見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

ストレッチポール

美容健康:運動

愛用のストレッチポールの全体写真

ヘルニア持ちで、十代から腰を、二十代から首をずっと痛めていました。
さらに目が悪くなったことで、無理な姿勢でパソコンなどを見るので、 常に不自然な前屈みでコリは酷くなる一方。

そんな時に出会ったストレッチポール。
教えられるままに、仰向けで気をつけの姿勢から、両腕を大きく円を描くように 床につけたまま頭の上まで動かす(&同じ経路で戻る)という動作をしたら、 今まで経験したことのない場所に、経験したことのない「伸びる快感」が走って、「 なにこれ?!なにこれ?!」と感動と驚愕をしました。

上記の運動を簡単な図で紹介

その後、ベーシックセブン(基本的な使い方)も知り、これこそが私に必要なものだと思い、 購入しました。
一流スポーツ選手も使っている本家ストレッチポールは、 一万円前後〜という価格で躊躇してしまい、その半額程度の リセットポールというのを選びました。
ストレッチポールと大差なく、私にはとても良い使い心地で、購入履歴を確認してみたらもう7年も使っていました。

愛用のストレッチポールの一部をアップ

体が辛くなってきたな…という時に、必ず使っています。
というよりも、使わずにいられません。

たまに寝違えをして辛い思いをしますが、そんな時もこのストレッチポールと チューブを使ってストレッチをすると、回復が早いです。
スポーツに関するすべての物を、どれかひとつだけしか選べないのだとしたら、 私は迷わずこれを選びます。

背中や首、腰にコリがある人にぜひおすすめです。

ストレッチポールと同様品

ストレッチポール

本家ストレッチポール。
ジムなどではネイビーが主流でしょうが、いろいろな色があります。
私は実物はネイビーしか見たことがないのですが、他にもアイボリー、イエロー、ピンク、ライトグリーンなど優しい色もあるようです。
価格は9千円代後半。

リセットポール

私も愛用しているリセットポール。
東急スポーツOASIS(オアシス)の物です。
色はネイビー、ベージュ、グリーン、ピンク、ブラウンがあるようです。
ワンポイントがお花のようで可愛くて気に入っています。
価格は5千円代半ばくらい。
寝そべった時の本家のストレッチポールとの違いは、確かに同じではないものの劣ると言うことはなく、十分に快適でストレッチの役目を果たしてくれています。

半円のストレッチポール

2本で1セットのハーフカットもあります。
かさばらないので、収納や持ち運びにも便利。
また、床との接地面は平らなので、ストレッチポールではグラグラして危険だったり不快だったりする人にも向いています。


ページの先頭に戻る