見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

イヤホン(イヤフォン)の左右を見やすく分かりやすく

屋内:家電

イヤホンの左右。
リモコンが付いている場合は簡単に左右がわかりますが、そうでない物は装着するまで分かりづらい。
目が良かった頃は、難なく小さなLとRが見えたけれど…

そこで私は、こんな工夫をしています。

工夫1:イヤホンカバー(ピース)の色を変える

上写真の左はカナル型、右はEarPods型(iPhone付属)のイヤフォンですが、それぞれの左右に異なる色のカバーを付けています。
カナル型の方は、付属していた物と、百均キャンドゥで購入したカバーを使用。
EarPods型の方は、Amazonで購入した6色セットの物を使っています。
色の違いで左右の区別がすぐ分かるだけでなく、好みの色合わせにすることで気分もあがります。

シリコンの前はスポンジタイプのものを使っており、その時も左右の色を変えていました。
百均ダイソーで[黒・赤・青]のセット品を、他の百均で白を購入し、組み合わせて使っていました。

色々な色のイヤーピースとスポンジカバーの写真

イヤフォンのコードが赤い物には、カバーを黒と白にしてみました。

右耳に白、左耳に黒のシリコンカバーをつけたイヤホン

ちなみにこれらのカバー・ピースは、見つけやすいように透明の小さなケースに収納しています。

角に丸みのある立方体の透明ケースに、イヤーピースとスポンジカバーを収納している写真
   

工夫2:触って分かる密かな目印をつける

イヤフォンによっては、適合するカバーやピースの選択肢が少ない物もあります。
そのような時や、「そもそも左右の色を変えたくないわい!」という時は、触ってわかる目印(触印)を付けると良いと思います。

塗って乾くものなら何でも良いと思うのですが、今回は百均で購入した「はがせるネイル」(乾くと剥がせるマニキュア)を使いました。
右側にのみ1カ所、ちょんちょんと小さく塗って乾かしました。
見た目では全然分かりませんが(目が悪いからか?)、触るとバッチリ分かります。
ちなみに私は「右側にリモコン」というイヤフォンに慣れているので、「何かある=右側」という感じで、この印も右側に付けました。

試される場合は自己責任でお願いしますが、ボンドなども多分使えるのではないでしょうか?

工夫3:テープで目印をつける

イヤフォンの右側に赤いビニルテープを貼った写真。

こちらは家の中で使っている物で(なので外見がすごいですが)、 右側に見ても触っても分かるよう、ビニルテープを付けています。
外で使う場合は、例えば細いおしゃれなマスキングテープを小さく付ければ、 可愛いのではないでしょうか。
(私は家電のコンセントの区別にマスキングテープを貼っています) 可愛いのがダメなら、ネイビー×白の細いストライプとかもオシャレそうです。

テープ類の粘着は、月日とともに劣化して落ちにくくなるので、 時々新しいものに貼り替えた方がきれいに使えます。

ページの先頭に戻る