見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

ロービジョンメイク 私の工夫

美容健康:顔

30代でロービジョンになり、以来メイクを試行錯誤しています。
このページでは、そんな中で見つけた私なりのロービジョン メイク法を書きます。
ちなみにプチプラコスメを多用しています。

もくじ
  • 見る・見ない・ちょっと見る
  • 下地
  • ファンデーション
  • ハイライト&シェーディング
  • チーク
  • リップ
  • 番外編:プロの手を借りる
  • はじめに…見る・見ない・ちょっと見る

    このページでは、基本的に鏡を見ずにメイクする方法を書いていますが、ロービジョンでは工夫次第で多少見えるかと思います。
    自分の顔を見る方法については、
    目が見えにくい場合に自分の顔を見る方法
    のページでまとめているので、併せてご覧ください。

    下地

    フェルム エッセンスBBクリーム

    プチプラのBBクリームを塗っています。
    見えないことでの問題点は、手で伸ばして塗るので、塗りムラや塗った軌跡があったとしても見えないこと。
    なので、自己責任ですが無色の日焼け止めクリームと1:1くらいで混ぜて塗っています。 この方が伸びが良くなるので、塗りムラ対策として入念に塗り伸ばし+馴染ませられるし、色も薄くなるのでムラがあったとしても目立たないかなと思っての方法です。

    BBクリームはフェルム エッセンスBBクリームを気に入っていてリピートしています。
    平面顔なのですが、明るい色だと余計にのっぺりが目立つ気がして、濃い方の色を愛用しています。
    日焼け止めは夏はミルキータイプ、冬はクリームタイプを使っています。

    ファンデーション

    モイストラボ BB

    すごい乾燥肌なので、本当はクリームタイプを使いたいのですが、塗りムラがきっと生じてしまうのでパウダータイプにしています。
    ブラシで付けるとノリが良いようで、「肌きれいになった?」と褒められることもありますが(←元の肌が汚いため)、肌への刺激を感じます。
    なので、普段はスポンジパフでぽんぽんと付け、「ここぞ!」という日だけはブラシでつけています。

    プチプラでしっとり系で探した結果、モイストラボBBミネラルファンデーションを使っています。
    仕上がりは視力の関係で見えないので…肌の感触としては、可もなく不可もなく…
    他に良いものが見つからなければ、またリピートするかなという感じです。

    ハイライト&シェーディング

    モイストラボ BB

    さらに目が悪くなり、これは省こうと一時は辞めていましたが、やはり少しでも良く見せたいので復活しました。
    口コミを参考に、プチプラだけど良いものを選びました。

    ハイライト

    ハイライトはセザンヌの「パールグロウハイライト」。
    税込660円です。
    一時期は人気すぎて売り切れになり、ネットで高額販売などされていましたが、今は落ち着いているようです。
    これを、小鼻と黒目の外側それぞれの延長線が交差するあたりに、薄く丸く小さく乗せます。
    私は鏡が見えないので、鼻の下に人差し指を横に当てて、それをガイドにして付けています。
    付き&発色が良すぎるので、付属品ではなく別の丸筆にほんの少々付け、手の甲などで軽く落としてから、控えめにちょこっと付けるだけです。
    この「発色が良すぎるので注意」などの情報は、口コミから学びます。

    シェーディング

    シェーディングは、マジョリカ マジョルカ フォルムリメイカーを使っています。
    選んだ理由は、簡単そうだったから。
    今まで持っていたシェーディングは、チークなどのようにブラシで付けるタイプでした。
    が、平面顔過ぎて適切な位置と量が分からない!
    ですがこのフォルムリメイカーは、付属のパフにパウダーをつけて、顔の外周(輪郭)をおでこ上端からスタートしてススっと一回り。
    もう一度パウダーをつけて、今度は逆に一回りして終了。
    これなら不自然になりようが無さそうです。

    チーク

    色味のあるものは、一応流行を取り入れることにしています。
    春の新作、秋の新作などの口コミをチェックし、評判が良いものを選んでいます。
    その際に人気商品を探すだけでなく、その商品のノリやツキがどうなのかもチェックします。
    色づきが薄いものなら、少ししっかり付ける。
    発色の良いものなら、薄くソフトにのせる。
    目で見て付き具合の判断が難しいぶん、こういう情報からも判断しています。

    入れる位置は、流行や年齢層によっても変わってくるでしょうが、私は目尻と小鼻それぞれの延長線が交わるところ(=上記ハイライトの外側になる感じ)に置き、くるくるしながらこめかみに向かい、今通ったラインを上下に広げるようにしています。
    (ブラシにチークを付けるのは、最初の1度だけです)

    流行に左右されず、自然な位置なのではないかと思います。

    ここまで終えたら、手のひらで軽く頬を抑えるようにします。
    そうしたほうが、今まで塗った化粧品の肌馴染みが良いように思います。きっと。

    眉メイクについては
    鏡が見えない私が眉毛を整える方法
    に書いています。

    目の周りって感覚も敏感です。
    だから見なくてもけっこう出来ちゃう。

    アイシャドウ

    アイシャドウは、アイホールは指で、まぶたのキワはアイシャドウブラシで色を乗せます。
    その後馴染ませちゃえば、大丈夫。

    ですが私は最近では単色使いで済ませてしまっています。
    (1)アイシャドウブラシにアイシャドウを付ける
    (2)最初にまぶたのキワを何往復かして付け、そのままアイホールまで左右に動かしながら広げる
    以上。
    こんな感じ。

    マスカラ

    まつ毛の感覚ってすごく敏感です。
    なのでマスカラは鏡なんか見えなくても楽勝で塗れてしまいます。
    問題は、「マスカラが落ちて黒くなっていても見えない(or見えにくい)こと」ではないでしょうか?

    この問題は、綿棒+リップクリームで解消します。
    百均などで個パックになっている綿棒をポーチに入れておき、軽くリップクリームを付けて、マスカラが付いていそうな下まぶた部分を優しく拭います。
    「唇に塗るものを目のキワになんて…」という衛生上の問題が気になる場合は、リップクリームの上面ではなく側面を綿棒で撫でれば解決するのではないかと思います。

    個パック綿棒

    メイク直しする余裕がない日のマスカラ法

    上で書いたようなメイク直しをする余裕が無さそうな日などは、私は カールラッシュ フィクサー(Elegance)だけに してます。
    これはカールキープ力がとても強いマスカラ下地(透明)で、プチプラコスメばかり使っている私が 唯一リピート買いしているプチプラでないコスメ。
    これを塗って乾くまでの時間帯にまつ毛が上がってさえいれば、そのカールを夜までキープしてくれます。
    外資系なせいか香りがきつくてとても不快なのですが、なにしろカールキープ力が強烈なので、これだけは 変えられません。
    プチプラでキープ力が高いという高評価のマスカラ下地も試したことがありますが、私にとっては「どこが?」という感じでした。

    特におしゃれをしたい日は、本来の用途(マスカラ下地)としてこれを使い、上に普通のマスカラを塗ることもあります。

    一つ注意点があります。
    同じくエレガンスのマスカラ下地で、名前がとても似ているものがあります。
    お店の人に正確に伝えてお願いしても、間違っていたこともあるくらい。
    購入前も購入直後も、製品名チェックをしっかりします。

    カールラッシュ フィクサー

    リップ

    セザンヌ ジェルグロスリップ

    グロス、口紅など形態に関わらず、
    ・透明感がある(シアータイプ)
    ・色付きがソフトで、重ね塗りすることで色味を増すタイプ
    この点に重点を置いて選んでいます。
    輪郭に沿って描くことが無理なために、上記のような条件になります。

    その際に情報を得るのが、レビュー(使用感想)系のサイトです。
    例えばグーグルで「2020春 口紅 ピンク ブルーベース プチプラ」など複数の言葉を入れて検索します。
    情報は膨大にあるので、極力目的を絞ってそれらのキーワードで探します。

    そして、
    ・肌色がイエローベース向き、ブルーベース向きどちらか?
    ・透明感の有無
    ・地味か派手か
    ・ひと塗りで色がしっかり付くのか、重ね塗りで調節できるタイプか?
    ・色落ちの度合い
    ・甘すぎないか、辛すぎないか、モードでないか
    などをチェックして、目的にあったものを見つけます。

    リップメイクが困難になり始めてからしばらくは、グロスタイプばかり好んで使っていました。
    上の写真の左側、セザンヌのジェルグロスリップは私の条件をかなりベストに近い感じに叶えてくれており、色違いも揃えていました。
    でも最近はグロス・口紅の形態に拘らずに探しています。
    グロスでしっかり色付きしてしまう物もあるし、口紅タイプで薄付き&透明感の高いものもあるからです。
    下の写真は、レビューを参考に選んだ口紅タイプ。
    左は4つのパーソナルカラーに合わせて作られた赤いリップの、
    ケイト CCパーソナルリップクリーム
    自分のパーソナルカラーが、スプリング・サマー・オータム・ウィンターのどれか知っていれば、悩まず迷わず選べる赤です。
    (赤以外も出して欲しい…!!)

    右はブルーベース向きの透明感の高いピンクの、
    セザンヌ ラスティンググロスリップのPK-13
    自分の視力ではピンクの色を見分けて購入するのは無理ですが、レビューのおかげで失敗せずに色を選べました。
    どちらも薄付きのため、何も見ずにグリグリ安心して塗っています。
    写真で撮って拡大してチェックしたけど、大丈夫そうです。

    番外編:プロの手を借りる

    例えばアートメイクを施してもらっておけば、日々の手間は省け、しかも毎日整った顔で自信を持って積極的に過ごせそうです。
    また、例えばファンケルでは視覚障害者向けのメイクセミナーなどが行われているので、色々学べるのではないかと思います。
    それ以外にも、「ここぞ!」というとっておきの日は、プロにメイクを施してもらうのも良いですね。

    関連記事 目が見えにくい場合に自分の顔をチェックする方法
    鏡が見えないから、パソコン画面を鏡代わりにする
    鏡が見えない私が眉毛を整える方法
    ページの先頭に戻る