見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

家電やリモコンを見やすく

屋内:家事

家電のスイッチやボタン、ケーブルの差し込み口などの文字が見えなくて苦労するのは、視覚障害者だけでなく老眼の人も当てはまるのではないでしょうか。
このページではロービジョン(弱視)の私が今までに見つけた工夫や便利な製品を紹介したいと思います。

もくじ
  • とにかく目印を付ける
  • 見やすさに配慮された製品を使う
  • 説明書マニュアルは、PDFで
  • とにかく目印を付ける

    目印については

  • 凸シールで密かに目印
  • カラーラベルシールで目印
  • ビニールテープ、シール、マニキュアで目印
  • で書いていますが、これらの目印を家電にも付けます。

    例えば、洗濯機の「洗濯」ボタンに3Mしっかりつくクッションゴムを貼ったり。
    (注:写真は丸型ですが、台形型の方が良いです。)

    DVDディスクドライブのOPENスイッチの真上に凸シール(これは百均セリアの物)を付けたり。

    リモコンのいくつかのボタンに、目印となるようにマニキュアを塗ったり。
    ちなみにこのマニキュアは、百均の「はがせるネイル」を使っています。

    リモコンに目印 老眼/弱視

    また、コードやケーブル類にもテープその他でわかりやすい目印を付けます。
    例えばイヤホンの左右に違う色のカバーを付けたり、上下をいつも迷うケーブルの上側だけにマスキングテープを付けて目印にしたり。

    ケーブルやコードに目印
    PR 見やすい&触っても分かる、シチズンのユニセックス腕時計

    個人の家電ならば、自己責任で書き込みをしてしまったりもします。
    先代のプリンタは、用紙をセットする位置が分かりにくかったので、黒かった土台に白いマーカーで線や矢印を書き入れました。
    AV家電などの背面にある沢山の差し込み口も、白いマーカーで囲ったり、手探りでも分かるように凸シールを貼っておくと便利です。

    見やすさに配慮された製品を使う

    ありがたいことに、いろいろな事物でバリアフリー化が進んでいます。
    家電でも見やすい、使いやすい製品がどんどん増えています。
    一例を挙げてみましょうか。

    コントラストくっきりで見やすいデジタル置き時計
    大きなボタンとシンプルさで見やすいテレビリモコン
    徹底的にシンプルな固定電話
    ツマミ操作だけのシンプルな電子レンジ

    私が買い換えて良かったのは、エアコンのリモコン。
    使っていたリモコンの調子が悪くなり、純正品を買おうと調べたらけっこうな高額…
    エアコンすらいつ寿命が来るかわからない状態なのに、この出費は嫌だなぁと思って調べてみたら、安価で大画面&シンプルなリモコンを見つけたのでした。
    (下写真のリモコンはOAR-N12

    説明書マニュアルは、PDFで

    家電の説明書は、公式サイトにもある場合が多いです。
    そして大抵はPDF形式の書類で、ダウンロードできると思います。
    ダウンロードしてパソコン画面で見れば、拡大して見ることが出来ます。
    しかも多くのPDFマニュアルは、目次の項目を選ぶと、該当ページまでジャンプして表示してくれるので、ページに目を凝らして探す必要がありません。

    PDF説明書は便利

    また、ボタンやケーブル差し込み口がたくさんある機器の場合は、説明書PDFの「各部の名称」のような最初のほうにあるページだけを拡大してプリントし、その機器の近くに貼っておくなどすると便利な場合もあります。

    ページの先頭に戻る