?
    今のところ全ての面において満足していて、あとはいつまで使えるかという点のみです。

    ちなみに正規品は一年間の保証つき。
    私はOutdoorStyle サンデーマウンテンで購入しましたが、購入後に

    また、保証書付き商品をお買い上げいただいた場合、(中略) 当メールを保存していただき、必要時に印刷をお願いいたします。

    というメールが届いたので、このメールを消さぬよう保存しています。

    とても気に入っていて、もう一つ購入しようか、でも2つも要らないよかぁ…と迷っているところです。

    著者について

    名前:まめちら
    関東在住のフリーランス。
    10代で重い目の病気になり、奇跡的に回復して普通の生活を送るも、30才過ぎに再発。
    緩慢に悪化し、現在は視力(矯正視力)0.03程度のロービジョン(弱視)。

    病気や薬の影響で白内障も併発し、両眼とも手術を受ける。
    その眼内レンズにより、遠視&ピント調節能力ゼロという老眼大魔王状態になる。
    白内障、視神経炎、網膜血管炎、脈絡膜炎、網膜剥離などを経験済み。

    見えません、な日々
    まめちら日和

    その他

  • ご連絡
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー