見えにくさの対処法まめちら
老眼、目の病気、ロービジョン(弱視)などの様々な「見えにくさ」に、あらゆる対処法を提案

鏡が見えない私が眉毛を整える方法

美容健康:顔

顔のパーツの中で、唯一自力で自在に作ることができるのが、眉。
目が見えにくくなって、文字すら書くのが困難になったというのに、眉を書くのはもっと至難の技。
一時はもう「眉を描くなんて無理」と諦めたのですが、ある時、全盲の方が自分で眉を描いている姿を動画で見、「やっぱり頑張ろう」と思い直しました。
このページでは、
少し見えにくい→かなり見えにくい
の順に、私なりの眉メイクのアイディアをご紹介いたします。

第一段階 拡大して見えるならそうする

老眼や、視力の障害が軽い病気などの場合は、拡大することで見えるかも知れません。
拡大して見る方法は、

  • 拡大鏡(かがみ)を使う(=映る側の拡大)
  • 眼鏡型ルーペのようなものを使う(=見る側の拡大)
  • のように大きく2つに分けられると思います。

    拡大鏡(かがみ)は、2倍〜20倍くらいのさまざまな倍率、さまざまなサイズがあり、比較的買いやすい価格でもあります。
    他に映る側の拡大法として、スマホやタブレットやPCを使う方法もありますが、鏡とは異なり映し出された自分と見つめ合うことは出来ません。
    ピントの関係もあるし、場合によっては自分と画面の中の自分とで時間差も出来てしまいます。
    なので、拡大鏡で見える人ならばこちらの方がずっと良いと思います。

    眼鏡型ルーペはどうしても目周りに障害物(眼鏡)が出来てしまう感じですが、目とある程度距離が出来るタイプもあります。
    慣れれば目と眼鏡との間にブラシなどを入れてメイクすることも出来るかも知れません。

    下記のラボフレーム(エッシェンバッハ)では、実際にそういう使い方をしている人の口コミを見かけたことがあります。
    (私は試したことがないので、なんとも言えませんが)

    第二段階 眉毛用テンプレート

    半透明のプレートは境目が見えにくいので、赤の油性ペンで印付け。
    右眉と左眉では裏返して使うので、両面とも赤く塗ります。
    黒や濃い色だと、眉毛との見分けが付きにくいので、赤を選びました。
    下の画像は、塗った色がだいぶ薄れてしまいましたが、使っていた頃はもっとくっきりしっかり赤く塗っていました。

    眉毛用テンプレートの、眉毛の輪郭を見やすいように赤く塗っている

    これを眉に当て、アイブロウパウダー+アイブロウブラシで枠の中を塗ります。
    その後、軽くティッシュを当てて輪郭を和らげるイメージで押さえ、最後にスクリューブラシで軽くぼかすかんじで仕上げました。

    第三段階 透明アイブロウマスカラ

    視力が悪化してさらに見えなくなってからは、上記のテンプレートも不可能になり、方針を変えることになりました。
    それまで短めに整えていた眉を伸ばし、透明の眉マスカラで整えるという方法にしました。

    マスカラのスクリューブラシ部分のアップ写真

    整え方は、元の眉の生え方によって変わると思いますが、私の場合は
    ・眉頭は立たないように、眉中央に向かって流す。
    (下がり眉なので眉頭の高さを押さえたい
    ・眉中央から眉尻は、下がっている毛を持ち上げるようにして整え、眉尻に向かって流す。
    (眉尻の方は毛が下に向かってしまうので、それを持ち上げて下がり眉に抗う)
    といった感じです。
    昔は抜いたり切ったりしていた自眉が、とても貴重な存在になりました。

    ちなみに愛用している透明眉マスカラは
    ヘビーローテーション カラーリングアイブロウC クリアカラー
    ですが、今見たら異様に高価になっていました。
    キープ力があってダマや粉が出ないなら、どこのでも良いです。

    第四段階 Webカメラ+眉ティント

    眉ティント

    「眉ティントって、数日間保つのかぁ。良いなぁ、誰か描いてくれないかなぁ」
    とずっと思っていたのですが、誰も描いてくれないので自分で頑張って描いてみました。
    鏡は当然見えないので、iPhoneのカメラをWebカメラとして使い、24インチのパソコンモニタに自分の顔を映しての作業です。

    関連ページ 鏡が見えないから、パソコン画面を鏡代わりにする

    目が悪いので、当然まともには描けないわけですが、眉ティントの良いところは、
    すぐに拭き取ればその部分の色は着かないという点。
    なのでとにかく「眉毛のあるあたり」に塗って、塗り終わったらすぐに濡らした綿棒数本で軌道修正します。
    私の場合は自眉の無い部分に描くのは、視力的に難しすぎるので、薄い自眉に色を足して濃くするという感じです。
    眉尻とかも見えないので、もともと離れている眉頭だけ、頑張って少し塗ります。

    そして、正しい使用法を無視して一晩放置です。
    痒くなりますが、アレルギー症状が出るほどではないので放置です。

    ペリペリ剥がして除去するようですが、私は剥がさずに翌朝の洗顔だけで落とします。
    剥がしたら、ただでさえ少ない眉毛の毛根に悪影響があるのではないかと思い。
    そして上記のように自眉を伸ばしているので、透明眉マスカラで毛流れを整えます。

    たしかに数日は着色が残っているようです。
    目が悪いことにプラス、もともと眉描きが下手だったので仕上がりのレベルは...分かりませんが、「眉を描いているわよ!」という満足感があるのは確かです。
    今後も続けて行く予定でいます。

    ちなみに私はフジコのモカブラウンを使っています。
    同シリーズで、ピンポイント補修用の製品もあるので、購入の際は間違えないように気をつけたほうが良いです

    第Ⅴ段階? アートメイク

    アートメイクで眉やアイラインを描いてもらっておけば、怖い物なしですよね。
    予算と勇気が足りずにまだ試せていませんが、いつか挑戦したいです!

    関連ページ 視覚障害(弱視)の私の化粧の工夫|ロービジョンメイク
    鏡が見えないから、パソコン画面を鏡代わりにする
    ページの先頭に戻る