見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

見やすい整理・収納(1)透明と半透明

屋内:整理収納

目が悪くなると探し物が本当に大変。
ここでは徐々に目が悪くなっていった私が試行錯誤の末に辿り着いた、整理整頓・収納の方法を何ページかに分けて書こうと思います。
このページでは、「透明と半透明」というテーマで書きます。

もくじ
  • 透明と半透明
  • 半透明のススメ
  • 透明のススメ
  • 透明と半透明

    私がなぜ収納に透明と半透明を選ぶのか。
    それは、光を遮らないので明るいというのが一番の理由です。
    もちろん中が透けて見えるから、というのもあります。
    そして、透明が適する場所や物・半透明が適する場所や物があります。
    (見え方によって、この辺は個人差がある場合もあるかもしれません)

    以下、透明と半透明それぞれについて例を挙げつつ書いていきます。

    半透明のススメ

    まずは半透明を使うのにオススメな場所。
    それはずばり、引き出しや仕切りです。

    引き出し

    まず、引き出しが半透明なだけで、中の明るさがだいぶ改善します。
    私は目が悪くなる前から、たまたま無印良品の「ポリプロピレンケース・引出式」や「PP衣装ケース引出式」(上画像と同品)を使っていたのですが、これがちょうど良かったのです。

    上画像はちょっと恥ずかしいですが、実際に使っている物です。
    左はPP衣装ケース引出式、右はポリプロピレンケース・引出式です。
    ただでさえクローゼットや押入れの収納は光が届きにくく暗いですが、半透明なおかげで明るさを極力保てています。
    下の画像は、このポリプロピレンケース・引出式の中の様子。
    引き出し自体が半透明なことに加えて、中の仕切りも半透明なものを使っているので明るいです。
    また、上画像のように外から見て中身がある程度分かるのも長所。
    これが透明だと、見えすぎてしまってゴチャゴチャして良くないと思います。

    仕切り

    すぐ上の画像も半透明の仕切りを使っている例ですが、他にも色々使っています。
    ほとんど百均(主にダイソー)のグッズです。

    上の画像は薬の収納に使っている、6つに仕切られている半透明のボックス(ダイソーで購入)。
    薬のほか、化粧品類や歯磨きなど、立てて収納する物を入れています。
    このシリーズは大きさや形がいろいろあって、まるで無印良品の製品のようにシンプルで癖がない(実際とても似たものを昔無印で買いましたが…)ので、インテリア的にも気に入っています。
    私の利用しているダイソーでは、バスグッズなどの売り場にあります。

    下の画像も同じシリーズ。
    こちらは浅くて細長いので、浅い引き出しの中の収納として使っています。
    こんな風にうっすら色が透ける感じも、ちょうど良いのです。

    また、下の画像は筒状でフタ付きの物なのですが、正体は百均(ダイソー)で購入しているベビー綿棒が入っていたケースです。
    お風呂上がりの耳の中の水を取るのに、細い綿棒が必須なのですが、ちょうどこのケースが半透明なので捨てずに取っておいて溜めています。
    高さが私の使っているポリプロピレンケース・引出式にぴったりで、いつかはこの引き出し一杯に敷き詰めるつもりです。
    まだまだ足りません(笑)

    透明のススメ

    今度は透明な物を使っての収納です。
    全てがスケスケの透明収納に適するのは、クローゼットや押入れの中(引き出しには入れない)、棚の中、大きめのものなどだと思っています。

    例えば下の画像はシーズンオフのリースなど飾り物の収納。
    百均の半透明のプラスチックかごにリースなどを入れ、かごごと透明の袋で覆ってテープで留めてしまいます。
    (貼ったり剥がしたりが容易な養生テープ(透明)を使うのがオススメ)
    そしてこのまま押入れに入れます。
    透明なので、開けなくても中身が分かります。


    また、下の画像は百均ダイソーの透明ビニルバッグ。
    収納場所に困るものや、形が定まらないもの(エクササイズのためのゴムチューブとか)などを入れています。
    これも行く行くはクローゼットの棚にズラーっと並べて、見やすくキレイな収納にしたいと思っています。

    [追記1]
    百均のクリアケース(塩化ビニール製)とスナップボタンを使って、メガネケースを作ってみました。
    各メガネのサイズに合わせて作れるので、スペースに無駄が出ないことが利点。
    ただし、「視力が悪いけど、それでも視力に大いに頼っている」という場合は、逆に見分けが付かなくて不向きかも知れません。
    私は触感での大きさ、厚み、重さなどで判別しています。

    メガネケース ハンドメイド 自作
    関連記事 百均クリアケースでメガネケースを手作り
    ページの先頭に戻る